同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 西日本大会、晴れない3位:相撲部
全日本学生RCS第4戦白馬...
’18ルーキー特集「サッカ...
'18ルーキー特...
快挙!関西ランカー輩出!
全国大会3位!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年6月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
西日本大会、晴れない3位:相撲部
2018/06/09 HEAD LINE NEWS

第92回西日本学生相撲選手権大会 (2018年6月3日)

6月3日に堺市大浜公園相撲場(大阪府)で第92回西日本学生相撲選手権大会が行われた。同志社は団体戦で3位入賞を果たしたものの、昨年と同様に近大と九情大から勝利を奪うことは出来なかった。個人戦は主将北村祐(社4)の3回戦進出が最高位となった。

 

団体戦には先鋒田中(法3)、二陣北村祐、中堅トゥルトクトホ(社3)、副将村上(社1)、大将竹林(スポ3)で挑んだ。

1回戦では金学大と対戦。先鋒田中は立ち合い勢いよくぶつかったものの、相手の技術を見せられた。左にかわされて、突き落としで黒星となった。何としてでも流れを掴みたいところ。二陣北村祐はしっかりとぶつかり押し出しで勝利した。つづく中堅トゥルトクトホは一度土俵際まで攻め込まれるも、粘りを見せて押し出しで勝利した。副将村上は一度相手のまわしを取ったものの、攻めきれずに寄り切りで黒星となった。勝敗は大将にかかった。その圧を感じさせることなく、冷静に相手を見て引き落とし勝利した。



主将北村祐


相手を攻めるトゥルトクトホ



第2回戦では今大会王者近大と対戦。先鋒田中は立ち合い直後から左であいてのまわしを掴んだものの、力の差を見せられ敗北した。つづく二陣北村は寄り切りで敗北となった。中堅トゥルトクトホは同学年選手谷岡(近大)と対戦。相手の押しの技術に敵わず黒星となった。副将、大将も強さを見せつけられ0-5で敗戦となった。

 

第3回戦で朝日大と対戦。ここでは先鋒から強さを見せつけて5-0で快勝した。

第4回戦では強豪九情大に挑んだ。先鋒田中は立ち合いから攻めたものの、相手の力に及ばず押し出しで黒星となった。二陣北村祐は立ち合いで下から攻めるも、そのまま小手投げで敗北した。つづく中堅トゥルトクトホがすくい投げで敗北した。1つでも星を奪いたいところだったが、副将村上は片方のまわしを掴まれそのまま寄り切られた。相手の流れを止めることが出来ずに0-5で敗北した。

 

第5回戦では立命大と対戦。ここまで同志社2勝、立命大1勝で勝数は上回っていたが得点が両者8点と、この対戦に入賞がかかっていた。「(入賞がかかっている試合)ということは特に考えていなかった、そこを意識したら固くなる。一番、一番に集中した結果が良かった。」と主将北村祐は振り返った。先鋒田中が押し出しで勝利すると、二陣北村祐はそれに続き強い当たりで一気に相手を押し出した。中堅トゥルトクトホも相手を圧倒する突きで白星を挙げた。その後副将村上が押し出しで勝利、大将竹林が黒星となったものの4-1で入賞を決めた。

 結果3勝2敗12点で3位入賞となった。



表彰式終了後の選手たち



個人戦ではC組に出場した北村祐が3回戦に進出した。3回戦では団体戦でもあたった瀧(近大)と顔を合わせた。勢いのある立ち合いで攻めるも、一気に土俵際まで攻め込まれて送り出しで黒星となった。

 

団体戦、同志社は西日本3位入賞を果たした。しかし西日本優勝を目指して挑んだ今大会、この順位を「最低限の順位、全然満足していない」と北村祐は厳しく振り返った。昨年も立ち憚った近大・九情大という2枚の壁を、悔しくも今大会も崩すことが出来なかった。「(近大、九情大は)しぶとい相撲を取っている。(2校には)粘り強さがある、これが抜けている」と北村祐は2校との差を感じていた。

7月には西日本選抜大会が控えている。この1か月間で彼らは近大・九情大を崩す力と技を物にしていく。主将北村祐にとっては最後の西日本大会、部員全員で王座を奪いにかかる(中村有希)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について