同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > ダブルス2位!朝田・山本がシングルス関西ベスト8入り【卓球部女子】:卓球部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
遠的女子個人で向下が全国優勝!!
リベンジ誓う
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ダブルス2位!朝田・山本がシングルス関西ベスト8入り【卓球部女子】:卓球部
2019/06/09 HEAD LINE NEWS

関西学生卓球選手権大会 (2019年6月2日)

5月31日から6月2日にかけて池田市五月山体育館(大阪府)で行われた2019年度関西学生卓球選手権大会。同志社からは朝田・塩見ペアのダブルスが2位となり、シングルスでは朝田(商4)と山本(商1)の2人が関西ベスト8ランクインを果たした。関西4位となった1年生の山本はリーグ戦での活躍に続いて大きな印象を残した。


広い会場で観客に応援される中でいくつもの予選試合が行われ、勝ち抜いたものだけが本選へと進んでいく。決勝まできたダブルスは苦手な関学が上がってきて一矢報いを狙ったが、優勝は厳しく2位という結果になった。慣れられても勝てるような技をなにかつくることが課題点であると朝田は悔しそうな表情をみせた。


サーブを構える塩見(商3)と主将の朝田(商4)


シングルスにおいては関西ベスト16に入ろうと至る所で熱烈な試合が繰り広げられた。だがそんな中、春季リーグでも大きく活躍をみせた塩見(商3)がシングルス16決定戦でまさかの敗退。相手の選手には今まで負けたことがなく、何度か戦ったことがあったが、ランク決定戦というプレッシャーがかかった試合を前に普段通りのの力を出せず怖さを覚えた塩見は涙ぐんだ。怖い思いを断ち切るぐらい自分に自信をつける、そのためにもたくさん試合をすると次なる試合に向けて「悔いはないがもっと強くなりたい」と塩見は自身を奮い立たせた。


予選を見事突破し、3日目の8決定戦を迎えた朝田と山本。朝田は先手を打ち1セット目を取るも相手に流れがいき、マッチセットとなる。しかし朝田は絶対とってやるという気持ちであきらめず相手の球を取り、粘り強さをみせた。めげずに果敢に攻めてくる相手に少してこずり体力を大きく奪われてしまうが、それでも長い7セットを終え、勝ち切り次なるステージへ。4決定戦ではリーグ戦でも戦い、勝つことができなかったライバルである関学大の宮脇と当たってしまう。長期戦となった試合の後で体力が残っていない上に足が重くコンディションは最悪の状態であった。プレッシャーなくガンガンきていた宮脇に対し朝田は圧倒されて自分のプレーができず、0-4でストレート負け。敵同志で戦っていた2人は卓球台を去るとただの友人に戻り、互いに笑顔で試合を終えた。結果5位でランクインを果たしているが、優勝を目指していた朝田はこれだけで満足せず、切り替えて次のインカレ、秋リーグに向けて頑張っていきたいと抱負を述べた。


体力奪われ疲れが見える朝田(商4)


ガッツポーズとともに吠える朝田(商4)


主将の朝田(商4)と宮脇(関学)


山本は1年生ながらに関西ベスト4位と上位にランクインし、リーグに続いて大きく活躍をみせた。準決勝まで上り詰め、主将の朝田が敗退した対戦相手・宮脇とあたる。他の選手と比べ物にならないぐらい重いボールに驚愕した山本。2セット目以降、相手は変化や感覚などに対応してきてどうやって点を取ろうか苦戦をする。気持ちが前に出ているのか、カットするもネットとオーバーミスが続いてしまう。そこからは相手に主導権握られ1-3で惜しくも準決勝敗退となってしまった。「素直にうれしいです」と嬉しそうな笑顔で山本は1年生という殻をぶち破き見事ベスト4にまで調達した。「負けた試合、勝った試合から学びや大きな改善点があると思うのでインカレまでにフォアカットやミスが多かったところを重点的にやって最高のパフォーマンスができるように練習していきたい」と次なる目標とともに今大会は幕を閉じた。


相手の球を素早く返す山本(商1)


勝利し笑顔あふれる山本(商1)


ベスト4位を果たした山本(商1)


今大会でシングルスでベスト8に2人がランクイン、また朝田・塩見ペアのダブルスは2位という成績を残した。期待の星である選手たちと共に朝田組はインカレ優勝を目指して関東に向けて再び出発する。(国本夕渚)


ダブルス朝田・塩見ペア


1年生で上位にランクインした山本(商1)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について