同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西学生ソフトボール秋季リーグ戦
第64回関西学生アイスホッ...
インカレ個人戦 両級4位入賞
確実な成長を見せ、全国ベスト4
'17ルーキー特...
´17ルーキー特集「スキー部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション : 柔道部
主将セレクション「柔道部」
柔道部主将セレクション 2017年を語る
山田基×木村駿
「みんなで、その先へ」
 
左から木村、山田
初めにに自己紹介をお願いします。
 
山田「商学部商学科三回山田友基といいます。愛知産業大学三河高校出身です! 今年から主将になりました。よろしくお願いします。」
 
木村「経済学部経済学科三回の木村駿介です。中学・高校とラグビーをしてきたんですが、自分自身をもっと高めたいと思い柔道部に入りました。」
 
ありがとうございます。今回なぜマネージャーの木村さんと2人で、ということになったんですか?
 
山田「そうですね、これは自分の意見なのですが、今まで自分はずっと柔道をしてきたきました。しかし、木村は高校ではラグビーを経験し、大学からまた柔道部の主務となったんで、違った視点からチームを見れるかと思い、あえてこの2人でという感じですね。」
 
確かに違う競技でマネージャーとなると大変ですよね。違った視点というのはあるかもしれませんが。
木村さんどうですか?
 
木村「山田が言った通り、やっと柔道について分かってきたかなと言ったところなので、あまり柔道部らしい回答は出来ないかも知れないですが、選んでもらったからには精一杯頑張ります笑」
 
ありがとうございます、木村さんに向けた質問なんですが、ちなみに、したことのない競技のマネージャーをするというのはどんなものですか?
 
木村「そうですね。やはり元々競技していた団体競技であるラグビーとは違い、柔道は個人的なスポーツなので、それぞれの目標が違ったりと面白いところもあり、楽しくやらせてもらってます。」
 
木村「僕も元々はバリバリ選手としてやっていけるのでは?と考えていたのですが、やはり現実はそう甘くはなかったですね...笑」
 
山田「木村も一応現役ですよ!笑 選手兼主務として頑張ってくれています!」
 
木村「一応ね!」
 
山田「一応はいらんかったな笑 ただ木村に限らず新四回生は就活との兼ね合いがあり、そこが現段階では難しいところだよね!」
 
(笑)確かにサポートに回る側になれば普通におれもとなるかも知れませんね(笑)えっなら木村さんも練習したり試合にでることもあるんですか?
 
山田「木村と自分はいつも練習してます!普通にでてますよ!」
 
木村「昨日の試合にも出てましたよ!笑 1回戦で負けましたけど...」
 
えーほんとなんですね、、笑選手も主務もって、、だいぶ大変、、(笑)兼任ということなんですね。
 
木村「そうですね。今は選手としてももちろん頑張っていますが、チームをスムーズに運営し、試合で全力を出すことが出来るように、マネジメントにも力を注いでいます。」

試合での木村。


なるほど、ありがとうございます。でもだからこそできるサポートとかもあるんですかね?
 
木村「主務の仕事で練習を抜けてしまうこともたまにはありますね... ただ、やはり一緒に練習をしていることもあって選手の気持ちも分かっているので、マネジメントもしやすいです。」
 
山田「木村はチームの裏方を全てしてくれてますね。試合の手続きだったり、合宿の手続きだったり、OBとのパイプ役であったり。
自分達より、確実にキツいことをこなしてくれています。そこは本当に感謝しています。」
 
なるほど、、やっぱそうなりますよね、、すごい(笑)ちなみに今までの主務だけひとと比べるとどうですか?
 
山田「柔道部の傾向として、自分達が入学してからになるのですがみなさん主務と選手を兼ねていますね。」
 
木村「前主務も大変そうだったね笑」
 
山田「そうだね、毎年主務は1番辛い役職なのかもしれないね。」
 
木村「やっぱりやっていると、本当にやるべきことが本当に多いなと感じる役割なので、どう分担するのかが難しいですね、、ただ、チームに試合で勝ってもらうためにはすべて必要なことなので、そう考えるとモチベーションも保てますね。」
 
あーなるほど、そもそものシステムが違うってことなんですね。なんとなく山田さんが木村さんをえらんだ理由かがわかったかもしれないです(笑) 木村さんの処理能力、すごいんですね笑ありがとうございます。
 
山田「木村の容量と処理能力がなければ主務は勤まってませんね。」
 
木村「(笑)」
 
話題を変えますが、お2人の普段の関係ははどんな感じなんですか?
 
木村「山田は本当に自分に厳しく真面目なので、いい方向にチームを引っ張って行ってくれる。自分には絶対できないことをやってくれているのですごく頼りにしています。」
 
山田「 普通に仲いいですよ!色んなことを喋りますし、木村はめちゃめちゃ真面目なので自分も色んな面で木村に頼ってます。」
 
木村「そんな真面目かな?笑」
 
山田「真面目だね、かなり!部内でも1番かもね!」
 
木村「(笑)実感はありませんが、とりあえずお互いに出来るところ、出来ないところを支え合って何とかやって行ってる感じですね!」
 
なるほど笑普通に仲よさそうなんですね笑笑まあでも木村さん真面目というのは僕もよくわかります笑僕も見習わないといけないですね、、(笑)
ありがとうございます。新チームになりました。何か心境の変化などはありましたか?
 
山田「来年からはポイントゲッターが2人抜けるので、自分自身がそうならなければならないという自覚が芽生えました。」
 
木村そうだね、エースの先輩2人が抜けてしまうし、後輩達にも頑張ってもらわないと。3年生も就活シーズンに入ってしまうし、2回生や1回生にどんどん積極的に引っ張ってほしいね。」
 
まあ上が抜けるというのは、それ相応に頑張らなければならないことがでてきますよね。少し被りますが、まとまりなども含めチーム全体の雰囲気はどうですか?
 
山田「まだ、全体的にまとまりがないですね。今はテストとかぶり、本格的に活動ができていない感じです。ただ、みんなやる気になればとことんできる人達なのでそこは心配ないと思いますが。」
 
木村「うん。新幹部になったということもあってそれぞれの意識にまだ差があるかな。個人戦の前なら少しぐらい差があっていいかもしれないけど、6月には団体戦もあるし、新入生含め少しずつ意識を統一していきたい所やね。
みんなやれば出来るねんからとことんやって欲しい!」
 
そうですよね。大会が始まる前には、しっかり足並み揃えたいところですよね。
終わりが近づいてきましたが、今年の目標は?
 
山田「チームとしては、全国レベルの団体戦でベスト8にはいること。個人としてはインカレに出場し、ベスト8に入ることですね。」
 
木村「チーム全員の目標を達成させることが僕の仕事だと考えているので、その目標が達成できるように今年一年頑張っていきたいです。」
 
僕も柔道部のように、機転を利かせて何かにとりくみたいと思わされました。ありがとうございました。

昨年の東海大との全日本団体戦。次こそは雪辱を果たしたい。

 
去年は全日本団体戦では東海大に惨敗した。しかし、今年はトップにこんなに機転が利く2人がいる。その壁を越えることを、期待したい。(聞き手 山縣悠)
 
 
山田友基 商学部商学科、三回生。愛知産業大学三河高校出身。今年から主将を務める。得意技は、小外刈り。
 
 
木村駿介 経済学部経済学科、三回生。同志社香里高校出身。一回生の頃から選手兼マネージャーを務める。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について