同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 1部昇格‼:サッカー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ滲む、まさかの敗北
笹尾組 涙のVで1部残留
第1回 時國隼輔
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
1部昇格‼:サッカー部
2019/12/03 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー1部・2部A入れ替え戦 (2019年12月1日)

12月1日、J-Green堺メインフィールド(大阪府)にて行われた関西学生サッカー1部・2部A入れ替え戦vs大産大。同志社は5-4で勝利。昨季の降格から1年での1部返り咲きを決めた。


スターティングメンバー


スタメンには、左SHに大雄(政策3)、右SHに長谷川(生命3)が入った。


澄み渡る青空の中、ゲームは行われた。前半立ち上がり、相手の勢いに呑まれ守備の時間が続く。中盤でのパスが上手く繋がらず、なかなか攻めきれられずにいた。だが9分、同志社が均衡を破る。相手中盤のトラップミスからこぼれたボールをすかさず竹田(商4)が拾い、そのままシュート。相手GKが弾いたボールを中野(商3)が押し込み、先制に成功。会場は大いに盛り上がり、歓声が響き渡った。(1-0)


ここから攻撃陣が勢いに乗る。得点には至らなかったが、積極的に攻め続け幾度もチャンスを演出した。すると先制点から14分後の23分。伊藤(スポ2)のクロスに反応した中野が、インサイドで合わせるも相手GKに弾かれる。しかし再び中野がこぼれ球に反応。すぐさまゴール前の大雄に折り返す。そのボールを大雄がダイレクトでGK頭上をぶち抜き、追加点を獲得。さらに攻撃陣を勢い付ける得点となった。(2-0)


2点目を挙げた大雄


同志社はこの日、カウンター攻撃で大産大ゴールに迫った。中盤でボールを奪い、一気に相手ディフェンスラインの裏を狙う。この策略が功を成し、またもや追加点が生まれる。同29分、中盤で相手攻撃をカットし、前線の長谷川へ一気に送る。長谷川・竹田・中野と3vs2の状況を作り上げるも、長谷川が自ら持ちこみシュート。リードをさらに広げ、1部復帰への道が現実味を増してきた。(3-0)


3点目を挙げた長谷川


前線の4枚、竹田・中野・長谷川・大雄で攻撃が完結。前半終了間際42分にも、長谷川のクロスから中野が冷静に流し込み、チーム4度目のゴール。「合わせるだけだったしハセ(長谷川)に感謝」(中野)と得点シーンを振り返り、自身2得点目となるゴールを挙げた。(4-0)


2ゴールを決めた中野


大産大の果敢なクロス攻撃にも守備陣福地(社4)・柴崎(法3)を筆頭に上手く対処し、得点を与えない。4点差と大きくリードした状態で前半を折り返した。


エンドが変わった後半、まだまだ同志社の勢いは止まらない。立ち上がり同5分、竹田の落としから池平(商2)が走り込み、右足一閃のスーパーゴール。「得意な形だった」(池平)とコメント。点差を5に伸ばし、大産大を圧倒。会場には勝利のムードが漂っていた。(5-0)


ダメ押しとなる5得点目を挙げた池平


だが、1部復帰への道はそんなに甘いものではなかった。相手の細かいパスワークに苦戦し、じりじりと攻められていく。同13分、自陣ゴール前をパスで崩されそのまま失点。クリーンシートとはいかず、後半開始早々に1点を返される。(5-1)


後半は体力面に苦戦した。うまく前線でボールがキープできず、相手に試合を支配されていた。同32分、相手のクロスに福地が1度はクリアをするも、こぼれたボールを押し込まれ追加点を献上。悪い雰囲気が流れてきた。(5-2)


状況を打開したい同志社は、交代枠を一気に使う。フィジカル面の強い早藤(商3)をピッチに入れ、橘(スポ4)、小林(経4)も次々投入。前で時間を作りつつ、追加点を狙っていった。しかし終盤、相手のパワープレーをはね返せず、連続失点を喫する。(5-4)


1点差に追い詰められたところで試合が終了。なんとか逃げ切り、白星をあげた。昇格を決め、4回生を中心とした同志社イレブンには感動の涙が見られた。


5-4でなんとか勝ち星をあげる


主将・西中の男泣き


試合後、小川コーチは「理想の前半、現実を突きつけられた後半」と評価。勝って1部復帰を決めるも、不安の残るゲームとなった。だが昇格したのも事実。「強い同志社の基盤をつくる」ための1年、決して簡単な道のりではなかった。色んな苦難を乗り越え、目標である夢の舞台への昇格が叶った。来年度からはより厳しい戦いが待ち受けている。「来年1年間を胸を張って戦い抜いてくれたらと思う」(西中・政策4)。1年間チームを支えてきた主将・西中、エース・竹田を中心とした4回生は、後輩へと想いを託しピッチを後にした。【文責:岩木博哉 写真:久保孝太、柳ヶ瀬達彦、黒田千都世】


1部昇格を決めた同志社イレブン


【▼コメント】


・小川コーチ

ーー今シーズンを振り返って

彼らは優勝して上がることが1番の目標である中で前期、今までと違うサッカーのスタイルっていうのを経験したこと。結果が出なかったこと。これが悪くなかったというか。本当は前期から後期みたいにできれば問題なくあがれたとこもあるかもしれないんですけど、相手にあれだけ点を取れるようなスタイルになれたかというとやっぱそうではないですし、この一年途中で見させてもらって少しスタイルも変えましたけど、一年通した成果がフィールドには出たかなと思うんで、誰がいい悪いとかではなくて、すごくいい一年を過ごせたんではないかと思います。


ーー来シーズンに向けて

行ったり来たりしてるんで。実際この試合を重ねてたら、また来年も2部に落ちてしまうのは伝えましたし、それが事実で現実なのでそうならないように準備をしていくことが大事ですし、まあもう何回も落ちたいと選手も思わないと思うんで、しっかりと1つになりながら苦しい時もしっかりと乗り越えて選手と一緒にやっていきたいなと思います。


・主将・西中竜斗

ーーどんな4年間だったか

僕自身の4年間でゆうと最後の年は主将として活動させてもらったんですけど、総じて苦しい時間が多かったのかなと思うんですけどその中でいろんな経験を積ませてもらって後悔がないとは嘘でも言えなくて、至る所に後悔が溢れててけど、今終わって感じてるのは満足だったかなと。苦しみに対してそれを乗り越える強さだったり理不尽に耐え抜く逞しさだったりすごい学ばせてもらった4年間だったので僕のこれからも続く人生においてかけがえのない4年間だったと強く思います。


ーー今年一年振り返って

本当に難しいっていう言葉があってるのかなあと思うところで、やっぱりピッチ内外でいろんな問題があって、チーム内で騒動が起きて今年1年主将として抱える問題は多かったのかなと。それはすごい大変だったんですけど、そのなかでも僕が主将としてみんなにできたことって多分ほとんどなくてやっぱり周りの4回だったり後輩だったりが小さいことを積み重ねて見えないところで頑張ってくれてその結果ぼくが主将として今こうやって1年間を終われる結果にみんなが導いてくれたのかなと思います。


ーー来年へのコメント

軽々しいことは言えないけど、ぼくが経験してきたことからふまえるとどうしてもまた来年苦しい1年間が続いていくと思うんですけど、その中で今年磨いたものだったりダメだったことだったりそういったものを力にして、それで来年1年間を胸を張って戦い抜いてくれたらと思います。


・副主将・竹田そら

ーーどんな4年間だったか

僕はセレクション落ちたところから始まってDチームからでIリーグも出ましたし、ずーっとAにいなかったからこそ後輩になにか伝えられるものがあれば、ぼくの4年間を見てなにか感じてもらえれるところがあればなと思います。


ーー今年一年振り返って

前期なかなか苦しかったですし、チームとして結果が出ない中で、監督の交代だったり、いろんな節目があって、後期はチームとして自分たちがやりたいサッカーが半年通してできて結果も、後期だけで見ればでて最後入れ替え戦も勝てたんで来年につなげる1年にはなれたのかなと思います。


ーー印象に残ってる試合

初得点決めた時。一年の時の一部の阪南戦やって、3月にセレクション落ちてた4月に受かってDチームから始まって5月でB上がってIリーグ半年戦って、前期は一部ってものが分かってなかったというか観客やった中で夏で上がれてその試合で点を決めれたことで大学サッカーが始まったなと思います。


ーー来年へのコメント

僕らの代なかなか不甲斐なくてスタートのメンバーにも2、3回が多かったですし、その分来年は今年の主力がそのまま戦うことになるんで期待はしてますし、でもそんなに甘くない舞台ってのもわかってるんでもっかい気引き締めてやってもらえたらなと思います。


・福地聡太

ーー今シーズンを振り返って

前期がとても苦しい状況なところがあったんですけど、そこをなんとか後期で修正できたことは来年にもつながる部分はあるのかなと感じていますし、4回生としてなんとか昇格まで持っていけたのはとてもホッとできる部分ではあるのかなと思います。


ーー4年間を振り返って

自分は1年の頃からちょくちょく試合に出させてもらってるんですけど、その期待にも応えられず、結果で応えられずここまできてしまったのはとてももったいないというか。後悔というふうにあって、この4年目ラストの年だけでもと思ってやってきたんですけど、とても厳しい道のりはありましたね。なんとか最低限の仕事はできたので正直とてもしんどかった4年間ではありました。


ーー印象に残っている試合

ある意味今回の試合が1番悔しさ的にも。勝って昇格はできたけど、不甲斐ないというもどかしさが1番感じる試合だったかなと思います。


ーー後輩へのメッセージ

今季もあったように難しい時期っていうのは少なからず1年って長いんであると思うんで、そういうところでも下を向かず常に成長を求めてこれからも頑張っていってほしいなと思います。


・石河稔啓

ーー今シーズンを振り返って

しょっぱな京都府選手権で優勝できて、このチーム状況で絶対自動昇格も余裕だなって思ったんで。前期も勝ってたし。そっからチームがマイナスになってった時にうまく立て直せなかったっていうのが悔しかったです。


ーー4年間を振り返って

サッカーで本当に嫌な時期があって。早い時期にAチームに上がって先輩たちにどやされながらやってきたのが思い出です。


ーー印象に残った試合

今日の試合が1番印象に残りました。自分は試合出れなくてメンバー外だったんですけど、みんながいてグラウンドに入った瞬間、僕はここに出れないんだっていう思いがあって泣きそうになったけど、最後勝てたんで良かったなって。


ーー後輩に向けて

一部残留してこい。以上です。


・角谷成俊

ーー今シーズンを振り返って

人生で1番調子のいいシーズンで、チームにある程度貢献できたのではないかと思うのでそういう面では自分を褒めたいです。


ーー4年間を振り返って

関西リーグに出ることを目標に1回からやってきたんですけど、なかなかAチームに絡むことができなくて、キーパーは1枠っていう中で自分がそこに入れるのかっていう不安が疑念に変わってきて、自分を疑いながらやってたんですけど、最終的にはAチームに入れて自分の目標もチームとしての目標も達成できてすごい良い終わり方だなと思います。


ーー1番思い出に残ってる試合

大院大戦。勝てば昇格に繋がる試合で、前半に先制したけど後半は押されてるっていう展開でなんでかわからないんですけど調子が良くて無失点で勝つことができて応援のみんなからお前のおかげと言われたので嬉しかったです。


ーー後輩へのメッセージ

この4年間は本当にかけがえのないもので、一生経験できないもので、チームメイトと喜んだり悲しんだり悔しんだりすごい良い経験ができると思うので、1日1日を大切にしてほしい。来年から一部ですけど、残留を目標にインカレを目指せる集団になっていってほしいです。


・橘謙吾

ーー4年間を振り返って

めっちゃくちゃ楽しかったです。自分はユースから入ってサッカーをするために入学遅らせて、2年ぶりにサッカーして、Dから這い上がったんで最後こうやって関われてよかったです。強いていうならもっとチームに貢献したかったですけど、やっぱり楽しかったです!


ーー1番思い出に残ってる試合

姫路獨協大戦。僕を信頼してくれてスタメンに出させてもらった試合で、なかなか決まらなかった先制点をアシストできたんで。僕の4年間が詰まっていたと思います。


ーー後輩へのメッセージ

最後怪我しても諦めなかった駒形さんとか竜斗とかの姿勢を見習ってほしいっていうのと、あとは自分もC.Dから這い上がったからそういう人たちが諦めずに下から上がってもっともっと底上げして絶対に負けない一つのものを極めていってほしいです。


・小林和樹

ーー4年間を振り返って

ずっとBで燻ってて、監督変わったタイミングでAに入れてもらったんですけど、それはずっとたけおさんと今の監督とやってきてものがあったから試合にも出れたと思うんでほんとにそれはもうたけおさんに感謝しています。


ーー1番思い出に残ってる試合

開幕戦ですかね〜関西リーグ初出場でキャプテン副キャプテン不在の中、自分がキャプテンマーク持っていたんで責任も感じましたしAチームとして出る重荷も感じた試合だったので思い出に残りました。


ーー後輩へのメッセージ

一部に上がることが目標じゃなくて、一部に残留してインカレに出るってことが長い目でも目標だと思うんでもっとしっかり頑張っていってほしいです。


・駒形俊太郎

ーー4年間を振り返って

苦しいこととか辛いこととかいっぱいあったんですけどその分試合で点取ったり、Aチームで勝利に貢献したり嬉しいこともいっぱい経験して、すごく楽しいサッカー人生でした。


ーー今シーズンを振り返って

怪我ばっかで本当に苦しかったんですけど、唯一出た試合で点取れたのでそこはチームに貢献できたのかなと思います。


ーー思い出に残ってる試合

一部の後期の去年の近大戦


ーー後輩へのメッセージ

一部と二部をずっと行き来してると思うんですけど、ここからが大事になると思うんで何とか維持できるように頑張っていってほしいです。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について