同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 3位浮上!!:サッカー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
「ボードセイリング 部」
第109代同志社ラグビー部...
良き終焉で来シーズンへ
第1回 時國隼輔
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
3位浮上!!:サッカー部
2019/11/11 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ2部A (2019年11月10日)

11月10日、同志社大学京田辺グラウンド(京都府)にて行われた関西学生サッカー2部A秋季リーグ第9節vs大教大。同志社は3-0で勝利し、勝ち点を40に伸ばした。その結果、順位を1つあげ3位に浮上した。


スターティングメンバー


今節のスタメンでは池平(商2)が怪我から復帰を果たし、CBに柴崎(法3)・福地(社4)、さらに駒形(経4)の怪我の影響により、長谷川(生命3)が3戦ぶりの先発起用となった。


悲報が同志社に届く。試合前に行われていた、首位・大院大vs3位・甲南大の試合を甲南大が制したため、自動昇格圏内に入ることがより一層厳しい状況に陥った。それでも選手たちはとてもいい雰囲気でゲームに挑んだ。試合開始早々に得点が動く。前半3分、池平のCKから竹田(商4)が直接頭で合わせ、先制に成功。「狙いどうり決めることができた」(竹田)と得点シーンを振り返った。


先制点を挙げた竹田


前期の対戦時ではフォアチェックでプレッシングをかけるもなかなか取りきれない課題が残った。そこで今節ではリトリートで自陣に守備を固め、大教大攻撃陣を数的優位で封じ込めた。攻撃では果敢に左右のサイドから攻め続け、追加点がいつ入ってもおかしくない状況を作り上げた。しかし、追加点は生まれず1-0で前半を折り返す。


迎えた後半、攻撃を続ける同志社にアクシデントが訪れる。12分に長谷川が負傷交代。代わりに小林(経4)がピッチに入る。その小林がすぐさま期待に応えた。13分、左サイドに流れたボールを小林がクロスをあげ、そのボールに竹田が再び頭で合わせ追加点を獲得。スコアを2-0とし攻撃陣をさらに勢いづけた。


2得点を挙げた竹田(左)とアシストを挙げた小林(右)


得点には至らなかったものの、右SB伊藤(スポ2)から何度も精度の高いクロスがあげられチャンスを演出した。すると守備陣も続くように奮闘する。相手CKからの危ない場面を守護神・角家(政策4)が必死のセーブでチームを救い、さらに柴崎・福地の両CBコンビも相手の攻撃に崩されることなく完璧な守備対応で同志社ゴールを守った。21分には、右サイドを抜け出した大雄(政策3)が右足を振り抜き、ゴール。3-0とリードをさらに広げ、試合終了。2位・大教大相手に完封勝利を収めた。


勝利の勝ちロコ


試合後、小川コーチは「あまりにもパーフェクトな試合内容」とコメント。守備の形がうまくハマり、チーム全体が躍動する、とても素晴らしいゲーム内容となった。残り2節となり、昇格争いが混戦としてきた。他力本願ではあるがまだまだ自動昇格への可能性は残っている。そのためには勝利が絶対条件だ。再び一部の舞台へ。明るい未来はもうすぐだ。(文責:岩木博哉 写真:久保孝太、黒田千都世)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について