同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 無念のベスト8...:アーチェリー部
関西大学ラグビーJr.リーグ
ピストル競技で堂々の2冠達成
課題克服へ
堂々のリーグ戦初マスク:西林幹貴
開幕スタメンに応える大活躍...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
無念のベスト8...:アーチェリー部
2017/07/31 HEAD LINE NEWS

第56回全日本学生男子アーチェリー王座決定戦 (2017年7月2日)

712日、はらっパーク宮代・多目的広場(埼玉県)にて行われた第56回全日本学生アーチェリー男子王座決定戦。同志社は初日の予選ラウンドを4位で通過し、翌日の決勝トーナメント2回戦で神戸大に6-2で勝利したものの、2回戦・拓殖大に、5-1で敗れ、大会をベスト8で終えた。


王座メンバーと井上(スポ4)


初日の予選ラウンドの出場メンバーは、岡田(商4)、小笠原(商3)、大隅(社1)、光永(商1)。強豪大学がひしめき合うこの王座の舞台で緊張は付き物だろう。そんな中、個人予選を2位で終えた小笠原は「自分の中でパーフェクトなパフォーマンスができた。」と振り返った。昨年のシーズンでも個人結果は18位と同志社の中で1位の成績を残した小笠原。「何よりも調子が良かった」。自身のできる最高のプレーでチームに貢献した。


アドバイスをしている光永と大隅


迎えた2日目の決勝トーナメント、相手は春リーグでも戦った神戸大と対決となった。序盤、2-0で同志社がリードするも同点に追いつかれてしまった。しかし、同志社も負けてはいられない。そのまま2セット連続で4ポイントを奪い、6-22回戦へ駒を進めた。


予選を2位で通過した小笠原


続く拓殖大との戦い。予選を9位で通過した下位大学との一戦も気は抜けない。第1エンド、まさかの同点の1-1のスタートとなってしまった。続く第2エンドでは拓殖大がリズムを掴んでしまい、4-1とリードを許してしまう。ポイントが欲しいこの場面、相手の流れを断ち切れず、1-5で破れた。


チームを引っ張った岡田


昨年に続き、今年も無念のベスト8で幕を下ろした王座の舞台。今年は、2人の1年生が選出され、試合を大いに盛り上げた。また、予選では個人2位と好調なスタートをきった小笠原、そして常にチームの中心で選手たちを引っ張ったキャプテンの岡田の4人だけではなく、応援したメンバー全員の心が1つになった大会でもあろう。選手たちにとって特別な王座の舞台。「他の試合と違いとても緊張した」(大隅)。やはり特別な舞台だからこそ彼らの1つの目標となるのだろう。来シーズンの王座では小笠原、大隅、光永を中心に活躍してくれるはずだ。


応援している部員たち


来年もこの舞台で戦うだろう。その時にどういう姿で試合に挑むのかーー。ここからが新たなスタートだ!!!!(副島和奏)



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について