同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 昨年王者に一歩及ばず:バスケットボール部
大学アイスホッケー交流戦
主戦力欠けて厳しい大会に
勝てぬ夏学、日本一に暗雲
'18夏の展望「...
'18夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
昨年王者に一歩及ばず:バスケットボール部
2018/06/20 HEAD LINE NEWS

第68回西日本学生バスケットボール選手権大会男子 (2018年6月7日)

6月7日にエディオンアリーナ大阪にて行われた第68回西日本学生バスケットボール選手権大会5回戦、対東海大九州。同志社は84―88で敗北を喫した。


試合開始


去年、西日本インカレで優勝を果たした東海大九州。格上相手の1戦となった。第1Q、主導権をにぎったのは同志社だった。古村(商3)、田邉(商3)を基点にインサイドを攻め、得点を取っていく。1Q終了時点で6点のリードを奪った(20―14)。しかし、王者は簡単には崩れなかった。第2Q、相手のスリーがことごとくリングに入り始め、一気に流れを奪われる。打開したい同志社だったが、1度傾いた流れを戻すことはできなかった。残り2分で逆転を許し、7点ビハインドで第2Qを終了した(39―46)。


基点となった古村


  第3Q、田邉が獅子奮迅の働きを披露する。「自分がやらなきゃという意識があった」。放たれたシュートはことごとくリングを通過。第3Qだけで14点を叩きだした。勢いに乗った同志社は2点差に迫った。(64―66)。

  第4Q、下田のファストブレイクで逆転に成功する。しかし、相手も負けじと点を決め、流れを渡さない。その後、一進一退の攻防が続いた。残り、14秒で2点ビハインド。最後田邉が放ったシュートは無情にもリムにはじかれ、試合は終了した。


シュートに持って行く田邉

敗れはしたが、課題は見つかった。「ディフェンスで相手のすきなようにされたのでそこが今後の課題」。次の舞台は秋のリーグ戦だ。目標とするインカレ出場へ、ディフェンスの改善が求められる(宇佐美義人)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について