同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 次なる目標へ!:アーチェリー部
関西大学ラグビーJr.リーグ
ピストル競技で堂々の2冠達成
課題克服へ
堂々のリーグ戦初マスク:西林幹貴
開幕スタメンに応える大活躍...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
次なる目標へ!:アーチェリー部
2017/08/24 HEAD LINE NEWS

第57回関西学生アーチェリーターゲット選手権大会 (2017年8月18日)

816日から18日、服部緑地競技場(大阪府)にて行われた第57回関西学生アーチェリーターゲット選手権大会。同志社からは岡田、小笠原、行場、齊藤、大隅、光永、加藤、長田が予選ラウンドを通過し、翌日のトーナメントでは齊藤、加藤がベスト16、岡田がベスト8で幕を下ろした。


的を見つめる齊藤


1回戦から激戦が繰り広げられた。齊藤は西(近大)との一戦、5-5で同点となり一本勝負のシュートオフへ委ねられた。ここで齊藤が勝負強さが発揮された。「勝てて素直に嬉しかった」と2回戦進出を決めた。


1回戦に勝利した加藤


続く2回戦、岡田と加藤がペアにあたり、先輩後輩同士の対戦となってしまった。「練習も一緒にしているので、楽しく対戦できた」と振り返った岡田。先輩らしい安定したプレーを見せ、3回戦に進出した。


岡田(左)と加藤(右)


3回戦、「戦う相手が悪かったが、自分らしいプレーができたと思う」。全てにおいて満点を取らなければならない厳しい試合。相手が次々と高得点を連発してしまう。落ち着いたプレーをしていた岡田だったが、弱みを見せない永友(近大)にストレートで破れた。


準々決勝に進出した岡田


朝の雨はやみ、風の吹かない天気の中プレーができた彼ら。1年生の中で唯一2回戦に出場した加藤の今後の課題は筋力をつけて、一回の大きなミスをなくすことだ。今後も個人で活躍していく彼らに期待したい。(副島和奏)


コメント



・岡田

今日の調子はーー。

予選もいい感じで今日も悪くなかった。


試合についてーー。

準々決勝は自分のアーチェリーができたと思う。負けて悔しい気持ちもあるけど、インカレもあるしやれることを頑張っていきたい。


どういう気持ちで挑んだかーー。

インカレに通ることと決勝の舞台で10位以内に入ることを目標にしていた。運と調子もあるので予想通りに進んだかな。


同志社同士の戦いーー。

やりにくさもあれば、楽しさもあった。いいスイッチが入って良い刺激になったかな。


今後の目標はーー。

全日本に向けてしっかり調節していこうと思う。



・齊藤

今日の調子ーー。

練習が当たらなかったりしたけど、今日はまだ頑張ったかなと思う。8割くらいは頑張った。


シュートオフになった時はーー。

今まで勝ったことがなかったので、勝ててすごく嬉しかったです。公式戦で勝てたのも初めてやから嬉しい


今後の目標はーー。

これからも量をこなしていって体力と集中力を切らさないで来年のリーグなりで冬でのインドアで克服していけるようにしていきたい。



・加藤

今日の調子ーー。

昨日に比べてしっかり射てたかなと思う。


コンディション的にはーー。

涼しくて射ちやすかったです。試合前には少し緊張しましたが、試合中は緊張しなかったです。


同志社同士での戦いーー。

同志社の先輩との対戦だったので、楽しくいつも通りに射てたかなと思う。


今後の目標はーー。

筋力をつけることと大きな一本のミスをなくすようにしていけたらいいなと思う。個人の目標としてはどこかの大会で一位になりたい。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について