同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 関西リーグ終盤へ 近大に勝利:ラグビー部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
最初で最後の大舞台
3大会ぶりの関西準V!
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
関西リーグ終盤へ 近大に勝利:ラグビー部
2018/11/11 HEAD LINE NEWS

関西大学ラグビーAリーグ第5節 (2018年11月11日)

1111日に行われた関西リーグ第5節。秋とは思えない暖かさに、雲ひとつない青空が見下ろす鶴見緑地球技場。同志社は47-26で近大に勝利。選手たちは、晴れ晴れとした表情で試合を終えた。

試合に向けて集中する選手たち


同志社は試合早々、自陣でラックを組み攻撃を始めようとするが、ターンオーバーされ相手ボールとなる。自陣でのディフェンスという厳しい立ち上がりになるが、粘り強いディフェンスを繰り返し、突破を許さない。

前半6分、キックでスペースを獲得した同志社は、相手ミスによりラインアウトを得る。難なくボールを出しサイドに展開。ボールを受けた野中(社4)がハンドオフで突破し、中央でラックを組む。ボールを回し、平澤(神3)が潰れたところに中尾(政策2)がフォロー。そのまま中央を突破しトライ。キックも成功し、7-0と先制する。。

このまま優位に試合を進めるかと見えたが、前半10分に失点を許してしまう。右サイドに展開され、数的同等でディフェンスするも、タックルがはまらず、サイドに余った近大の14番がゲイン。一度は突破を止めるも、ボールを回され、ラインを破られトライ。7-7となり早くも追いつかれてしまう。

何とか突き放しておきたい同志社。両者譲らない展開が続いていた17分。近大のキックミスから相手陣地でラインアウトを得る。ボールを受けた古城(スポ3)が中央で1人をかわし、フォローに入ったのはファイアラガ(社2)。相手につかまれながらも押し切りトライ。14-7。関西リーグ初先発となったファイアラガが待望のトライを決める。

さらに35分に近大のノットロールアウェイからラインアウトを獲得。モールで押し切り平川(法4)がトライ。7-19として前半を終える。

パスを出す山口(商4)


後半が始まっても同志社は流れを渡さなかった。キックオフのボールを近大がノックオン。ボールを取った松野(政策3)が、サイドにパス。最後にパスを受けたファイアラガが相手ラインを突破。そのまま独走しトライ。26-7とする。

後半2分には相手ラインアウトからモールで押し込まれ、トライを決められるも、同志社の攻撃は終わらなかった。

11分には自陣ラインアウトからモールで相手陣地まで押し込み、左サイドへ展開。ラックから右サイドにボールを回し、松野のノールックパスを受けたのは永富(商4)。そのままフェイントで相手をかわし、中央でトライを決める。22分にも平澤の裏へのパスから、ステップで相手を振り切りトライ。永富はこの日2つ目となるトライを決める。

40-19とした同志社はさらに中尾のトライで追加点。後半終了間際に、自陣での相手ラインアウトから、ラックを重ねられトライを決められたが、結果は47-26。終始危なげない試合展開を作り、勝利を収めた。

スクラムで押す同志社FW陣


関西リーグも残り2試合となった。僅かに残された大学選手権出場の可能性はまだ消えてはいない(1111日時点)。怪我による主力選手の離脱もあるなか、ファイアラガなど、期待の選手の活躍は嬉しいことである。残りの試合も、選手たちの温かな笑顔が見られるようなものにしてほしい。長い冬が訪れないよう、熱い試合を来週も。(宮ノ原幸佑)




萩井監督

近大さんの強い接点になかなか良い展開に持ち込めなかったので、結構ハードな試合だったとは思うんですが、我慢強くアタックもディフェンスもし続けてくれたので少しずつ点差が離れていったのかなと思います。メンタル的な部分では負けているときも選手たちはやることをやってくれているので、残り2試合しっかりやるだけです。

(NO.8ファイアラガについて)パンチ力のあるラインブレイクで行ける選手でしたので、良いインパクトのある選手として先発で良い形で期待に応えてくれました。



主将・山口修平(商4)

ーー萩井監督から強い接点になかなか良い展開を持ち込めなかったとコメントいただきました。実際に選手としてはどうでしたか

近畿大学さんはフィジカルで戦ってきて、そこで勢いに乗ってくるチームだとわかっていたんですが、そこのくる部分に対して押し返すのではなく受けてしまい、今日みたいな受け身なディフェンスをしてしまいました。次節の大阪体育大学さんもフィジカルで戦ってくるチームなので、そこはフィジカルで負けないように今週1週間やっていきます。


ーー今試合、ファイアラガ選手や永富選手のトライで盛り上がったと思うのですが、スタンドから「しゃべろ」という声も聞こえてきました。チーム内で静かな印象はありましたか

今日はなかなかゲーム中に選手たちの間でしゃべることができていなくて、ディフェンスの部分で横とのコネクションができていませんでした。ディフェンスを強みでやってきたので、また強みにできるように。


ーーアタックの部分は

FWが前に出てくれて、モールでもトライ取れましたし、今日はすごくFWに助けられたゲームでした。あとはサムエルに爆発してもらったので。


ーー残りの2試合

萩井監督の集合の時も言っていただいたんですが、周りの結果はコントールできないので自分たちのできることをもう一回やっていこうと。



CTB 永富晨太郎

ーー今日のアタックはどのようなことを意識されていましたか

相手が詰めてくることはわかっていたので、詰めてきたところを外へ頭越しに飛ばそうかなと思っていましたが、それはうまくはできませんでした。それでもWTBがつめてきて、しっかりかけてFWのところで前に出られたのでよかったです。前半後半でうまく修正できていたと思います。


ーー突破後の2枚目のフォローがうまくはまっていたように思います

ミーティングでもパスをしたらフォローに入ることは徹底して意識できていたように思います。攻撃のテンポはよかったと思います。


ーーMOMに選ばれた理由はなんだと思いますか

相手の陣地の深いところでうまくペナルティを誘えたと思います。個人としてはそこが一番よかったと思います。


ーー次戦に向けてお願いします

フォローに入ることはしっかりと続けて、前半後半での修正も続けて、しっかりと分析もしていきたいです。



FB 安田卓平(商4)

ーー復帰戦でした

なかなか練習できてくて、いいパフォーマンスはあまりできなかったですけど、その中でしっかり試合はできたので良かったです。


ーーキックの調子は

ケガをしたのが軸足だったので、キックもあまり練習できなかったです。これからしっかりキックも精度高めて練習していきたいです。


ーー最終ラインからのカウンターの場面が多かったが

関学の時は相手が蹴ってきたエリアが深くて、なかなかカウンターできるエリアじゃなかったのでキックが多めだった。

今日はみんながしっかりタックルで詰めてくれたので、相手のキック精度も少し浅くなって自分でいけるエリアだった。



LO 野中翔伍

ーーFWでヒットの局面が多かったと思いますがその中でどのような意識でプレーしていましたか

相手の内キープというかFWのキープがプラスもマイナスも悪かったので、しっかり内側から開けていく事が大切だという事をキーファクターにし、ダブルなどでしっかり入ろうと思っていた。


No.8 ファイアラガ望サムエル

――嶋崎さんの怪我で急なスタメン抜擢だったが

リザーブでもスタートでもやることは大して変わらないので、思いっきりいって楽しもうという事を一番に思って試合をプレーしました。


――何度も相手に捕まりながらもゲインをしましたが、調子のほうは

特には変わらなかったです。FWが頑張ったらBKも取ってくれるので、とりあえず目の前の相手だけを考えて、思いっきりやるだけだと思っていました。


――トライを取った状況、気持ちについて

自分でもそんなに抜けるとは思ってなかったです。抜けてトライする間までは正直あまり覚えてないですけど、ボールを置いてから「トライしたんやな」と感じました。


――試合全体を振り返ってみて良かった点

相手は勢いに乗らせたら怖いチームなので我慢して、相手のペースにさせないようにするのが一番だったので相手を抑えられた点は良かったです。相手のトライとかもあったのですけど比較的我慢はできていて、自分らのペースでできていたと思います。


――ほとんどフル出場であったがその中で見つけた課題

課題はまずディフェンスです。ディフェンスではまだ前に出れていないのでどんな相手でも、2人で返せるようにまずは自分が低く入れるようにしたいです。


――次回も活躍が期待されますが次戦に向けて

怪我した子が復帰するか分からないですけど、スタートであってもリザーブであっても、とりあえずは楽しんで思い切ってやりたいです。



LO松野泰樹(政3)

ーーターンオーバー、ラインアイト共に今試合の手応え

相手の今までのプレースタイルを分析した上でしっかりと戦略を立ててから今回も挑んで、想定していた通りのプレーだったのでいい感じで出来たと思います。


ーーDFとしての手応え

個人的には、抜かれてしまう場面もあり課題が見つかりました。ゲインされたあとで直ぐに戻れていない点も今後の課題です。


ーー負傷により早めの出場となったが

今週は特にRe.の準備の所をチームとしてこだわっていたので、そのへんは問題なく出来ました。


ーー試合中のコミュ二ケーションは

外からの声も出ていたので、特に問題もなくコミュ二ケーションを取ることが出来ていました。


ーー残り二戦への意気込み

選手権出場に関しては、他力本願になってしまうのですがしっかりと自分たちの準備をして2勝をして望みにかけたいと思います。



FL 中尾泰星

ーーこの試合の接点でのプレーを振り返って

最初に相手の圧力で少ししんどい部分もあったんですけど、自陣で我慢しながらDFできたんでそこで慣れたというか。モールとかもトライで相手を圧倒できたのでそこは自信になったんですが、試合終盤は逆にコンタクトの部分で引いてしまって相手にやられたので、最後まで持つ接点の強さは課題だと思います。


ーーラックの上を越えた先制トライ

僕はあんまりああいうプレーはしないのですけど、あの時だけは前が見えたので。(電車の中でああいうプレーを見ていて、これ真似できるかなと思って。)そのままやったらイメージ通り出来てうれしかったです。


ーーラックサイドのDF、タックルはどういう意識で

チームとしては一戦目、二戦目の試合はあそこで受けてしまったので、そこでしっかり全員であげるというのを立命大戦から意識してだいぶFWでは激しくいけました。そこはレベルが上がってきてると思います。僕自身体が小さいから、近場で上にタックルいっても食い込まれてしまうので、とりあえず低く相手の足首に刺さる。二枚目の方に当てて返してもらって、僕は何回もそこでタックルいけるように意識して、今回もできたと思います。


ーー二連勝、チームの勢いや雰囲気は

最初の方は負けてしまったんですけど、そこで次の試合へと一戦一戦切り替えていけていると思うので、もう一回次の試合のためにいつも通りの準備をして、同志社らしいラグビーをしたい。他力じゃないと(選手権に)いけないという部分はあるんですけど、僕らは僕らのラグビーをやっていきたいと思います。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について