同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第64回関西学生アイスホッ...
'17秋の展望「...
絶たれた全勝優勝
笑顔で飾った最終戦
'17秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
主将セレクション : 体操競技部
主将セレクション「体操競技部」

体操競技部主将セレクション 2017年を語る

和田花×岩本剛×松岡

「先輩から後輩へ受け継ぐ伝統」

左から、和田梨花(文2)、岩本次期主将(理工3)、松岡(スポ3)


――2人を対談相手に選んだ理由は


松岡「(岩本は)同学年だけど、諸事情で次期主将なので。梨花ちゃんは次期主務なので。それに新体操のほうもいた方がいいかなと。」


――お互いを紹介してください


岩本「(松岡は)生真面目!真面目だけが取り柄ですみたいな、そんなかんじ」


松岡「そんなん書かんといて(笑)」


松岡「真面目なことは取り柄として思ってもらえたら嬉しいけど、それだけみたいなのはちょっと笑」


和田「自分の持っているものを曲げないですよね」


岩本「うん」


和田「でもそこが好きです」


松岡「ありがとう」


岩本「真面目、真面目。そこがたまに裏目に出るけど」


岩本「俺は?」


松岡&和田「…面白い!」


岩本「やめてや(笑)」


和田「初めは変な人だなと、でも健剛さん真面目ですよね」


岩本「俺、真面目ちゃうで(笑)」


和田「ちゃんとしなきゃいけないとことはちゃんとしてる」


岩本「いや~、恥ずかしい」


和田「松岡さんが真面目なので、健剛さんは盛り上げ役かなと思ってました」


岩本「自分でも体操競技部のムードメーカーになりたいなというところはあります」


松岡「僕がいる限りは仕切るようなことは僕がやって、ムードメーカーというかそういうの苦手なんで助かっています。これから俺の真面目なところを見習ってちょっとだけ真面目になってほしい、適当だから。自覚はしてると思うけど。行事やOBさんへの対応など適当にしてはいけないところをしっかりできるようになったらいい主将になれると思う」


岩本「頑張ります」


松岡「(岩本は)みんなに好かれているイメージが。おもしろいっていうところから繋がってるんですけど、後輩達からの信頼が厚いかな。練習内容はおいておいて、後輩がまっすぐついてくる。統率力はあるので判断力がつくとより良い方向にむかってくれるんじゃないかな」


岩本「頑張ります(和田は)ふしぎっ子。器械と新体操ではじめは全然絡みがなかったけど、面白い子と聞いてしゃべってみたらめっちゃ面白い!」


岩本「めっちゃ大人。精神年齢が僕の五歳くらい上」


松岡「それは思うな」


岩本「真面目な話をしているときの梨花ちゃんの考え方が凄いなあって、、、なんのときやっけ」


松岡「次期主将をきめるときのミーティング」


岩本「そうその時!この歳でそんな考え方できるんや、俺には出来ひんなぁって」


和田「本間ですか?」


岩本「俺、裏で松岡に言ったよな、梨花ちゃん凄いなって」


松岡「それでその後梨花ちゃん主将でよくないって言ってた(笑)


一同爆笑


岩本「僕が幼い分、後輩やけど姉御肌みたいなところはあるよね」


和田「初めていわれました(笑)」


岩本「松岡も言ってあげてよ(笑)」


松岡「梨花ちゃんはねー」


和田「もういいです、もう十分ですよ~」


松岡「でも全然言ってないからなあ。目立って何かするタイプじゃないんやろうけど、頑張ってるんやろうなぁってわかる。黙々と練習して、後輩2人の面倒を見ながら自分の事も手を抜かずやってて後輩としていろいろ任せてもいいかなって思える子」


和田「めっちゃほめてくれるじゃないですか!!」


岩本「梨花ちゃんはすごい」


和田「めっちゃ褒められた!やったー!ありがとうございます」



平行棒で倒立をする松岡


――新チームになって変わったこと


岩本「前主将はゆるキャラ的な人だったので、すこし緩さがあって、その緩さを無くし堅苦しさを入れてくれた。堅苦しすぎてもあかんけど」


松岡「そのバランスが難しい。今後は色々考えながらやってほしい」


和田「機械とは別なのであまり変化を感じることはないですが、4年生がばっと抜けて、これまでは私が一人後輩だったのが、私が一人先輩で後輩がたくさんという状況になって。みんなそれぞれしっかりしているけれどどうやって盛り上げていこうかなという感じです。」



――同志社体操部の自慢できるところや強みは


岩本「今の1年生は楽しいとかほんまに体操部入ってよかったとか、体操部が面白すぎてまわりの友達が面白くなく感じるくらいおもしろいとか言ってくれる(笑)」


和田「私は1年生の時、感動したのはみんながやさしかったことです


一同爆笑


和田「わりとこれまで競技力に重点を置いているようなところでやって来ていたので、また違った雰囲気で、入ったときに同期や先輩のやさしさが神にみえました(笑)」


松岡「大学はじめが多いところかな。レベルが低いってことでもあるんやけど、インカレで優勝を狙っているようなチームに初心者が入ることはほぼ不可能な話で、そこと比べてレベルは低いけど、高校までは別のスポーツしてたっていう人と一緒に体操が出来ること。新しく体操の楽しみを一緒に共感していけるっていうのが自慢できますね。」


和田「こんなにいろんな人がいるっていうのはこの部くらいじゃないですかね。初心者と全日本出ているような人やスポーツ推薦で入ってくるような子が一緒に練習していて、ましてや新体操と体操がこんなに一緒に練習しているのは日本で同志社くらいでは。いろんな人がいて、楽しい。価値観もいろいろだし。個性も豊か」


岩本「うちの未経験はよその未経験より強いと思う」


松岡「それは未経験者に対して経験者がしっかり教えるという文化があるんで。」


岩本「そして、上手な人が年齢関係なく、言い方は悪いけど自分より下手な人をちゃんと教えてくれる」


松岡「技術で人を見下したりはしないところ」



床の演技をする岩本



――2016年を振り返って


松岡「主将をしていた身からするとずっと部活ことばかり考えていた。大変やったなーというのが一番に出てきますかね。(主将になるとき)やめといたほうがいいんちゃうって声もあった中で自分の成長につながるかなと思ってやってきたけど、色々な面で成長できたので主将をさせてもらえて有り難かったなとよかったなと」


岩本「確かに明るくなりましたもん。ムードメーカー要素が足りなかったけど明るくなった」


松岡「主将としての自覚を持つようになって、みんなが楽しく練習できるようにするには自分が楽しく厳しく練習しなあかんなっていう自覚」


岩本「たまに陰で同期とあいつ成長したなーっていってるよ」


松岡「後輩の立場で主将についていくのと、いざ自分が主将になってまとめるという自覚をもってやるのは全然違った。特にモチベ―ション。うまい人が入ってきて体操部も楽しくなってきた」


岩本「自分より上手い人が入ってくるだけで練習は楽しくなるよな。」


和田「なあなあで過ぎてしまったなというのはあって。というのもまさか新体操の女子に後輩が入ってきてくれると思ってなくて。しかも、初心者の子もいるとは想定外で、真剣にどうしようかなと。自分の事も練習環境を大学だけに変えたばかりで精一杯で、わけわからなくなっていて、練習メニューも思いついたものをやっていくだけだった。でも8月の全カレでそれじゃあかんなと思って、メニューを全部作りなおして、やることを毎日ルーティーン化してできるようになったので、今年はそれを成果に繋げられたら」



――注目選手は


岩本「俺は山下東洋(理工2)ちゃう!?」


和田「あー」


松岡「確かに。大学はじめで、成長が著しいっていう意味では」


岩本「これ本人見るのか、陰でしかほめたことないのに~(笑)いつもはけなしてる(笑)」


和田「鈍感だから気づかないかも」


岩本「最近本間に成長してるよな」


松岡「一気に伸びるタイミングが人にはあるけど、今、まさにそこ。目に見えて成長している」


岩本「教えていて楽しいもん」


松岡「素直」


岩本「すごい素直に言ったことをしてくれる、、褒めすぎや(笑)」


一同爆笑


和田「新体操から見ても、試合でこんなの出来てたんや!っていう感じです。新人戦でびっくりしました」


松岡「注目は(山下が)団体入りするかどうかですね。団体入りしたらより注目。いま団体のボーダーに3人いるので、東洋がどうなるか注目です。誰が入るか分からない」



優雅なボールの演技で観客を魅了する和田


――これからの抱負は


松岡「伝えたいことを受け継ぐ。将来のことを考えて次の代を育成したい。自分もやらないといけないけど、それよりも自分より下の代を育てることの方が大事かなと」


岩本「育ててくれ」


松岡「次の次の代、今の高3くらいまで育てたい」


岩本「これから主将になるということで俺ら(松岡主将と岩本次期主将)足して2で割ったらいいってよく言われて」


松岡「それよく言われる(笑)割らずにいいところを足していって繋げていってほしいなあと。俺にはないユーモアとか盛り上げとかはそのままにね」

岩本「部を盛り上げるというのは今の俺にもできるような気はするけど、部を成長させるにはっていうことがこれからの課題かなと自分にできないことかな。これからは松岡の生真面目さを」


松岡「ちょっとでも引き継いでくれたらいいかな」


岩本「後輩もたぶんみんな着いてきてくれると思うので、もうちょっと色んなことを真面目にね」


和田「主務とかやることになると思ってなくてどうなるかわからないんですけど、そういう部のこともうまくみんなに協力を仰いでちゃんとできたらなって思うのと、新体操で一人上になる。今年はインターハイで優勝した子も入ってくるので、みんな自分が自分の目標に向かって練習して試合で、経験者も初心者も納得いく演技ができるようにみんなでコミュニケーションをとってモチベーション上げてやっていければと思うけど難しいですね。自分の結果も残せるように頑張ります」


対談にもあるように、「とにかく楽しい」体操競技部だけに、笑いの絶えない1時間となった。しかし、そのなかで根底に流れていたのは体操競技部への愛情。そして、全員が体操競技部の未来に真剣に向き合っていた。松岡主将から岩本次期主将へ襷が渡されるのは5月。残りの期間で彼は何を残していくだろうか。今、伝統は確実に時代へと受け継がれようとしている。(山口佳菜子)



○プロフィール


松岡勇希(スポーツ健康学部3年/173㌢60㌔/岸和田高校)

5月より体操競技部を引っ張っている真面目がウリの主将。体操競技には、高校生から取り組み始める。マイブームはぐでたまのグッズを集めること。好きな芸能人は明石家さんま。



岩本健剛(理工学部電子工学科3年/173㌢64㌔/同志社香里高校)

松岡主将の同期であり、次期主将。体操は中学生から始めるが、入部したのは2年生からという異色な存在。マイブームはアプリ「おじぽっくる」(妖精育成ゲーム)。好きな芸能人は銀シャリ。



和田梨花(文学部英文学科2年/165㌢/金蘭会高等学校)

4年生の引退に伴い新体操の選手では最年長となり、チームを引っ張っていく存在に。大人っぽい演技で観客を魅了する。マイブームは洋画を観ること。好きな芸能人はエディ・レッドメイン。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について