同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 首位撃破!:サッカー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
インカレベスト16で今季終...
予選リーグ突破できず
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
首位撃破!:サッカー部
2019/10/30 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ2部A (2019年10月27日)


10月27日、大阪学院大学千里山グラウンドにて行われた関西学生サッカー2部A秋季リーグ第7節vs大院大。同志社は1-0で勝利。首位撃破を果たした。


スタメンは竹田(商4)、福地(社4)が復帰。左サイドには小林(経4)が第5節ぶりに入った。


スターティングイレブン


前半、「スカウティングで(相手)左サイドが緩く、CBがカバーにあまり来ないことは把握していた。」(小川コーチ)こともあり、同志社は果敢に右サイドから仕掛けていく。右サイドハーフの大雄(政策3)がハーフスペースにポジションを取ることによって空いたアウトレーンを伊藤(スポ2)のオーバーラップで効果的に突き続けた。


右サイドを果敢に攻める大雄


すると、迎えた28分、児玉(スポ3)のパスカットから裏へ抜け出した中野(商3)がPA手前で倒される。審判の手にはレッドカード。得点機会の妨害で相手CBが退場となり、11対10と数的有利な状況に。また、そのファールによって得たFKを池平(商2)がファーサイドに突き刺し、先制に成功する。その後は圧倒的にボールを保持するも引いた相手を崩せず、1-0で前半を終える。


見事なFKを見せた池平


後半に入っても相手の4-4-1の思うように崩せない。前半同様右サイドから果敢に攻めるが、最後の1本が繋がらない状況が続いた。すると次第に流れは大院大へ。カウンターベースではあったが、同志社ディフェンスを苦しめる。だが、角家(政策4)が立ち塞がった。後半何度も決定機を与えてしまったが角家の神がかったセーブで第2節ぶりにクリーンシートを達成。1-0で見事首位を破った。


チームは何度も角家のセーブに救われた


10人を相手に後手に回ることも多かった同志社。それでも今節、右サイドで見せた崩しは確かに大院大に通用した。「将来的に理想としている攻撃が大院大相手にできたことは選手たちの自信にも繋がる」と小川コーチは語る。1つ大きな壁を乗り越えた同志社イレブン。この攻撃の形をモノにできれば、さらなる壁をも越えていけるはずだ。

【文責・久保孝太 写真・岩木博哉】


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について