同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 先制するも勝ち越せず:アメリカンフットボール部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
油断が生んだ、ミス痛手に
笑顔で秋季リーグ戦締めくくる
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
先制するも勝ち越せず:アメリカンフットボール部
2019/10/01 HEAD LINE NEWS

2019関西学生アメリカンフットボールリーグ (2019年9月29日)

9月29日、王子スタジアム(兵庫県)で行われた2019年関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1第4節。同志社は近大と対戦し、14-14で勝ち点を分け合う形で試合を終えた。この結果、リーグ通算成績を1分3敗とした。


試合は同志社のキックオフで始まった。近大オフェンスを松ヶ迫(経3)のナイスカバーや岡本(理工4)のQBサックといったナイスディフェンスで凌ぎ切り、フィールド中央付近からオフェンスが始まる。丹澤(商3)や毛綿谷(スポ4)へのパスでオフェンスで相手陣地に攻め入ると、次のプレーで南竹(心理4)から投じられたボールはエンドゾーンに走り込んだ毛綿谷の元に。先制点を掴み、同志社に流れが来たように思われた。しかし、次の近大オフェンスですぐにタッチダウンを取られ試合を振り出しに戻された。

パスを投じる南竹

ランアフターキャッチで相手を置き去りにする毛綿谷

追いつかれ、追加点が欲しい同志社は、南竹や鳥山(理工4)のランで着々と攻める。すると、再び南竹から毛綿谷にパスが投じられた。捕球した毛綿谷は自慢のスピードで相手ディフェンスを置き去りにし、再び勝ち越しに成功した。しかし、近大にタッチダウンを取られ、再び試合は振り出しに戻る。

ブロックを試みる三浦(商4)と後ろを走る南竹

狙い定めてブロックを試みる田中(商3)

なんとしてでも勝ち越したい同志社は、前半終了間際にパスで相手陣地に攻め入り、フィールドゴールを試みるも、キックは決まらず同点のまま前半が終了した。

後半に入ると前半のシーソーゲームが嘘のようにお互いのオフェンスがなかなか進まない。後半終了間際、近大ディフェンスに阻まれ、フィールド中央付近から近大オフェンスに。近大QBからタッチダウンを狙ったロングパスが投げられた。しかし、今試合抜擢された山田(スポ1)がインターセプトし、攻撃権を取り戻した。追加点が欲しい同志社だったが、最後のオフェンスで得点することができず、無念の同点で試合が終わった。

相手ランを止める同志社ディフェンス

前節同様、先制点を取ったものの勝ち切ることはできなかった。しかし、タッチダウン2本、着々と同志社はDiv.1の強豪たちに食らいつつある。「悔しいと言ったらその一言に尽きるんやけど次に向けてもう一度踏ん張り直したい」(笹尾)再来週に迫る京大戦に向けてWILD ROVERは進み続ける。(文責・中島右京、写真・上野孝輔、松村学)



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について