同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 関西大に快勝:軟式野球部
2018年度 関西大学バレ...
関西学生バスケットボールリーグ戦
今までで一番の夏をーーー
'18夏の展望「...
月1座談会 第5弾「縁の下...
課題見えた全日本ダート
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
関西大に快勝:軟式野球部
2018/05/15 HEAD LINE NEWS
関西大000000000-----0
同志社00100005×-----6

関西六大学軟式野球春季リーグ戦 (2018年5月10日)

5月10日に小田南公園野球場(兵庫県)にて行われた、関西六大学軟式野球春季リーグ戦第8戦。関西大との2戦目は6-0で同志社が勝利し、リーグ戦通算成績を8戦6勝2敗とした。



好投を見せた先発の田川(商3)



3回、この試合最初のヒットを1番・山本(スポ3)が放つ。続く3番・松井(商3)の打球でホームを目指すもタッチアウトされ、得点とはならなかった。塁に出た松井は盗塁を繰り返し、三塁まで進塁した。ランナーが出るも点が入らない。「自分の力でどうにかして点をいれなければ」と繋ぐ4番・松本(商3)は中適時打を放ち、同志社が先制をした。



得点に繋がるヒットを放つ松本



同志社の先制点以降スコアボードにゼロが並ぶ均衡した試合が続いた中、8回表、無死満塁で打席に立ったのは木崎(商2)だ。「最初の二球は狙っていた。三球目は短く持って当てに行った」という打球は右中適時三塁打となり、同志社は一挙に3得点した。この回、さらに2点を入れ、合計5得点のビッグイニングで関西大を突き放した。



適時三塁打を放つ木崎



リーグ戦も残り2戦となった。同志社らしく、泥くさく点を取り、全国大会出場への希望を繋げる。(阿辻ちはる)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について