同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > チャンスをものに出来ず、敗戦:硬式野球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
油断が生んだ、ミス痛手に
笑顔で秋季リーグ戦締めくくる
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
チャンスをものに出来ず、敗戦:硬式野球部
2019/10/02 HEAD LINE NEWS
同大000000100
関大00003100

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2019年10月2日)

10月2日に南港中央野球場(大阪府)にて関西学生野球連盟秋季リーグ第5節対関大1回戦が行われた。リーグ後半戦へ向け弾みをつけたい同志社であったが、中盤に4点を失点、反撃は7回の1点にとどまり1-4で敗北を喫した。


敗戦を悔しむ杉内


1回表、先頭打者の小川晃(商3)が左安打で出塁すると、四川(社3)がしっかりと犠打を決め一死2塁といきなりチャンスを迎える。しかし、後続が倒れ先制点は奪えない。

その裏、マウンドに上がるのは今季対京大戦で1勝を挙げている髙橋恭(経2)。頼れるエースがこの日も上々の立ち上がりを見せる。初回から相手打線を三者凡退に抑えると、4回までランナーを出しつつも得点を許さない。


この日、6回まで登板した髙橋恭


しかし、5回裏髙橋恭が相手打線に捉えられる。2安打により二死1・2塁とされると、センター前に適時打を許し先制を許す。なおもピンチは続き、三番打者に2点適時三塁打を放たれこの回3点目を与えてしまう。

これまで、取られてはすぐに取り返す粘り強さを見せてきた同志社は6回表、すぐに反撃を試みる。この回先頭の四川が中二塁打を放ち、大きなチャンスを迎える。しかし、クリーンナップが続けて凡退。二塁残塁でチャンスを生かすことができない。

すると、6回裏にまたもや長打を許すと、犠打と意表をつくスクイズでさらに追加点を献上してしまう。


出塁を逃す工藤


笑顔で出塁する鎌倉(社3)


7回表、今度こそ同志が反撃の狼煙を上げる。この回先頭の栗林がヒットで出塁すると、工藤(文4)が三ゴロに倒れるも、その間に二塁へ進塁し、チャンスを広げる。この場面で打席に立つのは本間(スポ3)「最近、1本みんなチャンスで打ててなかったんで、自分が決めるっていう気持ちで打席に入った。」その言葉通り、気迫のこもったスイングは白球をしっかりと捉え、レフト前に運んだ。同志社はこれでこの日初めての得点に成功する。さらに、続く代打・高尾(政策3)が四球を選び、小川晃(商3)がこの日2本目の安打で1死満塁のチャンスを作る。しかし、続く四川が併殺打に倒れ、反撃もここまで。得点は1点にとどまった。あと一本が出ず、3点のビハインドを埋めることのできない同志社は、対関大戦初戦を白星で飾ることはできなかった。


7回裏から登板した西村(法2)


得点は1点にとどまったが決して打てなかった訳ではない。合計9安打でチャンスを演出するも上手く得点につなげられなかった。これを受け主将・杉内(法3)は「小川(晃)が出てくれているのに返せていない。そこで先取点を取れれば、自分たちも楽な展開に持ち込めるので、そこがここから勝ち負けに関わってくる」と振り返った。

「今日もちろん負けたんですがみんな負けた気持ちはしていないんで、そういう気持ちは持ち続けていって欲しいということを言いました。」と話すのは澁谷硬式野球部監督。チャンス自体はしっかりと作れている中で、いかに得点につなげられるかが勝負を左右する。流れを作り、繋ぎの野球で勝利を掴めるか明日の大一番に期待がかかる。(文責:川瀨 蒼、撮影:大石きらり、岡本莉奈、内藤 界、藤田彩花)


スタメン

(一)小川晃

(二)四川

(三)杉内

(四)松本

(五)鎌倉

(六)栗林(スポ3)

(七)工藤

(八)本間

(九)髙橋恭


バッテリー

髙橋恭、西村ー栗林


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について