同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 追い上げ及ばず惜敗:硬式野球部
第96回関西学生サッカーリ...
関大に惜しくも敗北
10得点で大勝。秋季リーグ...
選手コメント
西谷監督へのインタビュー
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
追い上げ及ばず惜敗:硬式野球部
2018/05/15 HEAD LINE NEWS
関学大002300000-----5102
同大010000021-----4101

関西学生野球春季リーグ (2018年5月12日)

5月12日に南港中央野球場(大阪府)にて行われた関西学生野球春季リーグ第6節対関学大2回戦、同志社は4‐5で敗れた。逆転優勝へ向け背水の陣で臨んだが、ゲーム前半での失点が響き、あと一歩及ばなかった。


福原(政策4)の強烈なライナーが三塁手のグラブに収まり、3時間近くに及ぶゲームが終わりを迎えた。悔しさをかみしめながら整列する選手たち。リーグ優勝の可能性は絶望的となり、彼らの足取りは重かった。


前日同様、先制に成功した同志社。この日も主導権を握るかと思われた。しかし先発の福島(法4)が流れに乗れない。3回表、2四死球でピンチを背負うと、3番姫野(関学大)に適時二塁打を許し同点に追いつかれる。序盤から制球が定まらないエースは被安打1も4四死球で交代を告げられた。


苦しい投球となった福島。


代わった難波(社3)も流れを止められない。併殺崩れの間に1点を献上すると、4回には4安打の集中を食らい3失点を喫した


難波⑱も関学打線に捕まった。


打線は関学大の先発・黒原の前に沈黙した。「点を取られた後の攻撃が雑だった」(前田)。逆転されて以降はわずか2安打と攻略の糸口をつかめないまま、ゲームは終盤を迎えた。


8回裏、今季幾度となく見せてきた粘りで追い上げを図る。先頭の代打・工藤(文3)が自慢の俊足で内野安打をもぎ取ると、福原と森田(法4)が安打で続き、無死満塁のビックチャンスを作り出す。続く西林(政策4)と前田(商4)は内野ゴロに倒れるも三塁走者が生還。2点差に詰め寄る。


このままでは終われない。最終回も先頭の代打・小川晃(商2)が右翼線へ二塁打を放ち、チャンス到来。続く辻(商4)も安打でつなぎ同点の走者となった。1死一、三塁となり途中出場の四川(社2)が犠飛を打ち上げついに1点差。9回裏2死一塁で迎えるは、4番福原(政策4)。平行カウントからの5球目、鋭いライナーは無情にも三塁手のグラブに吸い込まれた。反撃はここまで。3,4回での失点があまりに痛かった。「工夫して最少失点に抑えるべきだった。上手く後輩をリードできなかった自分の責任」(西林)。試合後、扇の要は自らのリードを責めた。


代打起用に応えた小川晃。


チームの大黒柱である福島はけがの影響で万全ではない。チームを救ってきた主将を救えるか。「俺」たちの真価が試されている。(本林大将)



スタメン

(三)辻

(遊)杉内

(一)越智

(左)福原

(中)森田

(捕)西林

(右)前田

(投)福島孝

(二)足立


バッテリー

福島孝、難波、栗田、村居、仲野―西林

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について