同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > PK戦にもつれ込み惜敗[サッカー部女子]:サッカー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
「ボードセイリング 部」
第109代同志社ラグビー部...
第2回 友野一希
良き終焉で来シーズンへ
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
PK戦にもつれ込み惜敗[サッカー部女子]:サッカー部
2019/11/16 HEAD LINE NEWS

関西学生女子サッカー秋季リーグ2部下位トーナメント (2019年11月10日)

1110日に大阪教育大学柏原キャンパスグラウンドにて、関西学生女子サッカー秋季リーグ下位トーナメントが行われた。同志社は京都教大と対戦し、試合は0-0のまま終了。PK戦へともつれ込み、5本中同志社が3本、京都教大が4本のシュートを決め惜敗した。


スターティングメンバー


前半8分、福田(GC3)がボールを奪うとバックパスでCTB鈴木(スポ3)に戻し、そこからカウンターを狙ったロングボールが吉川(スポ2)につながる。シュートはGKの正面でキャッチされるも、流れは同志社が掴んでいた。ボールを取られてもすぐに奪い返し、攻撃の時間を増やした。そして同35分には木村(経1)がペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。ゴール右隅を狙ったが、GKの冷静なセーブにより得点チャンスを逃した。


0-0のまま後半に突入。12分、吉川がボールをキープし、中にいた福田にパスを出したタイミングで左サイドを横山(スポ4)が走って裏に入る。うまく連携してクロスを入れたがGKに阻まれた。その後もパターンを変えながら攻撃を続けるが無得点のまま試合終了のホイッスルが鳴った。最後まで相手の粘り強いDFを崩しきることができず、「粘り負けた」と監督は振り返った。


攻撃の連携を図る増田(スポ2・左)、福田(右)


勝敗はPK戦に託された。先攻同志社、後攻京都文教大で進められた。緊張が広がる中、両者ともに3本中1本ずつミスがあり2-2。残り2本を確実に決めたかったが、4人目福田がまさかのクロスバーで不成功となった。あとがない同志社。最終キッカー岸田(GR1)が落ち着いて決め、行方を見守った。相手が放ったボールと不動の体は同じ方向に動いたが止めることはできず、ネットに刺さるとともに崩れ落ちた。


次節は秋季リーグの最終戦であり、4年生の引退試合でもある。相手はリーグ戦第5節で8-0と快勝した和歌山大だ。「ゴール前の崩しの局面をトレーニングして、たくさんゴールを決められるチームにしたい」(監督)。今節もゲーム内容は良く、あとは点数を取るだけだった。勝って笑顔で今季が終えられるよう、最後まで全員で戦い抜く。(酒井華奈)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について