同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 昨季王者に快勝やで!:準硬式野球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
油断が生んだ、ミス痛手に
笑顔で秋季リーグ戦締めくくる
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
昨季王者に快勝やで!:準硬式野球部
2019/10/10 HEAD LINE NEWS
同志社024002011-----10
関大100011000-----3

関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ戦 (2019年10月10日)

10月10日、大阪市 南港中央野球場にて関西六大学準硬式野球連盟秋季リーグ対関大1回戦が行われ、10-3で勝利した。

前節で阪大相手に2連敗を喫した同志社にとって、今試合は絶対に負けられない一戦となった。


初回、関大に先制を許したが、その後2回に2得点を挙げ勝ち越しに成功。勢いそのまま3回にも前田(スポ2)、小松(社3)が連続で四球により出塁すると、佐藤が中越適時二塁打を放ち2点を追加。流れに乗った同志社はこの回合計4得点をあげた。


会心の当たりほ放った佐藤(社3)


しかしそのまま流れに完全に乗り切ることができず、5、6回には連続失点を喫した。

先発を務めた鈴木は「病み上がりで体が全然動かず、武器であるストレートが入らなかった」。と悔しさをにじませながら自身の投球を振り返る。反省点を見直し、次の登板に向け更なるレベルアップを図る。


先発の鈴木(政策3)


7回には、鈴木に代わり小川がマウンドに上がった。「言われたことを全力でやる、それだけです」。チームに貢献したいと熱い思いで登板し、テンポの良い投球で抑え、しっかりと自身の役目を果たした。8回からは小川に代わり小崎(経3)がマウンドに上がり、打たせて取る投球で関大打線を相手に無失点に抑えた。投手陣の奮闘に打者も応え、大事な一戦を見事勝利に収めた。


豪快なフォームが特徴的な小川(商3)は、「一番練習を頑張っている」と主将のお墨付き


今試合では、普段出場機会に恵まれない選手も代打として出場し大きな当たりを叩き出すなどの活躍を見せ、チームで合計12安打をあげた。「気を引き締めて連勝に向かっていきたい」。と明日への意気込みを語る主将・佐藤によると、今のチームには勝って気を抜いてしまう悪い傾向が見られるという。リーグ優勝に向け、もう敗戦は許されない。今日の勝利を自信にし、明日もチーム一丸となって白星を掴みにいく。(山口萌恵子)


長打を放った村田晋(経2)

村田大(スポ2)はスタンドから声援を送った

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について