同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第96回関西学生サッカーリ...
関大に惜しくも敗北
10得点で大勝。秋季リーグ...
月1座談会 第6弾「幹部が...
選手コメント
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
'15秋の展望 : アイスホッケー部
'15秋の展望「アイスホッケー部」

負けられない秋



春に行われた関西カップ、関西リーグの2大会。同志社アイスホッケー部は、2大会とも優勝を目標とし、全員が一丸となって戦った。しかし、関西カップでは絶対的王者•関大に行く手を阻まれ2位に留まる。そして、関西リーグでは準決勝で立命館、3位決定戦で関学に敗れ、まさかの4位に沈んだ。



しかし、彼らがここで終わるはずがない。関西リーグの結果を受けて、今出川と田辺に分かれて陸上トレーニングを開始。原点に立ち戻って気持ちを入れ替えるとともに、基礎の重要性を再確認した。また、春の敗因は「極端に攻めすぎたり、守りすぎたり、攻守の意識の共有ができていなかった」(中村主将)という点だ。リンクに立つ全員が攻守の意識の共有できるよう、プレーの形も再構築し、秋リーグへと挑む。長年追い続けている関西制覇の夢。王座への道のりは長く、険しいが、彼らは決して諦めてはいない。立命館、関学への雪辱を果たし、秋こそは決勝のステージへ足を踏み出したい。



チームを引っ張る中村主将(商4)



「(秋へ向けて)やってやるぞという意識はできている」(中村主将)。春に経験した悔しさは、必ず彼らを強くしたはず。雪辱の秋に臨む彼らの胸には、氷をも溶かす熱い闘志が宿っている。(松山奈代)



円陣を組む選手たち

【'15秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について