同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 第109代山本組、始動!:ラグビー部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
サーブル男子女子ともに王座...
2部残留の行方は次試合へ[...
唯斗へ~母の思い~
松川桃子・辻中亜季
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
第109代山本組、始動!:ラグビー部
2019/04/21 HEAD LINE NEWS

関西大学Aリーグ春季トーナメント (2019年4月21日)

4月21日に関西学院大学第2フィールド(兵庫県)にて関西大学Aリーグ春季トーナメント1回戦が行われた。相手は昨年の秋リーグで逆転負けを喫した関西学院大学。だがその雪辱を晴らすように69-0で完勝。第109代山本組は最高の形でスタートを切った。


序盤はオフサイドやノックオンなどペナルティーを連発する場面が多々あった。だがセットプレーでは同志社が圧勝。特にスクラムは輝いていた。相手のファーストスクラムからターンオーバーに成功するとLO大熊(商3)、FL堀部(社4)が敵陣22mまでボールを持ち込む。左サイドのWTB西村(法2)が、大外にいたFL中尾(政策3)へナイスパスを繰り出すと、そのまま先制トライ(5-0)。2019年度の紺グレ1号は昨年と同様、中尾の一発となった。


今年も紺グレ1号となった中尾


だが同10分、苦戦を強いられる展開に。関学大のインゴール前のラインアウトからのモールは守り切ったが、その後も関学大に素早いラグビーに翻弄させられた。だが迫り来るアタックを同志社FW陣がインゴールエリアへ寄せ付けなかった。7分間耐え抜いた同志社は、関学大の反則でペナルティーキックを獲得。「固いディフェンスをしてくるチームなので強いプレーで攻めた。例えば縦のプレーや、前に出るプレーを試合から意識していた」(CTB古城(スポ4))。敵陣22mのラインアウトから古城がアタックかわし、懸命にゲインし続けると、横から走り込んできたCTB江金(経4)がトライを決めた(12-0)。


トライを決めた江金と喜ぶ人羅(社3)


その後もFWの活躍が輝かしかった。NO8服部(スポ4)のボールキャリー力、堀部の突進で同志社はみるみる関学大を攻め込んだ。そしてHO橋本(商4)、PR栗原(経3)、大熊が続けてトライに成功。FW陣がフィールドを駆け巡った。前半を終え33点差とし、後半へ折り返した。


激走を見せた栗原


続けてトライを決めた大熊


後半開始直後は拮抗した展開が続いた。「激しいディフェンス、ディフェンスの上げが早い」主将・WTB山本(商4)が語っていた関学大の印象がまさに的中。前半と比べ攻め込めない時間が続いた。だがそれをぶち破ったのが途中出場の山口(社2)だった。後半9分、ハイパントからキャッチしたボールを持ち去りハーフライン付近から独走(40-0)。悪い流れを断ち切った。


また同15分、中央でボールを受けた江金が一度相手ディフェンスに捕まり倒されるも、再び立ち上がり迫り来る相手をかわして一気にインゴールへと駆け抜け、本日2個目のトライ(45-0)。まだまだ止まらない。西村と入れ替えで出場した同じ東海大仰星出身のWTB和田(文情2)もトライを決める(52-0)。また和田は同26分、インターセプトされたボールでカウンターをしかけた関学大のバックスへ鋭いタックルを突き刺し、失点を許さなかった。


本日2回のトライを決めた江金


攻守共に万能の和田


同29分、関学大のノットロールアウェイによりインゴール前でマイボールスクラムを獲得すると、そのままFWがモールを形成。服部が持ったボールはそのままインゴールへ入った(57-0)。その5分後、SH桑山(政策3)の好走で再びトライが決まる。最後はFB南野(商4)の激走でインゴール前まで持ち運ぶと、主将山本へとパスを繋ぎ、とどめの一発を決めてノーサイドとなった。


途中怪我をするも、最後まで活躍を見せた桑山


南野が自陣深くから一気にゲイン


山本のトライに喜ぶ選手たち


見事関学大を無失点に抑え、1回戦を突破した。アタック、ディフェンスどちらにおいても積極的なプレーを展開した。「前に出るということはずっとやってきていたことなので。自分たちのプレーに集中して、それらが上手くいったから、また自分たちのプレーを積極的に出来てきたのだと思う」(山本)。

また、フォワードの活躍ぶりが光った。昨年課題であったセットプレーだったが、スクラムでは計4回のターンオーバーに成功。「HO橋本主体に、マイボールの時は押し込んでペナルティーを取っていく、相手ボールの時もマイボールにする勢いで普段から練習している」(服部)。FWで点を取る姿勢を大いにフィールドで表現して見せた。


関学大を圧倒したスクラム。次戦にも期待がかかる


準決勝の相手は天理大と摂南大の勝者だ。大差で勝利を収め、素晴らしいスタートを切った第109代ラグビー部、山本組。だが彼らの戦いの幕は切って落とされたばかりだ。(文責:川田翼、写真:上野孝輔、酒井華奈)




主将・WTB山本雄貴

――試合前のチームの雰囲気について

この前のセブンズと同様ですが、自分たちのやってきたことに集中しようと思っていました。特別相手が関学大だから、秋につながるからとかではなく、自ずといい雰囲気、そして集中力をもって挑みました。自分たちがやってきたプレーにだけ集中して試合に入りました。


――関学大の印象

激しいディフェンス、ディフェンスの上げが早いという印象です。アタック面では切ってくるアタック。縦に強い印象があったので僕たちも体を張って止めて、少しでも前に出てアタックとディフェンスをしようとしました。


――今日の試合ではアタックもディフェンスも積極的に見えたが

前に出るということはずっとやってきていたことなので。自分たちのプレーに集中して、それが上手くいったから、また自分たちのプレーを積極的に出来てきたのだと思います。


――チーム力がよく見られて取れましたが、主将として心がけていたことはありますか

アウェイという環境、そしてこの暑さ、そして公式戦ということで緊張や色々なハプニングがあると思うのですが、このグラウンドを田辺のグラウンドだと思ってプレーさせました。自分たちがやってきたことを思い出して、それをやったら勝てると思っていました。焦ることなくできたと思います。


――今日の試合に点数をつけるなら

75点かな。残りの25点は、序盤にペナルティーが多かったこと。FWが前に出てくれたのでスムーズにできたのですが、競る相手になってくるとトライをもっと取れないとピンチになると思いました。ですが今日はその分フォワードが取り返してくれたのですごく良かったと思います。ペナルティーは前の関大戦(4/14)でも多かったので、そこをどう改善していくかが今後の課題です。



副将・NO8服部綾

――試合前の雰囲気

みんな緊張していたけど、雄貴主導に1つに固まれていい雰囲気でした。


――相手の印象

去年負けているチームなので、どうしてもリベンジしたかった。チャレンジャーのマインドを持って、地道にコツコツやらないと勝てない相手だと思って挑みました。


――スクラムで勝つ場面が多かったが

橋本主体に、マイボールの時は押し込んでペナルティーを取っていく、相手ボールの時もマイボールにする勢いで普段から練習していました。今日の試合では、日々全部をマイボールにするつもりで練習してきた成果が出ました。


――「FWで点を取る」を目標にされていますが振り返って

スクラムで点を取れたし、FWでのトライが多かったので、自分の理想に徐々に近づいてきています。シーズンはまだまだこれからで、天理戦も京産戦もある。秋勝たないと意味がないから、今日の試合は通過点に過ぎない。自分たちの理想は全国大会で戦うこと、理想を高く持っていきたいです。



副将・CTB古城隼人

――今日の試合にどのような気持ちで挑んだか

去年の秋に負けている関学大だったのでチャレンジャーの精神を持って挑みました。新チーム初の公式戦だったので、しっかり勝つ気持ちでやりました。秋の組み合わせがここで勝つか負けるかで大きく変わってくるので、秋に繋げるという意味で、しっかり勝つことを意識してやりました。


――相手の印象

まだ新チーム出来たばかりで、お互い積み重ねがあまり無かったと思います。僕たちも練習し、積み重ねている部分があったのでそれを気持ちで実行するだけでした。結果として1月から積み重ねてきたものが少しは出来たのではないかと思います。


――アタックを振り返って

固いディフェンスをしてくるチームなので強いプレーで攻めました。例えば縦のプレーや、しっかり前に出るプレーを試合前に意識してやりました。FWしっかりと前に出てくれたのでバックスは取り切るという形で出来たと思います。


――BKのトライを振り返って

FWが前に出てくれて、ブレイクダウンでも良い形で前に出来ていたのでそれがスペースを生み出して取れたかなと思います。


――次の試合に向けて

一試合一試合成長しないと日本一になれないと思うので一個一個今日出た課題を修正していきたいです。秋につながる春シーズンにしたいので、その部分でしっかりと積み重ねていきたいと思います。



FL堀部直壮

――試合の勝因

練習した事がしっかりと出せた事と、全員がいい流れで試合をすすめられた事だと思います。


――FWの手ごたえ

FWはセットプレーとか、ブレイクダウンを重点的に練習していたので、そこで今日は圧倒できました。FWが前に出たらチームで前に攻めることができるので、これからも前に出ることを意識してプレーをしたいです。


――スクラムの手ごたえ

今日は全て自分達の形でできたので、レベルの高いチームと戦うときでも自分達のセットアップで出せるようにしたいです。


――次戦へ向けて

春シーズン始まったばかりですが、去年は春に勝って秋に負けてしまったので、今年は春から秋に繋げられるような試合をしていきたいです。


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について