同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
後期全勝優勝で幕を閉じる
惜しくも決勝ラウンド初戦敗退
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
主将セレクション : ボート部
主将セレクション「ボート部」

ボート部主将セレクション2017年を語る

星野×松本×松坂

「チームの総合力で勝つ


左から 副将・星野夏貴(GR3)、主将・松本直弥(経3)、松坂滉(社3)



 

主将さんがこの二人を選んだ理由は━━。


松本「副将の星野は『俺を出してくれ。俺が出んのはおかしいやろ。』って感じで自己アピールをしてきたんで、意欲をかって選びました。平社員の松坂君は、この部で一番面白いといわれてるので呼んだら面白くなるかなって思って(笑)」


星野「現時点ではね(笑)」


松本「そうやな(笑)」



今年の部の雰囲気は━━。


松本「普段は和気あいあいとしてますね。やっぱり、学生主体の合宿所生活なんで普段ギスギスしてても仕方ないし、最低限の礼儀はあるんですけど楽しくやってます。でも、練習ではON,OFFの切り替えをして、けじめはつけてやってます。」



松坂「まぁ、主将・副将の2人が真面目っていうのが取り柄で、松本が言った通り、普段は楽しくやってるんですけど、真摯に練習に取り組んでるのが今の部の雰囲気になってるかなって思います。」




新主将に選ばれた松本



チームの課題は━━。


松本「フィジカルは上がってきたけど、船を進める技術面が課題かな。実際にレースするのは船の上なんで、どれだけ陸上で頑張っても全く無駄じゃないけどやっぱりもったいないなって思う。」


松坂「それを改善するためには今どういうことを??」


松本「大学から始める人も多いんで、トップ層もそうだが、チーム全体の底上げをしなくてはならないってことで、下位層から中堅層のボトムアップをこの冬練で中心的にやってて、上回生と下回生がおんなじ船に乗って技術指導とかしてます。」


松坂「ってことは、来季の目標としてはチーム全体で結果を出すってのが……」


松本「もちろん


松坂「なるほど」


松本「だから、去年最終日に残ったのが2艇、シングルとペアだけで、今年は総合力で戦うので、全クルー最終日進出ってのが今年のインカレにおいてのチーム目標やな


松坂「じゃあ、それで本当の意味での今後同志社復活を狙っているわけですね。


松本「そう。勝った喜びは勝ったものにしかわからないので、それを全員で味わえたらなと。」


星野「でも僕は、違う視点からで、技術面だけじゃなくて日常生活にある問題もすごい大切だと思う。ボートって同じことをいかに続けるかが大切であって、それは日常生活にも言えること。例えば、今ボート部で問題になっている部員の多さから生じる一人一人の責任感の薄さだったり、しょうもないことでも競技に響くと思う。だから、もっと一人一人が責任感を持てば船も進みますと思うし、あと……ん?!なんか、おかしかったな(笑)」


松本「進みますと思うしって(笑)」


星野「まぁ、そういうことで……(笑)」


松本「だから、ボートだけやってればいいんちやうっていうね。社会に貢献できる人間を輩出しようやな。」


松坂「そうやな。ボート部の理念やな。」



オールを漕ぐ新副将の星野



期待の選手は━━。


松本「あげたないなー。でも、しゃあない。あいつにはジャパンに行ってもらわな困るから」


松坂「おっ!誰ですか」


松本「2回生の櫻間達也君で。彼、結構身長があって、ボートは身長あったほうが有利なんで。高校から陸上やってたからスタミナもあって、何より自分をストイックに追い込める精神があるからな。で、日本代表選手になりたいっていうすごい高い志を持ってるので。まだ2年ある彼には非常に期待してます。」


星野「僕が期待してるのは松本君ですね。彼はまじめで、部を引っ張ってくれるんですけど、技術面で1番かって言われたらそうではないと思うんで。でも、練習態度はすごく熱心にやってますし、みんな見習うべきだし、櫻間君みたいに恵まれた体格じゃないけど、そこは主将として1番になってほしいなと。」


(聞き手)松坂さんは?


松坂「どうしよう、そんな身分じゃないけど……1回生出てないしな……」


松本「1回生出したってや」


松坂「そやな……安藤優作で!」


松本「安藤(笑)」


松坂「安藤優作って名前がいいよな(笑)初めて聞いたとは思えんほどの安定感(笑)」


星野「確かに安定感あるな(笑)」


松坂「ま、そんな彼も結構身長高いし。あと、去年の関西学生秋季選手権大会(加古川レガッタ)にシングルで出て、1回生のその時期だと本来なら相手にならないんですけど、他大の上回生と互角に渡り合ったから、かなり一人で漕ぐ力を持ってるのかなって。あと、1人乗りだと他のメンバーに影響されるってことがないので、1人で漕ぐ力がもろに出るんですよ。なので、パワーだけじゃなく漕ぐ能力、うまさがあるのかなっていうのが、すでにある程度証明されてるので僕は期待してます。」



カメラに向かってこぶしを挙げる松坂


オフの日は━━。


松本「えー、オフの日は……(ボート部の)みんなで飯食ってるかな。」


松坂「鍋とかね」


松本「そうやね。冬はここ(クラブハウス)で具材買ってきて、1回生が準備して俺らが味付けして完成!みたいな。これは、俺らが1回の頃からの風習ではないけど、続いてるよね。」


松坂「やっぱ、鍋するんが一番やな。」


星野「ま、そういうかっこいいこと言ってますけど、俺ら非リア充なんで(笑)」


松本「いらんねん、そういうの(笑)作ろうと思ったら作れるって書いといて(笑)」


最後に、来シーズンの目標と意気込みを━━。


松本「チーム全体目標がインカレ最終日に全クルー出場っていうのを目標に、今年のチームスローガンが【TOUGH CHOICE】なので、競技自体も合宿所生活も、しんどいこといっぱいあるんやけど、チーム全体が同じ方向を向いていないと勝ちっていうのを目指せない。だから、分岐点に立った時、今年のチームは全員が、あえて追い込まれるような厳しい道を選択できるようにって意味を込めている。その全員の選択が、最後はいい結果につながると思うので、今シーズンはチームの総合力で勝ちたいなと思います。」



低迷期の続いている同志社ボート部。しかし、昨年あたりから全国でも順位決定戦まで進むようになった。更なる高みを目指すために、今年はチームの総合力で勝負に挑む。まずは関西選手権優勝へ。成長期の同志社ボート部は今、来シーズンに向けて瀬田川で奮闘中だ。(聞き手 廣田晴香)




○プロフィール


松本直弥(経済学部3年/174㌢69㌔/御影高等学校)
 今年度、ボート部主将を務める。彼のモットーは「stay hungry  stay foolish」。

全日本大学選手権大会で全クルーの最終日進出を実現すべく、主将としてチームをまとめる。




星野夏貴(グローバル地域文化学部3年/173㌢72㌔/松江東高等学校)

今年度、ボート部副将を務める。高校では全国5位の実力を持つ。

ラスト1年は、準決勝という高い壁を超えるべく、全力を尽くす。




松坂滉(社会学部3年/178㌢68㌔/市立西宮高等学校)

昨年はレギュラー入りを果たせなかったが、ラストイヤーの今年はレギュラーとしてチームに貢献を。

【主将セレクションバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について