同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 快勝!秋リーグ無敗で最終節へ進む:サッカー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ滲む、まさかの敗北
笹尾組 涙のVで1部残留
第1回 時國隼輔
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
快勝!秋リーグ無敗で最終節へ進む:サッカー部
2019/11/21 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー2部A (2019年11月17日)

1117日、同志社大学京田辺グラウンド(京都府)にて行われた関西学生サッカー2A秋季リーグ第10vs大阪大。同志社は4-0で勝ちを収めた。


円陣を組むスターティングメンバー


今節のスタメンには、左SH13 小林(経4)が入った。


一部自動昇格を目指す同志社。絶対に負けは許されない。前期、6-3で快勝を収めただけに期待がかかる試合となった。序盤からパスを下から丁寧に繋ぎ、相手を崩していく。すると前半10分、ペナルティエリア内で切り替えした大雄(政策3)が相手に倒されPKを獲得。竹田(商3)が冷静に流し込み、先制点を挙げる。さらに、前半31分、再び大雄・竹田が連携プレーで魅せる。右サイドで大雄があげたクロスに竹田が反応。ヘディングで押し込み、追加点を決める。その後も、相手5バックの背後に抜け出した伊藤(スポ2)が攻撃の機会を生み出すなど、ゲームを支配した状態で前半を折り返す。


ヘディングシュートを決める竹田


好機を作った伊藤


2-0で迎えた後半、累積が重なる竹田に代わり、東(神1)がFWに入る。高身長を生かし、コーナーキックからのセットプレーを狙う作戦だ。しかし、前半同様サイドから果敢に攻め、相手DFを突破するも、得点にはいたらない。決め手にかける時間が続いた。幸いにも相手のオウンゴールにより2点を追加し、快勝したものの、同志社にとってはもどかしい後半戦となった。


ガッツポーズをする竹田


試合後、小川コーチは「ベストな勝ち方はできなかった、良くも悪くもない」とコメント。高次元を目指すためにも、勝敗だけでなく勝ち方や試合内容にもこだわりたい。秋リーグがまもなく幕を閉じようとしている。自動昇格が運任せになる中で、彼らができることは勝つことのみ。泣いても笑ってもあと1節。悔いが残らぬよう、最後まで走りきれ。

【文責:黒田千都世 写真:久保孝太・岩木博哉】

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について