同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
後期全勝優勝で幕を閉じる
惜しくも決勝ラウンド初戦敗退
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
主将セレクション : ソフトボール部
主将セレクション「ソフトボール部女子」

ソフトボール部女子主将セレクション 2017年を語る

稲岡香×重富ぐみ

「勝たないといけない」


左から、主将・稲岡桃香(スポ3)、重富めぐみ(スポ2)


なぜこのメンバーを選んだのですかーー。


稲岡「みんなに聞いたんだけどみんな遠慮しちゃったので。じゃあ重富でいいやって(笑)まあ一応副キャプテンやから重富で…ってなりました(笑)」

お互いの印象はーー。


稲岡「えー嫌やそういうの、はず(笑)そういう系?(笑)」


重富「いや、もうなんか芯が強いっていうか。やっぱりこれって決めたら自分の持ってる信念を貫き通すっていうか…ここはこう!って。すごい頼りになるキャプテンですね。」


稲岡「えー重富ですか?まああれじゃないですか、しっかりしてるんじゃないですか。頼ってます。自分よりもビシッというので。」


重富「そんなことないですよ。」


稲岡「自分は結構なよっとしてるので。どちらかというとビシッと言うところは重富が言ってくれてるんじゃないんですかね。」


重富「自分はキレキャラだから(笑)おーーーい!!って(笑)」


稲岡「ちょっと遠慮してるんですけどね(笑)まだまだ全然遠慮してるんですけど(笑)」




勝負強い打撃でチームの勝利に貢献する稲岡。



昨シーズンを振り返ってーー。


稲岡「1年を見越したらいろいろありすぎたけどな。」


重富「そうやなあ。新チームになったのが秋からで…。」


稲岡「自分らのチームになってから振り返れば…そうやな、もうちょっと勝てたんじゃないかな?普通に。何かある?」


重富「そうやな、やっぱ武庫女(武庫川女子大学)とか青山(大阪青山大学)とか。やっぱ立命(立命館大学)に1次リーグで勝てたのはすごい大きかったやろうけど。やっぱり落としたらいけん試合っていうか、それがやっぱりちょっと勝てたかなあとは思うよね。」


稲岡「うん。勝ちきれる試合を落としちゃったとこかな。だから今年は勝ちきることやね。」


印象に残った試合はありましたかーー。


稲岡「秋リーグでよな。まあでも立命戦は面白かっただけやけどな。」


重富「でも自分、あの青山とかの方が…。」


稲岡「負けた方?」


重富「うん、なんか気づいたらもう負けモードに入っててというか。」


稲岡「そうやな、試合前からの雰囲気がね。やっぱりそこの入りが1番大事かなって思うかな。勝てるゲームと負けるゲームの差が激しいので、やっぱりそこが。まあ1つ残ったのが青山やろうし、勝った試合でいったら立命だろうしって感じやから。まあでもみんな的には勝てる試合のイメージは大体ついとるはずやと思うから、まあそのイメージに持っていけたらね。1番いいんですけどね。」


新チームの雰囲気はーー。


稲岡「何やろうな、まあでもしまったんじゃない?いろんな意味で。しまったというか、うーん、どうやろ。しまったのかな。」


重富「でも結構決まりごととかも皆で決めたりして。今まで曖昧やったところとか、あやふややったところをこうしていこう、とか話してきて。体育会らしいじゃないけど、まあそういうチームにはなっていってるかなって感じですね。」


稲岡「うん。少しずつ形になってきた感じかな。」




外野の司令塔として存在感を示す重富。



これから期待の選手はいますかーー。


稲岡「期待の選手かあ、いっぱいいるけどね。うん、自分は。」


重富「新人戦とかでも結構いいとこあったし。もっと磨けば上にもっとね、レベルアップできるよなって。まあ前田とかも今後楽しみやし。」


稲岡「自分も前田が楽しみですね。」


重富「ピッチャーとして、あんだけね、バッターは元からだけど。」


稲岡「あいつは才能のかたまりなんで、何ていうか、伸びしろのかたまりなんで。あいつは本人次第かな、というところですね。」


重富「そうですね。」


これ聞いたら嬉しいですねーー。


重富「いや、調子乗るから(笑)」


稲岡「いや、でも書いといてください。ちょっと本人に危機感を持ってもらわないとだめなんで(笑)」


重富「ほんまやな(笑)」


稲岡「何も考えてないので(笑)」


重富「ほんまに(笑)」


稲岡「こっちは期待はしてるんですけども、あちらは全然それにも気付いてくれないので(笑)」


前田さんは元々やっててーー。


重富「そうやな、でも1年ブランク空いてたから。」


稲岡「ブランク空いてたとは思えないくらいのガタイしてるんですけど。」


重富「そうそうそう(笑)」


稲岡「うわ、こいつめっちゃ打つやん、みたいな。」


今シーズンの目標はーー。


重富「とりあえずインカレやね。」


稲岡「うん、インカレ決めることですね。やっぱり今シーズンは勝たないといけないと思うので。インカレ出場っていうだけやったら去年と順位は変わらないから、やっぱりインカレ出場はそれはそうやねんけど、上位を狙わないといけないチームになってきてるんで。やっぱりせっかくやから上位を狙っていきたいなと思います。」



昨年はチャレンジマッチで天理大に逆転を許し、最終回に追い上げをみせるも5-7で敗北。インカレ出場は惜しくも叶わなかった。しかし、悔しさを味わったチームは立ち止まることなく成長し続けている。その証に昨秋は1部リーグで5位という好成績を収めた。チームを率いるリーダーたちは冷静にチームを見つめ、目標へ向かって先陣を切っている。インカレ出場の夢が叶わなかった4年生の想いを背負い、部員全員が束になって今年こそはインカレへの切符をつかみにいく。(聞き手 高松さやか)




稲岡桃香(スポーツ健康科学部3年/166㌢/神戸野田高校)

リードオフマン、クリーンアップのどちらもこなせる万能型打者。守備でも鋭いサードライナーを確実にアウトにするなど、プレーでチームを引っ張る。副将の経験を生かし、昨秋からは主将として先頭に立つ。インカレ出場、上位進出と目標を掲げ、ラストイヤーに勝負を懸ける。






重富めぐみ(スポーツ健康科学部2年/161㌢/創志学園高校)

力強いバッティングで上位打線を担う右の巧打者。持ち味の俊足を生かし、攻撃・守備の両面において幅広い活躍を見せる。秋リーグでは個人成績の部でベストプレー賞に輝いた。副将として松下(商3)と共に主将を支え、外野から大きな声でチームを盛り上げる。










【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について