同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 連続コールド勝ち!春リーグ一部復帰なるか:ソフトボール部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
油断が生んだ、ミス痛手に
笑顔で秋季リーグ戦締めくくる
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
連続コールド勝ち!春リーグ一部復帰なるか:ソフトボール部
2019/10/05 HEAD LINE NEWS
羽衣国際000000--------0
同志社大40001--------

秋季関西学生ソフトボールリーグ戦 (2019年10月5日)

10月5日に四天王寺大学グラウンド(大阪府)にて、秋季関西学生ソフトボールリーグ戦対羽衣国際大学戦が行われた。同志社は相手を無得点に抑え、初回から4得点を先制。その後も5、6回と得点を重ねコールドで試合終了。同志社らしい打線中心の試合展開で二連勝を上げた。


先発は冨岡(社2)。初回チームは満塁のピンチを迎えるが、好守備が光り、無得点で切り抜ける。1回裏、橋本(スポ2)が左前に安打を放ち、その後、盗塁で三塁まで食い込む。堀井(社1)のバントで橋本はホームイン。同志社は先制点をあげた。チームはそこから打線を爆発させる。三者連続で出塁し、満塁のチャンスを作ると、続く冨山(スポ3)左中間に適時三塁打を打ちあげた。一気に4点をこの回で獲得し、試合の流れを同志社に持って行った。

打線が好調だった藤井


羽衣国際も一歩も譲らず同志社に食らいついていくが2、3回も出塁を許さず、点差は変わらないままテンポよく試合を進めていく。そんな羽衣国際が4回表で動き出す。相手チームに出塁を許すと、そのまま同志社が守備で幾度とエラーする場面が。2死一、二塁のピンチを迎える。そんな逆境をものともせず、集中力を切らさなかった。球を取り切った同志社陣はこの回も相手に得点を許さなかった。

5回を迎えると再びチャンスを作った同志社。藤井(文情2)が適時打を左中間に放ち、代打の辻が犠打で出塁していた弓納持(商1)がホームイン。点差を5点に広げた。


無得点に抑えた大須賀


終盤も打たせて取るピッチングで相手の攻撃を終えると、6回裏。盗塁に失敗、このまま最終回に折り返すと思われていた。しかし、堀井の適時二塁打で1点を重ねる。続けて岩本(商1)が左方向に鋭い安打を放ち、堀井がホームイン。この回でコールド勝ちとなった。2試合連続でコールド勝ちとなったチームはリーグ前半の不調を感じさせない好感触の試合運びに確かな手応えを感じていた。

残り3試合となった秋リーグ。2部落ちを余儀なくされたが、春リーグ一部復帰への希望の光は強く差し込んでいるに違いない。

(文足立みずほ・写真水納愛美)


【スタメン】


1.橋本(スポ2) (遊)

2.堀井(社1) ( 二)

3.岩本(商2)  (一)

4.弓納持(商1) (左)

5.藤井(文情2)  (右)

6.野表(社3) (指)

7.冨山(スポ2) (三)

8.塩川(スポ1) (中)

9.山口(スポ1) (捕)


先発  冨岡(社2)


【コメント】

ーー今日の試合を振り返って

最初、初回に4点取れたのがすごく大きかったと思う。2アウトから繋げての点数だったのでそこはすごい良かったかなと。

ーーベンチで「毎回得点で行きましょう」と声をかけていたが

目標にしている。「毎回得点」と言ってたけれど、中盤0が続いちゃって。っていうのが今の課題かな。

結構1次リーグの時も最初点とってずっと取れないとかそういうのが今までもあったから。1点ずつ積み重ねていかないといつ自分らが爆発するか分からないから。打てる時と打てない時の差が結構あるから、毎回得点で積み重ねていかないとなと。

ーー全体的に調子はあがっている

あがってきてる。みんな当たってきてる。結構打線は繋いでできたかなと思うから。中盤の0点以外は。

ーーピッチャーの調子は

悪くないと思う。2アウトからデッドポールが出ちゃったりとかがあったからそこだけかな。

ーー明日への意気込み

天理大も大体大も2部では上の方にいるし、打力もあると思うからそこを警戒しながら。「毎回得点」でいきたいですね。


ーー三打席ヒットで好調に見えたが

よかった。今回のリーグで練習も含めて、あまり打てていなかったので、タイミングとかバットの置き方を調整した結果ちゃんと打ててよかったと思いました。

ーー二部と一部で変化は

わからないけど、一部はつねに緊張感がある雰囲気。今のリーグは先制してからだとやっぱり心に余裕はできると思いました。

ーー残り試合への意気込み

絶対春は一部からスタートすることとそのために残りの試合全勝で進めたいです。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について