同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > リーグ初戦、快勝!:ラクロス部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
2019年度秋季リーグ開幕...
悔い残るも課題見えた
2連勝の裏に見えた課題[J...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
リーグ初戦、快勝!:ラクロス部
2019/08/21 HEAD LINE NEWS

関西学生ラクロスリーグ戦 (2019年8月18日)


8月18日、伊丹スポーツセンター(兵庫県)で行われた関西学生ラクロスリーグ戦。同志社にとってリーグ初戦となった今試合で、関西大学に8-4で見事勝利を収めた。いよいよリーグ戦が始まり、学生日本一の目標達成へ向け一戦も負けられない彼女たちの熱い戦いが幕を開けた。


試合前に気合いを入れるメンバーたち


厳しい日差しが土グラウンドに照りつける中、第1Qが開始した。同志社が初戦であったのに対し関大は2戦目。試合慣れした相手とあり、試合の立ち上がりに緊張感も高まる。試合開始のドローが上がった。DFスタートとなった同志社だが、ライドの粘りやチェイスでボールを取り返す。しかしなかなかシュートまで持っていけないまま8分が経過した。動かない試合をようやく動かしたのは同志社#45田中(心理4)だ。#3長瀬(法4)と動きを合わせ、長瀬のパスからシュートへ向かう戦術が見事成功し、先制点を奪取した。しかしすぐ相手に一点返され試合は振り出しに戻る。点差をつけたい同志社は田中が##10松下(経3)と再び合わせにトライするも、特点につながらない。その後もなかなかATのやりたいように攻められないまま、1-1の同点で第1Qを終えた。


同点で迎えた第2Q。ドローのファールでまたもDFスタートとなった同志社だったが、負けじとDFで取り返す。ゴール前まで持ち込むとリーグ戦注目選手にも選ばれた長瀬がファールをもらい、安定感抜群のフリーシュートで得点を追加した。さらにその後#14福地(経3)のドローを長瀬がナイスゲットすると、その勢いのまま福地にパス、福地の華麗なシュートが決まり、相手を引き離す。


シュートにむかう#14福地(商3)


このまま流れを掴みたい同志社だったが、その後ポゼッションを失い、DF陣が粘るも相手に点を決められてしまう。両者譲らぬまま時間が経過し、3-2で第2Qも残り僅か。もどかしい試合展開を打破したのは#11井田(スポ2)のナイスDFだ。相手のパスの隙を逃さずインターで奪い返すと、いち早くオフェンスに切り替えた#25村田(グロ地2)へパス、村田が持ち前のスピードで走りシュート。


DFを抜きゴールへ向かう#25村田(グロ地2)


ボールはゴールネットの際を突き、4-2の2点リードで第2Qを終えた。


2点リードから、どうにか差を広げていきたい第3Q。開始のドローからパスを繋げ、ゴール前まで持ち込むと長瀬の力強いシュートが決まり、幸先の良い後半開始となった。


一対一を仕掛ける#3長瀬(法4)


その後相手にボールを取られるが、田中の強いプレッシャーが効き再びポゼッションを取り戻すと、すでに2点をとった長瀬がまたもゴール前で仕掛け、巧みな一対一で今試合3得点目を挙げた。


得点を喜ぶ#45田中(心理4)と#3長瀬


ガッツポーズを見せる#3長瀬


相手に4点差をつけ流れに乗り出した同志社はここかからさらに相手を突き放し、力を見せつける。まずは村田がゴール前で攻め急ぐことなくシュートを打つか否かを判断、相手のファールを誘ってフリーシュートで一点を追加すると、今度は#12鎌田(商3)の持ち味であるクロス技術が光り、相手を惑わせシュート。一気に2点を追加し得点は8-2となる。第3Qも残り3分を切り、点を重ねていきたい同志社だったが、ここでクリアが不安定になりこれ以上の点差は広がらないまま、8-2の6点リードで第3Qを終えた。


このままリードを保ってリーグ初戦をしっかり勝ちきりたい同志社。いよいよ最後の第4Qが始まった。確実にドローをゲットすると開始すぐに村田、続いて谷山がシュートを打つも悔しくも外れる。ここで負けていられない関大の攻撃が始まる。同志社のミスから関大ボールとなると、相手のスピードに乗った鋭い一対一を止めることができず、失点を許す。同志社はここで焦りが見えたか、失点を取り返そうと何度もブレイクを試みるも、シュートミスやキャッチミスが目立ち、点は伸びない。追加点がないまま時間だけがすぎていく中、次第にDFにも焦りが見え、残り時間2分弱で何度もファールをし相手にフリーシュートを与えてしまう。二度のフリーシュートをキャプテン#2竹本(スポ4)がナイスセーブで持ちこたえたが、三度めには止めきれず、相手の追加点を許し得点は8-4。悔やまれる失点を取り返す間もなく試合終了の笛がなり、8ー4で試合を終えた。


試合後のメンバーたち


前回の練習試合では負けていた相手だったが、目標達成のためには絶対に負けることは許されなかった今試合。見事勝利を収めた同志社だったが、ATで今までやってきた戦術がうまくいった面もあれば、反省点や課題も多かったという。キャプテン竹本は、一週間後にあるリーグ第2戦では龍大に圧勝するため、ファールや時間管理を短い期間で改善していかなければならない、と試合を振り返った。また「日本一を目指しているのでリーグ戦の関西はただ単に第一歩でしかない。はじめのところなので、見くびらずに挑戦者としてどんどん勝ち進めて行って日本一になれるように頑張ります」と最後には自らも確かめるようにしっかりとした眼差しで固い決意を語った。

彼女たちにとっては、あくまでも通過点でしかない関西でのリーグ戦。悲願の全国制覇を果たすべく邁進する彼女たちの戦いは始まったばかりである。

(立入愛美)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について