同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビージュニアリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
若手投手陣を盛り立てろ!
'17秋の展望「...
王者撃破で初勝利!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リーダーズ対談 : アーチェリー部
リーダーズ対談「アーチェリー部」

アーチェリー部リーダーズ対談 2016年を語る

定久×水野×渡邊

「王座優勝!」


左から女子リーダー・定久茉由(文3)、主将・水野彰洋(商3)、副将・渡邊友人(商3)



役職はどのような形で決まりましたか?


定久「まず私たちの面接でやりたい役職とかと、幹部の人たちと1人ずつ面談して、その後に上の方が最終決定される形になります。」


―自分はどんな主将だと思われていますか?言葉で引っ張っていくのか、それとも背中で引っ張っていくタイプのどちらですか?


水野「背中派ですね。」


―あんまり言葉では言わない感じですかね?


水野「そうですね。(渡邊さんに)任せてるんで、部内の関係性については(笑)」


渡邊「その辺は任せて。」


定久「たぶん主将とは真逆のタイプだと思う。だれかいたら話しかけるようにしてるし、コミュニケーションを結構取るようにしています。」


―役職に就かれて、個々でどのような事に集中して取り組まれていますか?


定久「チーム作り。去年負けて、今年勝てるためにもう1回一からチームのコミュニケーションとか点数の見直しとかみんながチームの一員ってゆう自覚を持てるようなチーム作りを心掛けています。」


水野「各々のモチベーションを上げるために、まず自分が率先して動くように常に意識してやっていますね。」


渡邊「人間関係を良好にしようと日々奔走しています。(笑)」


―男女それぞれのチームで徹底していることは何ですか?


定久「チーム全体としてはフィードバックシートを取り入れて、各々の月ごとの目標を反省したり、次の目標を書いたり、今の課題を見つめたりみたいな個人で書くフィードバックシートを新しく取り入れました。」


―男女ともにですかね?


定久「男女一緒で。」


―点数表もそれにあたる?


水野「その月に取った点数をそれぞれまとめて提出して、その月の自分を見つめなおしたりしています。」


渡邊「それを意識させるみたいな。」


―男女それぞれのチームの特徴を教えてください。


定久「うーん、先どうぞ。(水野さんへ)」


水野「男子は、アーチェリーっていう競技上、個人性が高い人が多いんですけど今回のチームは結構みんなが声を出して、チームでやっていこうという雰囲気がすごく強いですね。」


定久「そうですね。基本男子と似ているところもあるんですけど、チームでやっていこうという意識は結構高いんじゃないかなって思います。あと、下の学年の子たちが結構意見を言ってくれるので、私たちが気づいてないところとかも言ってくれるのでそういう意味ではみんなの考えとかを取り入れやすいです。」


―個人の意気込みとは?


定久「(リーグ戦で)自分が一的を打って、チームをブロック優勝に導く。」


―1的っていうのは?


渡邊「メンバーの一番しっかりしなきゃいけないところですね。」


―1番手みたいなことですかね?


渡邊「そうですね。」


水野「まずリーグで一的を張って、点数面で他の選手を引っ張っていけるようになればいいなと思っています。」


渡邊「副将って、8的って言って一番後ろに来るんですけど、そこでみんなを…」


水野「見方によっては一番前だけどな(笑)」


渡邊「見方によっては(笑)。まあそうなんですけど、後ろからみんなをフォローできるようにできればいいなと思っています。」


―春リーグに向けての思いを語ってください。


定久「女子は圧倒的に甲南大に勝って、同志社の強さを見せつけれるリーグにしたい。点数面でもチームの雰囲気でもすべてにおいて圧勝したい。」


水野「ブロックで優勝するのは当然として、その上で優決で近大に食らいつけるような試合が出来ればいいなと思っています。」


渡邊「結構頼れるメンバーが男子には揃ってると思うんで、みんなを信じてどんどん勝ってどんどん点数をあげて、優決に向けてモチベーションを上げていけるようにしていきたいです。」


―やはり近大は強いですか?


渡邊「めっちゃ強いです!」


水野「去年のリーグ戦では150点差あるんで。」


(去年のリーグ戦では男子で150点差ついていて、8人でやるのでだいたい一人につき20点の差がある。男子でいう20点の差は全国トップレベルと県のトップレベルの差がある。)


―新チームの雰囲気は?


渡邊「悪くはない(笑)それがいい方かわるいほうかは別にして。個人のスポーツなんでそこが何とも言えないですね。」


水野「雰囲気の波がでかい。」


定久「女子はだいぶ(雰囲気が)できてきていると思うけど、この春休みでだいぶ変わってくるんじゃないかなって。今、ノルマ期間で全員揃っていないんでこの春にどれだけ団結して、上げていけるかがリーグに繋がっていくんじゃないかなとは思います。」


―新チームの最終的な目標を教えてください。


定久「王座優勝!」


水野「3年連続準優勝なんで、そろそろ。」


定久「そこはアベック優勝目指してますね。」



今回の対談で語ってくれた3人の選手の意気込みや目標。去年のリーグ戦・王座ではあと一歩届かず優勝を逃し、悔しさを味わった。今年こそ――、アベック優勝へ。3人はただひとつ、同じ的を見据えている(聞き手 今川将成)




○プロフィール

水野 彰洋 (商学部3年/163㌢51㌔/私立東海高校)

インカレ ターゲットとインドアで17位、新人戦優勝という輝かしい経歴を持つ。

背中で魅せる主将。昨年の王座では惜しくも慶大に敗れ準優勝に終わった同志社。今年こそ、悲願の王座優勝をつかみ取る!



渡邊 友人 (商学部3年/175㌢67㌔/常葉学園橘高校)
高校時代、全国選抜2位、インハイ準優勝。
個性が強い今年のチーム。副将として、チームの潤滑油として、主将を、チームを支える。


定久 茉由 (文学部3年/155㌢/甲南女子高校)
「決断した事はやり遂げる」をモットーに、アーチェリー部女子をまとめ上げる!

【リーダーズ対談バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について