同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 友野 GPシリ―ズ初の表彰台!!:フィギュアスケート部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
最初で最後の大舞台
3大会ぶりの関西準V!
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
友野 GPシリ―ズ初の表彰台!!:フィギュアスケート部
2018/11/18 HEAD LINE NEWS

GPシリーズ第5戦 ロシア大会 (2018年11月16日)

11月16日から18日にかけてモスクワで行われたグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア大会において、友野一希(スポ2)がGPシリーズ初の表彰台となる3位に入った。


日本から遠く離れた地で、日本のスケーター2人が世界を相手に戦い、そして人々を魅了した。2人は揃って表彰台に立った。1人は羽生結弦(ANA)。そしてもう1人は、友野一希だ。


ショートプログラム(SP)は4位につけていた。冒頭の4回転サルコーは回転不足になったものの大きなミスなくまとめ、フリースケーティング(FS)での逆転を狙った。



近畿選手権での友野(撮影:安本夏望)



友野の『リバーダンス』が始まる。1本目は4回転サルコーのコンビネーションジャンプだ。勢いよく踏み切り、オーバーターンで着氷する。それでも意地で2回転トーループをつけた。続くジャンプも4回転サルコー。2本目の4回転ジャンプは美しい文句なしの出来栄えで、加点もついた。勢いは止まらない。トリプルアクセルなどの高難度のジャンプを次々と着氷させ、全てのジャンプをまとめた。ステップは大観衆から手拍子を受け、世界でその存在感を示してみせた。


FSは156.47点、SPとの合計で238.73点となり自己ベストを更新。それでもまだ、伸びしろは十分ある。SP、FSを通じていくつかのジャンプで回転不足を取られた。オーバーターンとなったジャンプもあり、これらを修正すればさらに高い点数が望める。


何より注目すべきは、演技構成点(PCS)だ。これまで7点台が主だったPCSが、今大会では8点台がつくようになった。優勝した羽生を初めとするトップスケーターたちは、8点台を揃える。まだ点差はあるが、確実に彼らに近づいている証拠だ。



世界でもその存在感を示してみせた



「どん底から何度でも這い上がっていきたい」。スケートカナダ後の西日本選手権での言葉だ。今季は自らの手でGPシリーズの出場権を勝ち取り、「表彰台という高い目標に向かい、全力で挑みたい」と意気込んだ。しかし自身1戦目のスケートカナダは9位に終わる。「“シニアの洗礼”を受けた」。でも、そこで終わらないのが友野の強さだ。ここぞという試合で結果につなげる力は、皆が認めるものだろう。GPシリーズでの表彰台という“高い”目標を、ロシアの地で見事に実現してみせた。


世界を舞台に、鮮やかに友野が駆け上がっていく。どこまでも上へ、上へ。友野の挑戦は続く。(名倉幸)



※写真は近畿選手権のものを使用しています。また、友野選手のコメントは西日本選手権等のものです。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について