同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生ソフトボール秋季リーグ戦
第64回関西学生アイスホッ...
インカレ個人戦 両級4位入賞
確実な成長を見せ、全国ベスト4
'17ルーキー特...
´17ルーキー特集「スキー部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション : 水泳部
主将セレクション「水泳部」


水泳部主将セレクション 2017年を語る
恭平×小林一郎
「一人ひとりの意識改革」
左から小林雄一郎(商2)、主将・蟹由恭平(商3)

なぜこのメンバーを選んだのですかーー。

蟹由「まあ、真面目だから(笑)あとノリに乗ってるからかな!それだし、雄一郎は周りのこともしっかり見えてるし、話しやすいかなあと思って」

それについてどう思いますかーー。

小林「確かにそうですね。でも去年のシーズンが終わった際に恭平さんと一緒に駿弥さんの自主トレに参加したんですよ。それで食堂に行った時に恭平さんに結構いろいろ言われたんですよね。目標とか考えてることをもっと表に出したほうがいいって。悔しかったですけど、その通りだなって思いました」

二人の関係はーー。

蟹由「二人の関係ねー。まあ俺はライバルかな。ある意味ね(笑)後輩だし専門種目は違うけど、俺も元々バック(背泳ぎ)専門だから。年も一つ上だし、練習であってもとことんやるね。勝ったら嬉しいし負けたら悔しい。で、それだし俺を踏み台としてやっていって欲しい感はあるよね。俺も先輩を踏み台にしてきたし、越えるべき存在だと思ってたから。俺もそういう存在でありたいな」

小林「(笑)」

蟹由「茶々入れろよ(笑)俺が一方的に喋ってるじゃん。じゃあ雄一郎にとっては何なの?」

小林「僕からしたら恭平さんは、尊敬する先輩です」

蟹由「そう思ってもないことを言わんでいい(笑)」

小林「自分が弱いところでも背中を見せて引っ張っていってくれるところがあるし、ここで折れちゃいけないって思えるし。恭平さんがいるからいるから前を向いて進んでいけるっていうのはありますね。なんていうか、親みたいな(笑)」

蟹由「親って(笑)一個しか変わらんやろ!でも邪魔って思うこともあると思うんだよね。邪魔っていうか、殻をうまく破れないというか」

小林「それは確かにありますね。自分より上の存在がいると取り組んでいることに対して自信を持てないというか。否定されるというか」

蟹由「なるほどね」

小林「でも今の三回生はあんまりそういうのがなくて。自分が取り組んでいることを認めてくれてて、まあそれが自信につながって、いい結果がついてきたんじゃないかなって思います」

蟹由「頭ごなしに否定はしないよね。」

蟹由の泳ぎは見る者を魅了する

チームの雰囲気はどう変わりましたかーー。

蟹由「端的に言うと、暗くなった感じはあるかな?暗くなったというか、盛り上がりに欠けるかなっていうのはあるよね。雄一郎は?どう?」

小林「四回生はずっと僕たちを引っ張ってくれて、それが急に全員いなくなって。全員が全員チームを引っ張ってくれてたので、それがなくなってちょっと暗い感じでしたね」

蟹由「暗くなったよな。でも変わったって言えば一人ひとりの個性が出てきた感じはすごいあるなー」

小林「そうですね」

蟹由「昔は速い人のやってることが正しい、速い人が偉いって感じがあったと思う。だからまあ、なんだろ。後輩が過ごしやすくなったんじゃないかな。俺はすごいやりやすくなったと思うよ。まだそれがいいのか悪いかはわかんないけどね。一段一段着実に登ってる感じかな」

小林「確かにそうですね。いいか悪いかは最後に結果として出てくるんじゃないかなーって思います」

蟹由「今は各自やるべきことを黙々と取り組んでるって言い方が正しいかな。だからそういう意味で盛り上がりに欠けたよね。」

小林「でも一つにまとまり過ぎちゃうと誰かが置いていかれる気もするし、どっちがいいかって難しいですよね。でもやっぱりチームの目標ははっきりしてる方がいいと思います」

大きなストロークで後進する小林

これからチームをどのようにしていきたいですかーー。

蟹由「チームのために頑張ろう!って思える子がたくさんできたらいいなって思うなー。単純に。大学に入ってから同期とかいろんな人に支えられて、この人たちのために頑張ろうって思えるようになったし、そうなった時に自分の思ってる以上のパフォーマンスができたし、それと同時にチームのことがすごい好きになったなー。それでこのチームにもっと貢献したい!と思えるようになったし、自分だけじゃなく誰かのために頑張ろうって気持ちが強くなったかな。みんなの笑顔や、おめでとう!とかよかったね!とか、そういう言葉をもらえるのがすごい気持ちよくて。だからもっとそう言ってもらえるように頑張ろうってなった時に視野が広がったというか、いろんな人のいいところを吸収しようって思えるようになったから、みんなにもそうなって欲しいなって思うな。」

小林「人のためにとか、仲間のためにとか、そう思える選手が増えたら自然とチームもまとまってくると思います」

蟹由「そういうのって表に出すというか、伝えるべきだと思う?恥ずかしいよな?」

小林「そうですね。みんな恥ずかしがり屋なんで」

蟹由「一緒に生活してるからこそ恥ずかしいよね(笑)それだしほんと大事な時にしかわからないよね。そういうのは。普段から毎日そんなこと思ってたら気持ち悪いしな(笑)」

小林「でもレースが終わった時に仲間から声かけられると嬉しいし、このチームでよかったなって思うし、もっともっと深めていければなーって思います」

表彰台に立ち笑顔を見せる蟹由(左)

では、これからの目標は何ですかーー。

小林「じゃあ僕から言わしてもらいます。個人の目標はー、」

蟹由「個人かい!(笑)」

小林「(笑)来週試合があるので、そこで日本選手権の標準記録を突破することです。それによって心に余裕ができるというか、今までは目先のことで精一杯でったので、いい感じでシーズンに臨めるんじゃないかなって思います。そしてインカレに向けてもう一皮二皮むけてしっかりと戦えるようになりたいです。メドレーリレーもあるので。チームの目標としては、新入生が入ってくる前にDUSの軸をしっかりと作って、シード権奪還を目指して関カレ、インカレに向かって突き進んでいきたいです」

蟹由「記者会見みたいやな(笑)じゃあ俺も個人の目標から。目先のことで言うと4月の日本選手権で大学生で一番になって、インターナショナルDの記録を切ってユニバーシアード日本代表に選ばれるのが目標。その舞台でいろんなことを吸収して、チームに還元できたらいいなあって思う。インカレは4フリ(400M自由形)では絶対に優勝したいね。200でも表彰台。雄一郎を蹴落としてメドレーリレーでA決勝にも残りたいな(笑)チームの目標ね。俺は個人の目標を達成することによってチーム目標って自ずと達成できると思うんだよね。そういえば、俺最近チームの目標って言わないよね。始まった当初は関西制覇だの、シード権獲得とか言ってたけど」

小林「そうですね。確かにピンとこないですもんね。具体的な中身が詰まってないというか、何をしたらいいかとか」

蟹由「設定はしてるけど、そこまでチームの目標を深く考えてなくて。一人ひとりの目標が達成できればチームの目標も達成できちゃった、くらいの気持ちでいいと思う。俺はね(笑)主将がそんなこというのはあんまよくないのかもしれないけど(笑)まずは自分の目標に、目の前の目標に必死になって欲しいかな」

小林「目の前の目標一個一個クリアしていく方が楽しいし、今何をすべきなのかはっきりとしますしね」

蟹由「うんうん」

小林「それが最終的にシード権獲得につながればいいかなあって思います」

蟹由「俺はそれが大切かなって思うよ。チーム目標に関してはそんな感じかな。」



笑顔の絶えない対談となったが、二人の会話からはチーム、何よりも水泳に対する熱い思いが伺えた。「応援してくれる仲間のために頑張ろうって思う気持ちが大切」この蟹由の言葉に心を打たれた。冬の厳しいトレーニングもいよいよ終盤戦。先日行われた今年初の試合ではベスト率が80%を上まわるなど、幸先の良いスタートが切れた。蟹由が掲げる「どの大学よりも水泳を楽しむ」ことをモットーに、関カレ、インカレに向け、DUSのさらなる躍進が期待される。(聞き手 愛甲純平)


◯プロフィール
蟹由恭平(商学部3年/175cm/66kg/石川県金沢高校)
新チームの主将として抜擢された蟹由。高校時代はインターハイで表彰台に上るなど名の知れた選手だ。大学では主に200、400Mの自由形を専門とする。昨年のインカレは400M自由形で2位と、好成績を残した。ユニバーシアード日本代表、インカレ優勝など、大きな期待のかかる選手だ。

小林雄一郎(商学部2年/176cm/70kg/大阪府桃山学院高校)
専門種目は背泳ぎ。大人しい性格ではあるが、高校では主将を務め、部員からも大きな信頼を寄せられる。今年に入りジャパンオープンの標準記録を突破するなど、現在波に乗っている選手だ。来シーズン、背泳ぎの絶対的エース、西村が抜けた中、この小林の存在がDUSの鍵となるに違いない。
















<style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; -webkit-text-stroke: #000000} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; -webkit-text-stroke: #000000; min-height: 18.0px} span.s1 {font-kerning: none} <style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px Helvetica; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px Helvetica} <style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px Helvetica; min-height: 14.0px} <style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Hiragino Sans'} span.s1 {font: 12.0px Helvetica}

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について