同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > ダブルヘッダー1勝1敗、昇格は最終戦次第:ソフトボール部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
油断が生んだ、ミス痛手に
笑顔で秋季リーグ戦締めくくる
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ダブルヘッダー1勝1敗、昇格は最終戦次第:ソフトボール部
2019/10/13 HEAD LINE NEWS

秋季関西学生ソフトボールリーグ戦 (2019年10月6日)

10月6日に天理大学(奈良県)にて行われた秋季関西学生ソフトボールリーグ戦。同志社はダブルヘッダーを1勝1敗で終えた。対天理大戦では初回に4点を先制し、5回にも1点を追加。6回に2点を取りコールドが成立。7-0で勝利し、連勝を収めた。

同日に行われた対大体大戦では終盤に大量得点を入れられ0-7でコールド負けを喫した。来春の1部昇格は、最終戦の対立命大戦の結果で決まる。



第1試合の対天理大戦。初回、先頭の橋本(スポ2)が内野安打で出塁する。1死三塁で岩本(商2)がスクイズを成功させ、先制点を奪う。なおも2死満塁、冨山(スポ2)が走者一掃の適時三塁打を放ちさらに3点を追加。序盤から試合を有利に進めた。投げては先発の冨岡(社2)、大須賀(商1)、立迫(商3)の3人が無失点リレー。



得点に喜ぶベンチ



先発の冨岡



4点差のまま迎えた5回、代打・辻(経2)のスクイズで1点を入れる。6回には2死一塁から堀井(社1)・岩本の連続適時打で7点差をつけコールドが成立。7-0で勝利した。



同日第3試合に行われた対大体大戦。序盤は拮抗した展開だった。試合が動いたのは4回の守備。四球、遊安打で1死一、二塁とされると三塁手の野選で2点を先制される。攻撃は続きこの回に5失点。一気に不利な状況に立たされた。5回、6回にもそれぞれ1点ずつ追加され、0-7でコールド負けを喫した。



対大体大戦で先発した立迫



2次リーグの2位以上のチームは来春1部に昇格する。同志社が昇格するためには最終戦の対立命大戦への勝利が条件だ。「やるしかない」(野表・社3)。昇格をかけて、最終戦に全てをぶつける(水納愛美・足立みずほ・片木香穂)



〈1戦目〉

【スタメン】

1.橋本 (遊)

2.堀井(二)

3.岩本 (一)

4.弓納持 (左)

5.藤井  (右)

6.野表 (指)

7.冨山 (三)

8.塩川 (中)

9.山口 (捕)


【バッテリー】

冨岡、大須賀(商1)、立迫ー山口、麻生(スポ1)


〈2戦目〉

【スタメン】

1.橋本 (遊)

2.堀井(二)

3.岩本 (一)

4.弓納持 (左)

5.藤井  (右)

6.野表 (指)

7.冨山 (三)

8.高部 (中)

9.山口 (捕)


【バッテリー】

立迫、冨岡、大須賀ー山口


【コメント】

#28 野表

ーー1試合目を試合を振り返って

チャンスは作れてたけどあと1本が出なかったかなと。4点中2点はエンドランでとったし、最後堀井が打ってくれたけどそれまで全然バッター陣が打ててなかったから。だからチャンス作れてたけど1本が出なかったから残塁も多かったし、ヒット出てた割にあんまり返せなかったかな。


ーー2試合目は

最初の、自分がランナー三塁で高部がエンドランしたときに自分スタート悪かったんだけど、そこで点数取り切れなかった。やっぱりそこが先制点だったから、先制点あると大きいし流れもこっちに寄せられるから。そこでアウトになってしまったというので。その裏の攻撃で点取られてる。やっぱりそこで取り切れなかったのは大きかった。

あとは守備の乱れが出てきた。内野の守備が乱れちゃって。打ててなかったから守って耐えなきゃいけなかったけど、守備での乱れが出てピッチャーも打たれてっていう悪循環で。すごい点数取られちゃったし、流れもこっちに持ってこれなかったかなと。


ーー守備の乱れとは具体的に

プレー面もそうだけど、連携ミス。ベースカバーが空いていたり、単純なエラー、送球ミスもあった。どっかでちょっとしたミスが積み重なって積み重なって。もっと練習しなきゃいけないな。


ーー1イニングでの大量失点について

流れはよくなかった。エンドランで刺される、ノーアウト三塁で点が取れないっていうのは相手的にもよっしゃーて感じだし。それでやっぱり向こうにも流れが行っちゃう。チャンスをしっかりものにしないと自分たちに流れは来ないし。


ーー対立命大戦について

やるしかない。今回の試合は負ける理由がちゃんとあった。そこを改善したら絶対勝ちにつながる。1週間でしっかり練習詰めていこうと思う。



杉原監督

ーー1試合目について

勝ててよかったと思います。


ーー2試合目について

2試合目あかんかったな。やっぱり下手なところが狙われたって感じかな。ピッチャーのフィールディングにしても。あとやっぱりミスやね。


ーーミスは守備面か

3つで狙いに行ったのはよかったんやけどね。あそこで体勢崩してまで投げる必要はなかったかな。全然良い守備やったけどね。

あと、キャッチャーが取れずに1点入った。弓納持がバックホームしてるけど、キャッチャー怖がってるし、球を取ってタッチでアウトにするっていう。あれ取ったらアウトやからね。練習せなあかん、しっかり守らなあかん。ちょっと流れも悪かったしね。初回の堀井のバントミスが痛い。勢い乗っていかなあかんところ。これはアウトでいいから、ランナー2塁で点数入らなくてもしょうがないけど。あそこが大きかったかな。


ーー細かいミスが響いた

ミスが痛いね。あとタイムリー欠乏症は相変わらず続いてるねんけど。打ったらあかん球打ってる。ちゃんと狙ってヒットにできる球を打たなあかん。あと残念なのは5点取られた後6回、7回が淡白に終わった。あそこで1点でも2点でも取り返してたら次のゲームに繋がるけど。あんな感じで点数取られてるから元気出せって言うのも難しいけど、やっぱり取りにいかんとね。

まあ悪い面がいっぱい出たんでね。切り替えて練習するところは練習して。もう立命に勝つしかないんで。いっぱいあかん部分が出たしそれをつぶして。急に打撃上がらへんと思うからやっぱりミスをなくして1点1点を細かく取りに行った方がいいと思う。



#15 立迫

ーー試合を振り返って

この試合勝ったら1部昇格が大体決まるので、先発の役割はゲームをどれだけ作れるかだと思うので、とりあえずゲームを作ることを意識して投げました。


ーー最近の調子

最近の調子は正直よくない。良くはないけどそれでもピッチャーは1人だけだから、自分に任せたらことを最後まで、力を温存するとかでなく、最後までしっかり投げ切りたいと思ってます。


ーー次立命戦に向けて

絶対勝つしかないので、みんなでまた1週間練習して勝ちに行きたいと思います。


#17 冨岡

ーー1試合目、先発だったが

秋リーグで一番悪かった出来だったと思う。

球が荒れてて、要所で抑えられていたかな

自分の中では課題がいっぱいあるけど成長できたと思う。


ーー2試合目のピッチング振り返って

気持ちがボールに伝わると思った。自分らしく、抑えられると思っていたが打たれるところに投げてしまったと思う。ベストボールで投げればよかったのに、ストライクをいれに行ってしまった。失投してしまった。


ーー次の試合に向けて

切り替えになる試合になると思う。次はもう失投したくないし、ベストボールで投げると決めた。自分のベスト尽くさないと、抑えられるチームではないと思う。一球に集中して一人一人抑えていきたい


ーーピッチャーとして、1部復帰のためには

最少失点。それだけだと思う。打たれてしまうしょうがない部分もあると思うけど、4人で最少失点にしたいと思う。自分はゼロで抑えていきたい。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について