同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 危なげなく西日本新人戦を優勝:レスリング部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
'19秋の展望「...
植村堂々優勝!
全勝優勝で1部昇格!!【ソ...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
危なげなく西日本新人戦を優勝:レスリング部
2019/07/07 HEAD LINE NEWS

令和元年度西日本学生レスリング新人選手権大会 (2019年6月30日)

62930日に行われた令和元年度西日本学生レスリング新人選手権大会が行われた。フリースタイル70㌔級で佐長拓未(スポ1)が優勝を果たした。4試合を戦い全て無得点に抑えた圧巻の優勝であった。しかし、佐長は「自分でプレッシャーをかけてしまっていたので全体的に固かったかなと思います」と振り返り満足している様子はなかった。


相手を追い込む佐長。


初戦から順調に勝ち上がり、決勝の相手は松山(徳山大)だった。序盤どちらもポイントを許さない均衡した状態が続いた。試合が動いのは130秒が過ぎた頃、相手が攻撃を仕掛けてきたところを冷静にかわし、バックを取りカウンターで先制に成功した。その後はタックルからポイントに繋げる佐長の得意な展開から点差を広げ、勝利を収めた。


決勝戦を勝利し笑顔を見せる。


どの試合もTフォール勝ち(フリースタイルの場合10点差がついた時点で勝利が決まる)で余裕の勝利を収めた。

「相手を見て、どれが苦手なのかとかパターンが前半でわかって後半の方中心に崩せて行けたのは良かったと思います」と収穫も得たが「今日は自分の試合展開に巻き込むまでに時間がかかってしまった」と課題を明確にし、勝利の質にもこだわる姿勢を見せた。


表彰式。


試合後、「西カレ、インカレ、天皇杯でメダル取りたいです」と目標を掲げた。西日本の新人王の座は偉大な功績を残す序章にすぎない。(赤地貴音)


試合を見守る仲間達。


オフショット(撮影・寶諸)


【試合結果】

グレコローマンスタイル

60㌔級

戸田勝己(生命2) 予備選敗退

フリースタイル

61㌔級

戸田勝己(生命2) 予備選敗退

70㌔級

佐長拓未(スポ1) 優勝

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について