同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 接戦制し、チーム一丸で掴んだ勝利!:ラクロス部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
岡山大に6点差で圧勝
ベスト16の壁破れず
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
接戦制し、チーム一丸で掴んだ勝利!:ラクロス部
2019/07/13 HEAD LINE NEWS

チャレンジリーグ (2019年7月13日)

713日、関西学院大学三田キャンパスグラウンド(兵庫県)にて行われたチャレンジリーグ第2戦で、関西学院大学に10-9で勝利した。

 雨の中土グラウンドで行われた試合は、最後まで勝負の行方が分からない、白熱した戦いとなった。


 1Q、試合開始のドローを相手に取られるといきなり先制点を奪われてしまう。1点ビハインドの状況で、点を取りたい同志社は、クリアに何度か手こずりつつもなんとかゴール前アタックまで持ち込む。念願のチーム初得点を決めたのは、#22山口(政策2)だ。相手の隙をつき、裏から一対一を仕掛けシュート。試合開始7分でようやく初得点を決め、試合を振り出しへ戻す。


先制点を決める#22山口(政策2)


しかしその後、ドローグラボを相手に取られるとその勢いのままにシュートを決められ、1点を返される。再度相手にリードを許した同志社だが、第1Q残り1分、ゴール前アタックのチャンスで、#5谷山(スポ2)がゴールの際を突くナイスシュートを決めると、残り30秒のノータイムで#44森(スポ3)も一対一を決め、連続得点に成功。3-2に逆転し、同志社1点リードで第1Qを終えた。


  このリードを守り切りたい第2Q、経験者の#25古田(経済1)がドローを自取りすると、先制点を決めた#22山口がスペースに切り込み、華麗にシュートを決めると、さらにその後ゴール前で得たフリーシュートのチャンスもしっかり決めきり、一気に2点を追加、5-2とリードを広げた。同志社優勢の試合かと思いきや、ここから関学大が反撃を開始する。フリーシュートで1点を返されると、ドローグラボゲットから一対一の流れで、二回連続相手に点を奪われる。一気に3点を失い5-5、試合は振り出しに戻る。その後持ち込んだゴール前アタックでは、アタック陣で丁寧にパスを回した後、最後は#44森がタイミングと相手の隙を見計らい、落ち着いて一対一を仕掛けてシュート。悪い流れを断ち切るも、前半残り時間わずかで再度失点し、6-6の同点で前半を終えた。


3Q、後半一発目に先制点を決めたのは、#5谷山だ。開始すぐにゴール前でボールをキープすると、バックシュートを見事成功させた。


バックシュートを放つ#5谷山(スポ2)


6-7で、再び1点リードをつくったも束の間。その後、相手に1点返され再び同点となると、同志社も取り返し8-7。そしてまたも相手が取り返すという、まさに1点を取り合うシーソーゲームが最後まで続き、8-8で同点のまま第3Qを終えた。


またも同点からのスタートとなった、運命の第4Q1点が大きな重みを持つ中、同志社はオフサイドの痛恨のミスから相手にシュートを決められると、さらに今試合3点を取り、大きく貢献した#22山口がチェイスで負傷、コートを去ってしまう。しかし、このままでは終われない同志社は、積極的な攻めの姿勢で#44森がフリーシュートを獲得。ここで確実にシュートを決め、9-9の同点となる。なんとしても勝ち切るべく、あと一点が欲しい同志社は、何度もゴール前アタックに持ち込み攻め続けるも、相手ディフェンスも粘りを見せる。それでも決死の思いでシュートに向かうと、相手のファールを誘い#25古田がフリーシュートの大きなチャンスを手にすると、ここで実に冷静な判断を下す。残り1分でフリーシュートを獲得した#25古田から、#44森へのパス。#44森は迷わずゴールへ向かう。そして残り時間30秒、得点は同点。ここでもう一度#44森がフリーシュートを獲得する。勝負の瞬間、チーム全員の期待を胸に緊迫した空気の中、#44森が勝利への快心の一撃を決め、同志社ベンチの歓声が上がる中10-9で勝利を勝ち取った。


最後のフリーシュート#44森(スポ3)


森のシュート後、メンバー歓喜


試合終了後、ベンチで喜び合う部員たち


試合後、チームを勝利へ導いた#44森は最後のフリーシュートについて、「巡ってきたチャンスやから、ここで決めるしかないと思った。すごく緊張したけど、決まってよかった」とその思いを振り返った。最後のシュートを決めた#44森だけではなく、メンバー全員の力で掴んだ今回の勝利。接戦を制したことで得た経験と感動を糧に、来たるリーグ戦でもチーム一丸となって、関西制覇に向かい突っ走って欲しい。(立入愛美)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について