同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第64回関西学生アイスホッ...
'17秋の展望「...
絶たれた全勝優勝
笑顔で飾った最終戦
'17秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
主将セレクション : 少林寺拳法部
主将セレクション「少林寺拳法部」

少林寺拳法部主将セレクション 2017年を語る

片町郎×田尻

「全部員が成長できるチームに」

左から主将・片町拓郎(法3)、田尻曜子(法2)



新体制の練習の雰囲気はーー。


片町「特に変わったことはないんですけど、こっちが変わったと思えるのは、明確な目標・チームとしての目標をちゃんと後輩に伝えるということですね。で、それを伝えるってことでチーム全体で頑張ろうっていう意識付けを幹部がしただけであって、特にそれ以外では自分たちではしてなくて、それを言うことで一回生や二回生の後輩が頑張ってくれてチームとしての雰囲気が全体的に良くなったな、という印象はありますね。」


田尻「私も、練習メニューとかが、この練習は大会の時にこういう場面で役に立つのでこういう練習をしますっていう説明を毎回してくださるんで、モチベーションもやっぱり闇雲にやるよりも変わってきますし、すごい熱が入るようになりました。」


幹部に選ばれた経緯はーー。


片町「そうですね。少林寺拳法部ではずっと伝統的に前幹部と指導陣が話し合って、誰にしようかっていう。でも指導陣はあくまでアドバイザーなので、前幹部で話し合った結果として自分が選ばれたので、自分が何で選ばれたのかはちゃんとは聞いたことないですね()


急に幹部は決まるんですか?


片町「いや、もうだいぶ前から言われますね。主将になる半年くらい前からもう決定って言われて、主将になる心構えをしておけって言われていたんで、それからは前の主将の一定売り内容や立ち振る舞いとかをすごい観察していました。」


今回の対談で田尻を選んだ理由はーー。


片町「本当に昨シーズンの成績がずば抜けていて、今期は全国大会が世界大会に繋がる年で、アメリカの世界大会にも二部門で唯一出場する選手なので、今回の対談に選びました。寒稽古の時に1回生と

2回生に抱負を言ってもらうんですけど、田尻が無敗で世界もとって帰ってくる!と言ってくれたんで、それはもう今期期待する選手といえば田尻しかいないということで()


田尻「私はこの対談の相手に選ばれた時は、びっくりしましたね。」


片町「この企画自体にもびっくりしたけどね()


田尻「そうですよね()


好成績を収めた田尻(法2)。


なぜ同志社にーー。


片町「自分はすごい特殊なんですけど。自分は高校の時から少林寺拳法をやっていて、その高校の顧問の先生がうちのクラブのOGだったんですね。それでその人がすごい上手な人だったんで、続けるんだったら同志社で続けたらもっと上手くなれるんじゃないかってことで、勉強して同志社に来ました。」


田尻「私もすごい特殊なんですけど()私の高校が同志社大学と関係の深い高校で、推薦枠を持っていたので、推薦で。私の兄も同志社にその推薦で入って、高校まで空手をやっていてので空手の推薦で本当は違う大学に行くつもりだったんですけど、親がやっぱり兄と一緒の方が安心だから、ということで同志社大学の推薦で入りました。」


昨年のチームと比べて良いところと悪いところはーー。


片町「良いところと悪いところ・・・?()


片町「悪いところと言ったら、自分たちの代の人数がすごい少ないことが辛いですね。やっぱり一番前に立つ人間が頑張ることで1回生と2回生も頑張ってくれると思うんですけど、頑張れる人数が少ないので練習の雰囲気を作るのが難しいですね。なので自分たちの代に変わった瞬間から2回生にお願いしたのが、練習の雰囲気作りは自分たちの代の人数じゃ厳しいから、手伝って欲しいということですね。」


田尻「私としては逆に、今の幹部の方が人数少ないので、少ない人数であんなに頑張ってらっしゃるっていうところで後輩は結構刺激されているように思えますね。そこは、幹部が頑張ってくれるからっていうのについていくっていうのではなくて、あんな少ない人数で頑張ってらっしゃる幹部に対して、一生懸命頑張らないとっていう気持ちにはなります。」


片町「よかったです()短所が長所になってて()


チームとして、個人としてのそれぞれこれからの目標はーー。


片町「チームとしての目標は、昨年度の幹部が春と秋にある関西大会で両方とも優勝したので、自分たちも連続で二冠をとりたいなというのが目標ですね。個人としては本当に抽象的なんですけど、幹部としての最後の大会がまた関西の大会になるんですけど、その大会が終わった時に全員が後悔しないような大会にしたいです。全員がやりきって、最後その大会が終わった後の打ち上げで盛り上がれるような()


田尻「私はチームとしての目標っていうのは難しいんですけど、1回生から4回生の全員がもっとぎゅっと近くなってまとまって、一つの目標に進むためにはやっぱりその2回生とか3回生とか中の方の学年がしっかりつなぎを頑張らないといけないと思うので、そこを頑張りたいな、ていうとこですね。個人としては、寒稽古でも言ったように、無敗で世界をとりたいです!」


昨年12月に行われた関西学生新人大会では新チームなってから目標にし続けていた、総合成績1位を獲得した少林寺拳法部。見事6連覇を果たし、大きな成績を残すことができた。今回の対談で新主将・片町は春と秋にある関西大会での二冠を目標とすることを語った。片町新主将率いる彼らが「全部員が成長できるチーム」になった時、必ず素晴らしい演武を魅せてくれるだろう。(聞き手 畠中美空)




◯プロフィール

片町拓郎(法学部3年/172㌢60㌔/奈良市立一条高等学校)


田尻曜子(法学部2年/156㌢/九州学院高等学校)









【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について