同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 接戦制した:ラクロス部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
夢破れた全日本
限界に挑め!超トレーニングレース
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
接戦制した:ラクロス部
2019/07/28 HEAD LINE NEWS

関西Bリーグ (2019年7月21日)

721日に同志社大学京田辺キャンパスアメフト場で行われたBリーグ。近大と接戦を繰り広げ、6-5で見事勝利を収めた。


宮下(経2)のF.Oで始まった第1Q。開始わずか3分、自陣ゴール前で先制点を決められる。しかしその後すぐに安田(商3)が裏からの1on1を決め、同点に追いついた。その後も何度もシュートに向かうが、得点には直結せず、第1Qは1-1で終了した。


タイトなDFで相手にプレッシャーを与える田中広(経2)



同点からのスタートとなった第2Q。開始2分で橋本皓(法2)が左サイドからシュートを決める。またさらに2分後には山尾(スポ2)からのブレイクが橋本皓につながり、そのまま1on1で今試合2得点目を決めた。流れに乗った同大、勢いが止まることはない。開始10分では、安田が1on1で鋭い正確なショットを決めた。終盤には香月(政策2)が、左サイドからスタンシューを決める。第2Qは相手に得点させる隙を与えず、4点リードで終えることができた。


パスを出す松尾(経2)



余裕のあった第2Qから一転、第3Q序盤は相手のポゼッションが続く。開始4分、DFの隙をつかれ1on1で失点。その2分後にも1on1で追加点を許し、2点差に追いつかれる。この悪い流れを断ち切ったのは田中裕也(商2)だった。開始10分、ゴール前で右サイドからのスタンシューを決めきった。その後目立った動きはなく、6-3で最終第4Qへと突入した。


1on1でDFにつく田中裕貴(経4)



3点差で迎えた第4Q。開始2分、裏からの1on1で得点され6-4となる。予想外の失点に焦りの色が見え始める。シュートチャンスで決めきれず、グラボでも負けるシーンが多かった。焦りが負の連鎖を招き、試合終了間際にまたも裏からの1on1で追加点を献上。6-5で試合終了となった。


相手を振り切る藤本(文3)



快勝とはならなかったが、第2Qの大量得点によってBリーグ3戦目も白星をあげることができた。しかし次戦の相手は、今まで戦ってきた大学よりもさらにレベルの高い強豪校だ。一筋縄で勝つことは容易でないだろう。今回の試合で浮き彫りになった課題を修正して、次につなげたい。(小野真央)



#55/AT・橋本皓太

ー今日の試合の感想と反省点

後半で結構点数を取られた。前半の流れが良い時にもっと点数を稼げたと思う。

2得点決めた感想、試合中意識したこと

2Qからだったので勢いをつけようと思って、思いっきり行った。  

ー次への意気込み

後半の2校は力があるチームだと思うので、DFから回ってきたボールをしっかり決め切りたい。


#78/AT・安田遼矢

ー今日の試合の感想と反省点

1点目を早い時間で取れて前半の第1.2Qは波に乗ってATできた。1得点目を早い時間に取れたのが良かったと思う。

2得点決めた感想、試合中意識したこと

2点取れて嬉しかった。

ー次への意気込み

2校どちらもこれまで戦ってきた学校より強いチームだと思うので、次も早い時間帯に1点取って流れを寄せたい。今日の勝った試合の中でも反省点がいっぱいあると思うので修正してやっていきたい。


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について