同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 関カレ開幕!(1日目):フェンシング部
関西大学ラグビーAリーグ
武庫川女大に粘り勝ち!3-...
悔い残る5位
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
関カレ開幕!(1日目):フェンシング部
2018/10/14 HEAD LINE NEWS

関西学生フェンシング選手権大会 (2018年10月10日)

1010日から14日にかけて山崎町体育館(京都府)にて行われる関西学生フェンシング選手権大会。初日は男女個人フルーレの予選、決勝が行われた。渡辺(文3)、加藤(商1)共に予選通過、篠原(商3)は去年の成績からスーパーシードを獲得し、本戦からの出場となった。



  予選を32敗で突破し、本戦に挑んだ。初戦、相手にポイントを入れさせず15-3で圧勝。続く2回戦も終盤相手に追い上げられるも15-11で勝利した。

  順調に勝ち進み、迎えた3回戦。連続ポイントを入れられ、点数を追いかける展開となった。攻めの姿勢で相手のカウンターを狙うが、逆転することはできなかった。「もう少し頑張れた。」と悔しそうに唇を噛み締めた。



得点を入れガッツポーズ見せる渡辺





 

  スーパーシードを獲得し、2回戦から出場した篠原。序盤テンポよくポイントを入れ、試合の流れを掴んだように思われた。しかし、終盤で相手の怒涛の追い上げで9-15。悔しくもベスト32に終わった。「本職エペで優勝したい。」と意気込みを語った。



攻める篠原 


 ベスト4以上を目標に日々練習に取り組んできたという加藤(商1)。12回戦を快勝し、ベスト8をかけた対戦に挑んだ。相手は高校の先輩であり、日本代表選手だった。序盤から連続ポイントを奪われリードを許した。しかし加藤は冷静だった。相手の隙を狙い、着実に点数を重ね同点に。このまま勢いに乗りたい加藤だったが、粘りを見せることができず13-15で敗北。ベスト16で個人戦を終えた。「シンプルに悔しい。もっと技のレパートリーを増やして最後まで粘り強く突ききれるように頑張りたい。」と今後の目標を語った。12日に行われるフルーレ団体戦で春季リーグで敗れた愛知工大にリベンジすべく闘志を燃やす。(雄島未来)


 相手を突く加藤

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について