同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 優決まであと1勝!:アーチェリー部
関西大学ラグビーAリーグ
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
立命大に敗北 2部残留決定
同立戦、粘りを見せるも2戦...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
優決まであと1勝!:アーチェリー部
2018/04/27 HEAD LINE NEWS

第53回関西学生アーチェリーリーグ戦 (2018年4月22日)

4月22日、関西学院大学にて行われた第53会関西学生アーチェリーリーグ戦第4戦。同志社は甲南女子大学と対戦し、グランドトータル3211-3101で勝利した。これによりリーグ通算成績4勝とした。


左から田中、石田、小川



前節とは打って変わって、太陽が照りつける中行われた第4戦。終始甲南女大の点数を気にすることなく、自分たちの力を発揮することに集中していた。徐々に調子を上げていく選手たちだったが、今大会で初めて50㍍ラウンドで30金が出なかった。しかし、そこからの追い上げがすごかった。30㍍ラウンドに入ると30金コールが飛びかった。


福持の30金コール



途中選手の交代が告げられる。残り2ラウンドのところでポストに立った椙村は「残り数回でチームのために自分のやるべきことをしないといけないと思った」と心境を振り返った。残された回数が少ない中で、自分の打ち方がなかなか出せず焦りを感じていた椙村だったが、9エンド目に30金をたたき出し安堵の笑みを浮かべた。「やったーというよりもよかったっていうのが大きかった。」やるべきことを成し遂げ試合を締めくくった。



30金をたたき出した椙村



「全体的にメンバーと応援の結束力が高くなってきたのが目に見えてわかってきた。メンバーチェンジがあった中でも元気よく対応できていた」と主将・田中が言うように、どんな状況でも声を掛け合い支え合っていた。

リーグ戦も優決まであと1戦のみとなった。優決への意識を高め、それぞれが自信を持って近大戦に臨んでほしい。(大石きらり)


以下詳細成績(50㍍トータル/30㍍トータル/グラウンドトータル)

1的 田中仁菜(スポ4) 302/337/639

2的 石田華野(法1) 298/346/644

3的 小川浩加(スポ1)288/318/606 30㍍9エンド目から椙村 

4的 安久詩乃(心理2) 309/348/657

5的 福持実佳(文情4) 320/345/665


リーグ通算成績4勝

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について