同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーJr.リーグ
ピストル競技で堂々の2冠達成
課題克服へ
堂々のリーグ戦初マスク:西林幹貴
開幕スタメンに応える大活躍...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
'16ルーキー特集 : バスケットボール部
'16ルーキー特集「バスケットボール部」

4月に行われた関西バスケットボール選手権大会では、ライバル・大体大に惜敗したバスケットボール部。しかし、先日の京都学生バスケットボール選手権大会では見事優勝を果たすなど、目標であるインカレ出場へと動き出した。



期待のルーキー・古村(商1)



その同志社に、今年も期待のルーキーが入部した。

1人目は古村健一(商1)石川県の北陸学院高校出身で、高校時代もバスケ部に所属していた。「同志社に来て、関東を倒したい」。この思いが古村に同志社進学を決意させた。同志社に入学して2ヶ月、幾つかの試合に出てきた古村だが、その中で「体の当たりをもっと強くして安定したプレーがしたい」という課題もできた。これからの目標は、技術力を高め、関東の選手にも通用するプレーをすること。190cmという高身長に、持ち味である走りを生かした彼のプレーが、チーム全体の目標であるインカレ出場に貢献するのは間違い無いだろう。



期待のルーキー・田邉(商1)



2人目は田邉陸也(商1)

名門洛南高校出身で、同じ高校出身の村井(スポ2)・下田(2)がいることから同志社に進学を決めた田邉。彼も古村と同様に、関東打破を目標に掲げ、同志社にやってきた。入学して2ヶ月経ち、大学での練習は「自分たちで話し合って、プレーを作っていく」と高校との違いを語った。190cmの高身長を生かし、リバウンドを得意とする田邉。「いろいろなポジションをできるようになりたい」とこれからの目標もできた。彼がオールマイティで活躍できる選手になった時、同志社はもっと強くなるに違いない。



次の戦いは6月8日から始まる西日本学生バスケットボール選手権大会。昨年はベスト8進出を果たした同志社。「与えられたプレータイムの中で、チームを勢いづかせるプレー、体を張って泥臭いプレーでチームの勝利に貢献したい」(古村)、「1年生らしく、元気よくプレーをしたい。だけど、遠慮はしない」(田邉)と、ルーキー2人も気合十分だ。目指すは昨年を越える、ベスト4進出。目標を実現するための、戦いの幕が開かれた。(畠中美空)



◯プロフィール

古村健一

商学部

189㌢・88

北陸学院高校



田邉陸也

商学部

190㌢・82

洛南高校

【'16ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について