同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 春に続き、連続優勝!:射撃部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
2019年度秋季リーグ開幕...
悔い残るも課題見えた
2連勝の裏に見えた課題[J...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
春に続き、連続優勝!:射撃部
2019/09/11 HEAD LINE NEWS

第66回秋季全関西学生ライフル射撃選手権大会ほか (2019年9月5日)

9月5日から8日にかけて第66回秋季全関西学生ライフル射撃選手権大会および第25回関西女子学生ライフル射撃選手権大会および第16回秋季全関西学生ピストル射撃競技大会が能勢国体記念スポーツセンター射撃場で行われた。1年の集大成であるインカレ直前の試合である秋関。8月末にかけて行われた夏合宿での努力を見せる絶好の機会において大会で好成績を残した。


R3×40には中口(スポ4)、阿部(スポ4)、町田(商2)が出場した。シーズン中行われた試合で毎回優勝をものにしている町田。膝射を2位で終え、伏射に臨むものの、伏射の1シリーズ目以降からは首位を独占し445.3点でシーズン4連覇を果たした。試合序盤は6位と出遅れたもの、立射の終盤において10点台を連続で叩き出し見事、2位に浮上した中口。シーズン中で最も良い成績の準優勝を成し遂げた。優勝をあと一歩のところで逃している阿部は夏合宿時に貰った色々なアドバイスをもとに銃のセッティングを試行錯誤する中で今大会に臨んだ。「本選では時間に余裕があるものの、ファイナルは時間が決められている。時間内に自分の姿勢が作り上げられなかったため弾が当たらなかった(阿部)」。膝射を首位で終え、迎える立射。試合当日は風が吹いていた。風読みを普段行わない阿部にとって、風が障害となった。膝射を2位で終え、立射に臨むものの風の影響でうまく銃を操ることが出来ず、最終順位を4位で終える。インカレに向けて最終調整を行い、念願の優勝に向けて意気込みを語る阿部の姿があった。


膝射を行う町田


伏射を行う阿部


立射を行う中口


BPDS60Mでは表彰台をめぐり、白熱の同志社対決となった。出場選手は工藤(商4)、佐藤(スポ3)、山口(グロ地1)だ。今シーズンに入って優勝を逃している佐藤は初のタイトル獲得に向けて試合中に意識することを変えた。シーズン中は優勝を第一に考えて試合に臨んでいた。しかし、今大会では呼吸に意識を置いた。1シリーズ目で5位と出遅れる。「呼吸だけを意識したら弾がはまった(佐藤)」。彼の言葉通り、3シリーズ目以降は弾を的の中心に当て続け首位を誰にも明け渡すことは無かった。最終スコアを231.9点とし優勝を勝ち取った。一方、2位、3位争いは主将・ルーキー対決となった。試合中、準優勝を巡るシーソーゲームを繰り広げる。終盤に差し掛かると2位をキープしていた山口は思うようにスコアを伸ばすことが出来ず、工藤が2位に浮上。両者の点差は広がりを見せ、工藤がゲームの勝者となり主将としての意地を見せつけ準優勝を成し遂げた。


表彰式後の佐藤、工藤、山口(左から)


今大会、1番の盛り上がりを見せたのはMIXD TEAMのファイナルだ。各校、男女1名ずつでペアを組み2人の合計得点を争う。同志社からは柴原(経1)、饒平名(スポ1)のルーキーコンビが出場した。試合序盤から他校の声援が会場に響き渡り、会場のボルテージはマックスとなる。声援に対し、緊張する場面を見せる2人の姿があった。柴原は競技中、自身の射撃に納得がいかず首をかしげる場面が多く見られた。3シリーズ目までを2位とすると、4シリーズ目以降はルーキーコンビが奮闘を見せる。的の中心に弾を集め、10点台を連続して叩き出し見事、1位に名乗り出た。以降のシリーズでは立命大のペアと首位をめぐる攻防が続き、僅か0.1点差で最後シリーズを迎える。優勝をきめる最終発。的の中心から少し弾を外してしまい482.8点で2位に終わる。試合終了後、饒平名の目には涙が浮かんでいた。結果に関して饒平名は「準優勝でうれしい気持ちの反面、柴原のおかげで2位になれたのかなと思っている。柴原には感謝しています」と語った。対する柴原は「饒平名と初めてMIXDチームを組めて、準優勝は悔しかったけど何よりも楽しい試合になったなと思う」と話した。お互いの信頼関係が存在することで成立するMIXD。ルーキーコンビの固い絆が垣間見れた試合であった。


的に狙いを定める饒平名、柴原(左から)


主将・工藤が率いる同志社射撃部が残す試合は10月に行われるインカレが最後となった。女子団体は去年の屈辱を果たすべく女子団体総合優勝。男子は男子エアライフル団体出場、ピストル男子の上位独占だ。最後の大一番に向け、彼らの闘志の心が燃え上がる。(宇藤誌峰)


表彰式後の部員たち


~FINAL 結果一覧~

【女子】

50mライフル女子3姿勢120発競技

町田(商2) 445.3点 1位

中口(スポ4) 436.3点 2位

阿部(スポ4) 415.7点 4位


10mエアライフル立射女子60発競技

目羅(スポ1) 225.8点 3位

町田 204.5点 4位

中口 183.5点 5位

饒平名(スポ1) 162.5点 6位

阿部 142.1点 7位

西川(スポ2) 119.2点 8位


10mビームスピストルデジタル女子立射60発競技

足立 223.9点 2位

國松 200.4点 3位


女子団体総合優勝



【男子】

10mエアライフル立射男子60発競技

柴原(経1) 242.5点 1位


10mビームスピストルデジタル男子立射60発競技

佐藤 231.9点 1位

工藤 227.8点 2位

山口 206.5点 3位


【男女混合】

MIXD TEAM

柴原・饒平名ペア 482.8点 2位


10mエアピストル男女立射60発競技

佐藤(スポ3) 235.0点 1位

足立(スポ4) 203.5点 3位

國松(文情2) 163.6点 5位

山口(グロ地1) 144.2点 6位

工藤(商4) 97.5点 8位

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について