同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 今季2度目のサヨナラ勝利!!:硬式野球部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
創部史上初!女子団体優勝!
'19ルーキー特...
3年ぶり、関西王者奪還!
'19ルーキー特...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
今季2度目のサヨナラ勝利!!:硬式野球部
2019/05/14 HEAD LINE NEWS
京大200000000
同大100100001☓

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2019年5月13日)

513日に南港中央野球場(大阪府)で行われた、関西学生野球春季リーグ第6節対京大2回戦。先制され苦しむも、粘り強く一点ずつ返すと、最後はサヨナラ勝ちを収めた。これで、対京大戦は2勝となり、今季2度目の勝ち点を手にした。

 

試合終了後の杉内(法4)と四川(社3)


2戦目を勝ちきることができてチームにとってよかったし、成長できたかなと思いました。」(杉内)。振り返ってみると、今節と同様に、対近大戦、対関学大戦といずれも初戦を制してきた。だが、続く2試合で連敗を喫し、あと一歩のところで勝ち点を逃してきた。そして、迎えた今日の2回戦、苦しい展開を見せるも、チームは粘りと執念で己の課題を打ち破ってみせた。

 

5回まで直球で相手打線をねじ伏せた難波(社4)


初回、マウンドに上がった難波は一、二番打者を簡単に凡打に打ち取り、連勝に向け幸先の良いスタートを切ったかに思われた。しかし、続く打者に内野安打を許すと、四、五番に連続で長打を浴び、あっさりと2点を先制されてしまう。

その裏、同志社は工藤(文4)が四球を選び出塁すると、好走塁を見せる。「日頃から次の塁を狙うことを意識している。」(工藤)持ち前の俊足を活かし盗塁を狙うと、相手キャッチャーが悪送球。果敢な走塁が功を奏し、一気にホームイン。一点を返した。

ダイアモンドをかけぬいた工藤


さらに、4回裏。この回先頭打者の本間(スポ3)がヒットで出塁すると、犠打と3つの四球で同点に追いついた。

投げては、難波がランナーを出しながらも、ストライク先行を意識した投球で初回以降をしっかりと無失点で切り抜ける。「今までは中継ぎだったが、今日は先発だったので試合を作ろうと思って投げた。」6回表、ここまで力投を続けてきた難波に変わって村居(スポ4)がマウンドに立つ。ここから同志社は怒涛の継投を見せる。ランナーを出すも危なげなく無失点での好投。7回に西村(法2)が登板し、三者凡退に抑えると、8回、好調のルーキー道端(法1)も3人で攻撃をストップ。9回には、仲野(法3)がマウンドを任されると、打者を圧倒する投球でこの回も三者凡退に切って取った。勝負は9回裏の攻撃に託された。

 

澁谷監督からアドバイスをもらう四川


9回裏、幸運にも打順は一番から始まるが、一番、二番が連続でアウトを取られる。それでも、続く四川が出塁すると、さらに盗塁を決め2死二塁とする。この場面で打席に入るのは今節から四番を任されている主将・杉内。「今日これは(サヨナラ)あるなと思いました。」追い込まれてからの4球目振り抜いた打球は二塁への内野安打となり、その間に四川がホームイン。主将のバットが今季2度目のサヨナラ勝ちを呼びこんだ。

 

帰還した四川


今季も残すところあと一節となった。迎えるは最大のライバルである立命館大学だ。杉内は「調整して同立戦に向かうのではなく、1つレベルアップして迎えたい」と最終節へ向けての気合は十分だ。(本記:川瀬 蒼、撮影:岡本 莉奈、大石きらり、水納愛美)


スタメン

スタメン

(一)小川晃 (商3)

(二)工藤 

(三)四川 

(四)杉内 

(五)山内 (法3)

(六)栗林 (スポ3)

(七)片岡 (経3)

(八)本間 

(九)難波


バッテリー

難波、村居、西村、道端、仲野ー栗林




同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について