同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビージュニアリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
若手投手陣を盛り立てろ!
'17秋の展望「...
王者撃破で初勝利!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
主将セレクション : ハンドボール部
主将セレクション 「ハンドボール部女子」

ハンドボール部女子主将セレクション 2017年を語る

大森澄×丹羽

「走り負けない」


左から主将・大森香澄(スポ健3)、副将・丹羽遥(商2)


昨年はどのような年でしたか__


大森「インカレ出られたのでそれはよかったですけど。」


丹羽「結果としてはよくなかったですよね。」


大森「春はインカレ出場権をとりたいって思っていて春のリーグは取れたのでよかったですけど__西日本インカレでインカレ出場権取れたのですよ、なので秋リーグは出場権をとったあとで一気に失速しちゃって、順位わるくって__そこはちょっとだめだったね。まぁ新チームがインカレ出場権とってもそのあとも上げていけるようにしようと思います。」


失速してしまった要因は__


大森「チームがまとまっていなかったよね。」


丹羽(同意)


丹羽さんを選んだ理由は__


大森「副キャプテンということもありますし、これからの新チームのエースなので頑張ってほしいっていう期待も込めて!!!」

 

対談の様子。


今のチームの状況は__


大森「調子はいいですね。去年よりも雰囲気もいいと思いますし、後輩からしたら上は自分一人なのでやりやすい雰囲気ではあると思います。どう?やりやすい笑??」


丹羽「やりやすいです笑。」


大森「楽しくやっています。でもきつい練習も増えたよね。」


丹羽「はい。いっぱい走っています。」


大森「いっぱい走らせています笑。今まで同志社はチームが結構体力ない感じだったので後半走り負けとかしないように。」

 

カメラに微笑む2人。


春のリーグの目標は__


大森「目標は五位以内に入ってインカレの出場権を獲得することです。」


どういう試合をしたいですか__


大森「今年の新チームは速攻守って点が取れるチームにしたいのでそういう試合をしたいですね。走り負けない!」


ありがとうございました__


今回主将と副将という部を背負うお二人との対談で笑顔の絶えない場であった。主将と副将という関係であると同時に先輩と後輩という関係でもある二人だが、お互い気を遣うという姿はなく新体制への強気な意気込みが伝わった。今季の目標はまずインカレ出場権の獲得だ。そのあとの心の隙を許してはならない。勝利の先にもまた課題があることを知った今、彼女たちは新たな体制で争闘し、勝利の甘い香りを味わうだろう。(聞き手 松本麻利那)


○プロフィール

大森香澄(168㌢/山口県立華陵高等学校)

全国選抜大会優勝、インターハイ準優勝、国体4位入賞。

チームを支えるキャプテン、試合ではチームの絶対的守護神。


丹羽遥(167㌢/愛知商業高等学校)

全国選抜大会2位、国体優勝。

コートの中をまとめる副キャプテン、試合では絶対的エース。


【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について