同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'16ルーキー特集 : サッカー部
'16ルーキー特集「サッカー部」

昨季、史上6校目となる夏冬2(全国高校総体優勝、全国高校サッカー選手権優勝)を達成した、「赤い彗星」こと東福岡高校。その中でも、不動のDFリーダーとして鉄壁の守備陣を支えたのがシンデレラボーイ・福地聡太(1)だ。



昨季、高体連の主要タイトルを独占した東福岡も、はじめから強いわけではなかった。プロを2人輩出するなどタレント揃いだった一昨年の世代に対し、新チーム発足時に全国区クラスの選手はゼロ。周囲からは、「史上最弱」のレッテルを貼られていた。



「史上最弱」はさすがに大袈裟な表現だったのだろう。先輩たちと比較すれば派手さでは劣ったものの、福岡県内では他を寄せ付けない実力を誇った。新チームが始動してすぐの新人戦では、危なげない戦いぶりで県大会で優勝してみせた。優勝メンバーに名を連ねていたのは、中村健人主将(現明大)や年代別代表のGK脇野敦至(現国士大)といった、この先も中心メンバーとなる選手たち。そこに、福地聡太の名前はなかった。



期待のルーキー・福地聡太



その頃の福地は、トップチームから2カテゴリー下のCチーム(3軍相当)でプレーしていた。福岡県制覇した新人戦では、試合のビデオ撮影係を任された。全国大会で活躍するどころか、公式戦の出場すら叶わない状況。大学から誘いの声がかかるはずもなく、自身も大学でサッカーを続けることは考えていなかった。高校では特進コースに所属していたこともあり、一般入試での同志社進学を志望した。



魔女がシンデレラに魔法をかけたように、福地も魔法にかかったような転機が訪れた。2015411日、高円宮杯プレミアリーグWEST開幕戦vsセレッソ大阪U-18。高体連とユースの強豪が東西に分かれ、1年間のリーグ戦を戦う高校年代最高峰の大会で、福地は開幕スタメンに大抜擢された。結果は1-6の大敗だったが、福地にとっては人生を変える90分間となった。



「それまでは身長だけでサッカーをしていたが、あの試合に出場していろんな発見があった。300人を代表して試合に出ているので、DFというポジションは人一倍責任感を感じないといけない。もっと頭を使ってプレーしなければいけないし、試行錯誤していくきっかけにもなった」



大学サッカーでも持ち前のクレバーさを発揮



そこからの変貌ぶりは誰も想像できなかった。福地の成長と並行して、「史上最弱」のチームは、1年をかけて「史上最強」の名を勝ち取った。プレミアリーグWESTではガンバ大阪ユースに次ぐ2位、夏の高校総体と冬の選手権では全国優勝を成し遂げた。この快進撃を後方から支えていたのが福地だったことはいうまでもない。選手権終了後には、日本高校選抜のメンバーにも選出された。



1年前とは対照的に、大きな期待を背負って同志社へと入学した。第3節では、初出場初スタメンを飾った。チーム事情によって、本職のセンターバックのほかに、慣れないサイドバックも経験。ルーキーながら、早くもチームに欠かせない戦力となっている。同志社は降格圏の11(7節終了時点)に沈んでいる。勝ち星に恵まれないチームの現状に、人一倍責任を感じている。



第3節vs立命大では初出場初スタメン



「高校サッカーと比べて、大学はスピードやフィジカルのレベルが高い。判断のスピードなども含めて、スケールの違いにうまく合わせていかないといけない。自分が出場した試合では勝てていないし、自分のミスで失点している。先輩たちに迷惑をかけてしまっているので、今は全てがうまくいっていない。チームのためにどれだけ頑張れるのかが、これから重要になってくる」



初先発を飾った第3節vs立命大戦、自身のファールによるPKから失点し、0-3で敗れた。試合後、責任を感じた福地は、人目をはばからず悔し涙を流した。初めて足を踏み入れる大学サッカーの舞台で、経験したことのないプレッシャーと戦っている。彼は1年前の事件となぞらえて、この状況を「2度目の転機」と表現する。ここで耐え抜けば、1年前と同様に、さらなる変貌を遂げることだろう。大きな逆境をはねのけてきた福地なら、ここでサクセスストーリーに終止符を打つことはない。同志社のシンデレラボーイの魔法は、解けることなくどこまでも進化していく。(西村健汰)



◯プロフィール

福地聡太

社会学部

183㌢・76㌔

東福岡高校

【'16ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について