同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 秋季リーグ6位[サッカー部女子]:サッカー部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
最初で最後の大舞台
3大会ぶりの関西準V!
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
秋季リーグ6位[サッカー部女子]:サッカー部
2018/11/18 HEAD LINE NEWS

平成30年度関西学生女子サッカー秋季リーグ順位決定戦 (2018年11月11日)

11月11日、同志社大学京田辺グランドにて行われた平成30年度関西学生女子サッカー秋季リーグ2部5位決定戦。同志社は京都文教大と対戦し0-3で敗戦を喫した。この結果により秋季リーグ6位で幕を閉じた。


本日のスタメン


秋季リーグの最終節を迎え、勝てば前季と同じ順位となる大事な試合。しかし、攻撃のキーパーソンである竹田が前節のイエローカードを受け、出場できずチームは攻撃に苦しんだ。

試合開始から立て続けにゴールを狙われ、あらゆる方向から攻撃を受けた。「相手の回すボールの後追いをずっとしていた」と監督が述べたように、自分たちのゲーム運びができずもどかしい時間が過ぎていく。そして前半15分、試合は大きく動いた。GK不動(スポ3)の手の届かない位置にミドルシュートを打たれ先制されると、続けて16分にもロングパスから追加点に繋げられ2分間で一気に2失点した。気を引き締め直し、再度攻防を続けるも21分に再び失点を許してしまった。そのまま前半は終了し0-3で試合を折り返した。

 

後半、ポジションを変えた菅田


後半からは菅田(文4)をハーフに上げ、ポジションを変えて挑んだ。

前半に引き続き、シュートの数は圧倒的に相手が上回っていた。しかし後半25分、菅田が隙を狙ってボールを奪い、ゴール前の鈴木(スポ2)に繋げた。鈴木のシュートは惜しくもゴールの左を外れ、点を決めることはできなかった。それからもチャンスをものにできず0得点で試合は終了。秋季リーグは6位に終わった。

 

仲間へ挨拶をする選手達


前季に比べると順位は落ちてしまったものの、課題ばかりではなかった。

「自分の中で課題を見つけて取り組んだシーズンでもあったのでチームとしては良かったと思う」(監督)。昨季と同じように怪我と戦う選手も多く、それぞれの課題を乗り越えながら試合を積み重ねていった。そんな中でも昨年に比べ、試合では自分たちの取り組んできたことが徐々に形に現れていき、選手達は「成長」を感じていた。

 

最後の試合後ミーテイング


この試合を最後に4年生が引退となった。

大学からサッカーを始め、様々なポジションで活躍してきた菅田は「このメンバーで一部昇格も夢じゃないのでいつか行ける日が来たらいいなと思う」と新チームに期待を込めた。そして、主将を務めチームを牽引してきた渡辺は、「自分たちが楽しいだけじゃなく、見ている人を楽しませるような、応援したいなと思ってもらえるようなチームになってほしい」と後輩に向けてメッセージを送った。

来季からは新チームが結成されリーグ成績更新を目指す。

チームは徐々にサッカー経験者の割合が増えており、チームの体質自体が変わりつつある。

そのサッカー経験者の実力をうまく引き出せるかが新チームの発展につながるだろう。

サッカー部女子の目標である1部昇格は後輩へ託された。(大石きらり)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について