同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 開幕戦勝利飾れず:サッカー部
第46回西日本フィギュアス...
第46回西日本フィギュアス...
'20ルーキー特...
昨秋王者に2連敗
黒星発進
'20ルーキー特...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
開幕戦勝利飾れず:サッカー部
2020/09/14 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ1部 (2020年9月12日)

9月12日、神戸総合運動公園ユニバー記念補助競技場(兵庫県)にて行われた関西学生サッカー秋季リーグ第1節vs大体大戦。同志社は0-3で敗れ、初戦を落とした。


スタメンにはGKに天野(スポ2)、DFに伊藤(スポ3)、敷田(社3)、雨宮(社1)、児玉(スポ4)、MFに柴崎(法4)、長谷川(生命4)、中里(スポ3)、FWに中野(商4)、大雄(政策4)、片山(スポ4)が起用された。


スターティングメンバー


今年度の公式リーグ戦がついに開幕した。新型肺炎感染拡大の影響に伴い、春季リーグ戦は開催中止。秋季リーグ戦のみの、1回勝負という異例の戦い方となった。


前半から果敢に大体大ゴールに迫った。昨年度から続くポゼッションサッカーで、相手守備陣を翻弄。優位性を確保しながら、幾度もチャンスを演出した。また、相手の守備に合わせて細かいポジショニングを調整。3バック型、4-2-3-1など、うまくフォーメーションを可変した。さらにDF陣も奮闘を見せる。高身長の大体大FWとの競り合いに負けることなく、ハイボールをうまく対処。一進一退の攻防が続き、このまま両者無得点で前半折り返しかと思われた。しかし、ついに均衡が崩れる。35分、相手CKから、ニアでクリアしたボールを押し込まれ失点。不運な形で先制点を許し、前半を終える。(0-1)


前半、大体大ゴールに迫る片山


エンドが変わった後半、なんとか追いつきたい同志社だったが相手の守備の堅さに苦しむ。ビルドアップ時になかなか攻撃のリズムを作れず、ボールを失い相手カウンターに繋がる場面が幾度か見られた。なんとか耐え凌ぐも、19分。中央でボールを奪われ、そのままカウンターへ。ゴール左隅に流し込まれ2失点目を喫した。(0-2)


後がなくなった同志社は次々に選手を交代させ、挽回を図る。しかし前年王者の鉄壁の守備に苦しみ、なかなか攻め込めない。そして後半32分、またもやCKから失点を許し、3点差に。(0-3) チャンスメイクができない時間が続き、そのまま試合が終了した。


相手守備に苦しむ


試合終了のホイッスルが鳴り、肩を落とす


試合終了後、指揮を務めた小川コーチは「こんだけ練習してきてボール持てたのに、シュート0やったことが悔しい」とコメントした。試合を通してボール支配率は高かったが、シュート本数は0。最後の一手に欠ける課題が明確に出た。次節は関学大戦。下を向いている暇はない。全国出場に向けた、同志社イレブンの戦いはまだ始まったばかりだ。(文責:岩木博哉 写真:黒田千都世)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について