同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 団体戦、西日本ベスト4!:バドミントン部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
全日本フィギュア篠崎3位
立命大に快勝し、秋リーグ準優勝!
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
団体戦、西日本ベスト4!:バドミントン部
2018/09/11 HEAD LINE NEWS

第58回目西日本バドミントン選手県大会 (2018年9月5日)


9月5日、瀬戸町体育館(岡山県)にて行われた第58回西日本学生バドミントン選手権大会団体戦2日目。2日目は宿敵龍谷大との対戦。結果は0-3で無念の敗退となった。これにより同志社は西日本団体戦ベスト4が決まった。


団体戦準決勝ともあり、一段と応援の声が高まると共に彼女たちの熱意もさらに高まりを見せていた。


第1シングルスは1日目の団体戦で大活躍だった長町(商2)が出場。強気な心を忘れず、相手の隙を狙い点数を重ねたが1ゲーム目は21-15で白星を奪われた。2ゲーム目。5-5まで接戦を繰り広げた。しかし相手のライン際を狙ったショットやミスの少ないプレーに打ち勝てず9-21で敗戦した。


シャトルを追いかける長町(商2)


第2シングルスは主将・貴虎(神3)が出場。1ゲーム目は先制点3点を取得し一歩リードした。その後もゲームの主導権を握り、後半でも先制点8点を取得した。(21-11)その後2ゲーム目は接戦となり惜しくも18-21で白星を逃した。3ゲーム目では、ネットやアウトのミスが続いた。粘り強い姿勢を示すも12-21で龍谷大に白星二つ目を許す。


ガッツポーズをする貴虎(神3)と応援をする選手たち


次いで第1ダブルスは長町・長丸(文情2)組が出場。1ゲーム目前半では互角の戦いであった。しかし15-14のあたりから相手が確実に点数を重ねてきた。19-21と惜しくも敗戦した。2ゲーム目でも果敢に挑むもミスも多くなり14-21で龍谷大が勝利した。


左:レシーブを打つ長町と右:シャトルを構える長丸(文情2)


同志社は西日本ベスト4で幕を下ろした。昨年の団体戦ベスト16を上回る結果ではあるものの彼女たちの顔はどこか悔しさの残る表情であった。主将・貴虎は「目標は優勝だったので悔しい。自分自身、取れるところで落とした場面もあったし課題が見えた。今回の龍谷大戦を終えて、もっと頑張らなければ目標だけで終わってしまうと実感した。」と胸の内を語った。



集合写真


今回も最大の壁である龍谷大を超えることはできなかった。しかし西日本ベスト4という結果を踏み台にし今後もチームで戦っていく。西の女王に輝く日まで彼女たちの闘志は冷めやらない。(麓美咲)


○試合結果詳細

S1 長町(商2)★0(15-21,9-21)2

S2貴虎(神3)★1(21-11,18-21,12-21)2

D1長町・長丸(文情2)★0(19-21,14-21)2



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について