同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 総力戦制し、同立戦2戦目勝利:硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
悲願の関西制覇!
準々決勝進出!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
総力戦制し、同立戦2戦目勝利:硬式野球部
2017/05/29 HEAD LINE NEWS
同大400200100-----7110
立命大004000200-----6133

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2017年5月28日)

5月28日、わかさスタジアム京都にて行われた関西学生野球連盟春季リーグ戦第8節対立命大2回戦。初回に4点を先制した同志社。一時は同点に追いつかれるも中盤に勝ち越し7-6で勝利した。



ピンチを切り抜けた福島(法3)。



まさに鉄人。前日121球投げたとは思えなかった。後輩の作ったピンチを三振で完璧な火消し。最後は前の回から4者連続三振で占める圧巻の投球だった。その福島姿にエースとしての頼もしさを誰もが感じた。



猛打賞の辻(商3)。



粘り我慢を続け、一丸となって戦ったまさに総力戦だった。初回、昨日の貧打の鬱憤を晴らすかのように相手のミスを絡め、一挙4得点。好調の前田(商3)になかなか打つことができていなかった山岸(法4)にもタイムリーが出る幸先の良いスタートとなった。援護をもらった先発の渡邉(スポ4)は粘りのピッチングを見せていたが、3回裏に4点を失い降板するとここから必死の継投策で繋ぐ。4回表、2点を勝ち越すと村居が登板。イニングまたぎでピンチを作れば仲野が登板しピンチを防ぐ。3イニング目にピンチを作れば、難波(社2)、そしてエース福島を惜しみなく投入。継投策がはまり何とか一点差で逃げ切り勝利を奪い取った。



追加点となる犠牲フライを挙げた平山(社4)。



マルチ安打の前田。



攻守ともに大活躍の山岸。



両チーム合わせて24安打と試合前の予想通りの乱打戦。勝敗を分けたのは今日の勝利にこだわった貪欲さだろう。リードを何としても守り切る、なんとしても勝つ意地が同志社の采配、選手全員に見えた。明日は1戦目に手も足も出なかった東(立命大)が先発。今度は勝ち点にこだわる貪欲さを見せてくれる。(藤田大輝)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について