同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 先輩の勇姿に続いた。ルーキーが西日本制覇!:レスリング部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
インカレベスト16で今季終...
予選リーグ突破できず
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
先輩の勇姿に続いた。ルーキーが西日本制覇!:レスリング部
2019/11/02 HEAD LINE NEWS

西日本学生レスリング選手権大会 (2019年10月28日)

1025日から27日にて西日本学生レスリング選手権大会が堺市金岡公園体育館(大阪府)で行われた。フリースタイル70㌔級に出場した佐長が1年ながら実力高い上級生を倒し優勝を果たした。


準決勝の相手は山本(中京学院大)だった。昨年の同大会で準優勝を収め、多数の結果を残している強敵である。佐長は事前に相手の試合をビデオに取り研究し試合に臨んだ。

「ペースに合わせて後手に、回ってしまうとディフェス能力が高い選手なので、自分から責めることを徹底した」。序盤両者譲らず、拮抗した試合が続く。開始130秒を過ぎた頃、パッシブ(消極的なプレーに対するポイント)で1点を獲得する。さらに首投げで3-0で点差を広げた。「逆転されて焦る展開が見えてたので、一つリスクを、背負って最近岩本さんのグレコの練習が多かったので投げをする練習が多くて思い切って首投げ行ったらかかってここで試合の流れが変わった」。日頃の練習の成果を発揮し試合の流れをものにした。さらに後半戦も投げで2点を追加し5-0で勝利を収めた。

決勝も7-0からフォール勝ちを収め、見事優勝を果たした。


優勝が決まった瞬間の一枚


目標としていた西日本制覇を果たした佐長だが、高い実力を認められているが故に、重圧に押しつぶされそうになる日々が続いた。そんな彼にとって好機となったのが前日に行われたグレコローマンスタイルで主将である岩本の優勝であった。「岩本さんの準決勝も強い相手で、最後逆転勝ちで。あれ見て自分もちゃんとやらなあかんなとか、気持ちで押せば最後までわからへんなって。スイッチ入りました」。先輩の勇姿に火をつけられ、本来の実力を発揮し、つかんだ優勝だった。(文責・赤地貴音、写真・藤田航輔、寳諸将人)



フリー70㌔級に出場した平井(法4)


フリー79㌔級に出場した明原(法2)


フリー61㌔級に出場した市橋(法3)


フリー65㌔級に出場した衣笠(経3)


フリー61㌔級に出場した戸田(生命2)


準優勝を果たした増野(文3)


3位入賞を果たした寳諸(商3)


試合後の一枚


【結果】

フリースタイル

61㌔級戸田 1回戦敗退

市橋 2回戦敗退

65㌔級衣笠 2回戦敗退

70㌔級佐長 優勝

平井 1回戦敗退

79㌔級増野 準優勝

97㌔級寳諸 3位入賞

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について