同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 7発大勝:サッカー部
関西大学ラグビーJr.リーグ
ピストル競技で堂々の2冠達成
課題克服へ
堂々のリーグ戦初マスク:西林幹貴
開幕スタメンに応える大活躍...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
7発大勝:サッカー部
2017/05/21 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ2部A (2017年5月14日)

 試合前に集合する選手たち

 

前日の雨が残るピッチ上で同志社の勝ちロコがこだまする。7発大勝。滅多に味わうことのない感覚にチーム全員が浸った。「自分たちもこのような展開になるとは思っていなかった。自分たちのサッカーができて、それが結果として出たのでよかったと思います」と主将の福川は頬を緩めた。

試合は終始、同志社が関国大のゴールを脅かし続ける展開だった。前半2分、ポストに直撃したボールが藤村(理工4)の頭に当たり先制点を挙げる。

ゴールした藤村に駆け寄る選手たち


ラッキーな形で先制に成功した。前半17分には吉村(スポ3)のパスに杉原(スポ3)が合わせネットを揺らす。前半21分にはCKに再び藤村が反応しスコアを3—0とする。続く前半25分に高森(社3)のゴールで4-0、32分には竹田(商2)のゴールで5-0とし前半を終える。後半は「余裕があったので落ち着きつつ攻撃の手は緩めるなと指示した」と語った望月監督の思惑通りとなった。後半9分に失点を許すも、後半11分に吉村のゴール、29分には交代で入った金潤求(商3)がエリア外からキーパーの頭上を越す芸術的なシュートで7-1としゴールラッシュを締めくくった。

公式戦初出場の児玉


勝利の儀式、勝ちロコ


試合後、主将の福川は「次節が重要なので今日の結果に慢心せず準備したい」と切り替えていた。次節は甲南大との首位攻防戦。ここで首位を叩き昇格への道を切り開きたい。(藤田 友樹)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について