同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 朝日大に敗戦で全国ベスト32止まり【卓球部男子】:卓球部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
'19ルーキー特...
3年ぶり、関西王者奪還!
'19ルーキー特...
全日本大会、東の壁破れず
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
朝日大に敗戦で全国ベスト32止まり【卓球部男子】:卓球部
2019/07/07 HEAD LINE NEWS

第89回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) (2019年7月6日)

7月4日から7日にかけてスカイホール豊田(愛知県)で行われた第89回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)。同志社は予選ブロック2位で決勝トーナメント進出を果たしたが、1回戦で朝日大に敗れた。この結果ベスト32となった。


予選リーグ第1戦の相手は松山大。1番手の永田(経2)がストレートで勝利するも、2番手の亀田(商2)が思うようなプレーができず0-3で敗北。決勝トーナメント進出が早くも危ぶまれる展開となる。それでもダブルスをきん差で勝利し流れを引き戻したが、4番シングルスは相手のエースに抑えられ、2-2の接戦となった。



流れを引き戻したダブルス



勝負を任されたラストシングルスは近藤(文情1)だった。チームの思いを背負いながらも、ルーキーながら堂々としたプレーを披露。3ゲーム連続で奪い、ストレート勝ちを収めた。



力強いプレーを見せた近藤



続く第2戦は昨年度王者の専大との対戦。強豪を相手に挑んだが、第1・2シングルスを連続で落とすとダブルスも勝利を逃す。1ゲームも奪うことができず、完封負けを喫した。この結果、同志社は予選ブロックを2位で通過し、翌日の決勝トーナメントへ駒を進めた。



レシーブする亀田


強敵相手に果敢に攻めた


決勝トーナメント1回戦。相手は朝日大となった。第1シングルス、矢野(文情3)が得意のサーブで流れをつかもうとするも、相手の粘り強さに対応できず。ラリー戦を制することができなかった。



サーブを繰り出す矢野



主将の松田(スポ4)が「勝負所」と語った第2シングルス。永田が巧みな返球で2ゲームを連取し流れを引き寄せたが第3ゲーム、20-20の激戦を落とすと一気に相手のペースへ。第4・5ゲームを連取され逆転負けを喫した。



序盤リードを見せた永田


接戦をものにすることができなかった



後がない同志社の命運はダブルスに託された。序盤から積極的なプレーで攻めたが、競った展開で勝利することができない。第3ゲームを9ー11で黒星を喫し、ストレート負け。全国への挑戦は1回戦で終わってしまった。



ダブルスも勝利を逃した



「ここ数年と比べると勝てるかもしれなかった」(松田)と語るように、東海の強豪・愛工大や、昨年度同大会で上位入りを果たした筑波大が1回戦の相手だった。2校と比べると格の落ちる相手となった今大会。実力を出すことができれば勝てる可能性もあっただけに、惜しい敗戦となった。


次に控える団体戦は秋季リーグ。4年生にとってはこれがチームで戦う最後の戦いとなる。「時間は少ないが、しっかりと調整して勝利を重ねたい」(松田)。豊田で味わった苦い思いを力に変え、松田組が集大成を見せつける。【上野孝輔】



〇試合結果

予選ブロック

・第1戦

1〇永田3-0長尾

2●亀田0-3河野

W〇永田・石脇3-2山本・河野

4●石脇1-3豊嶋

5〇近藤3-0

同志社3-2松山大

・第2戦

1●亀田0-3三部

2●永田0-3遠藤

W●永田・石脇0-3及川・三部

同志社0-3専大


決勝トーナメント

1回戦

1●矢野0-3金

2●永田2-3石城

W●永田・石脇0-3馬渡・増本

同志社0-3朝日大

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について