同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 課題を修正しインカレへ:アーチェリー部
関西大学ラグビーJr.リーグ
ピストル競技で堂々の2冠達成
課題克服へ
堂々のリーグ戦初マスク:西林幹貴
開幕スタメンに応える大活躍...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
課題を修正しインカレへ:アーチェリー部
2017/08/25 HEAD LINE NEWS

第57回関西学生アーチェリーターゲット選手権大会 (2017年8月25日)

8月6日から18日にかけて服部緑地陸上競技場特設レンジ(大阪府)にて行われた関西学生アーチェリーターゲット選手権大会。

同志社からは北園(理工4)、福持(文情3)、田中(スポ3)、藤本(社3)、椙村(文情3)、平子(スポ1)の6人が決勝予選に進出し、最終日の決勝ラウンドには北園、福持の2名が残った。北園が2回戦敗退で5位、福持が1回戦敗退でベスト16で大会を終えた。



6~8日に行われた予選100人以上の中から最終日の決勝ラウンドに残れるのはたったの16人。

16名のうち13名が近大勢が占めるなか、し烈な戦いを潜り抜けた2人。それぞれ熱戦を繰り広げた。


決勝ラウンド1回戦、福持は田中(近大)と対戦。6点先取のラウンドで、第1エンドは同点、その後交互にリードし勝負はシュートオフに託された。1本勝負のシュートオフ。「とにかく集中して射とうと思った」。相手が先に矢を放ち、ギャラリーの喝采が聞こえた。相手の矢は中心の10点を射ち抜いた。その後に放った福持の矢は惜しくも8点。ここで福持の敗退が決まった。

「王座から9点には入るものの10点に入れられない課題を修正してきたが、直し切れていなかった」と悔いた。



シュートオフで惜しくも敗れ、引き揚げる福持



北園は1回戦で冨樫(近大)と対戦。中学生時代以来と言う個人戦トーナメントでの目標は「アーチェリーを楽しむこと」。緊張しないことを意識し挑んた。第1エンド、相手に30金を出され、先取されてしまう。第2エンドで同点とするとその後は北園が流れを握り、連取し7-3で相手を圧倒。「引き戻しをしなければ攻めきれた」。2回戦に進出した。



弓矢を構える北園



2回戦で久米(近大)と対戦。最初2エンドを連取され後がなくなるも、3エンド目で同点に食らいつき4エンド目27ー24で下すと、3-5に。

背水の陣で迎えた6エンド目、23-23の同点になったもののお互い1ポイントを加え相手は6点に。終盤追い上げを見せたが、勝利を飾ることはできず、2回戦敗退となった。

「(6エンド目の)2射目を外したのでラストを入れたかった、悔しい」。次を見据えた。



ガッツポーズをとる北園



9月には同種目でのインカレが同会場で行われる。今回の課題を胸にまい進していってほしい。(佐藤真衣子)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について