同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > ベスト4入り果たせず、大院大に大敗:バスケットボール部
関西大学ラグビーJr.リーグ
魅せた!同志社の底力!(関...
リーグ後半戦3連敗で5位フ...
堂々のリーグ戦初マスク:西林幹貴
開幕スタメンに応える大活躍...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ベスト4入り果たせず、大院大に大敗:バスケットボール部
2017/05/12 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボール選手権大会 (2017年5月3日)


53日に東淀川体育館(大阪府)で行われた関西学生バスケットボール選手権大会4回戦、相手は去年のチャンピオンチームである大院大。ベスト4をかけたこの試合、同志社は序盤に流れをつかんだものの、ミスが続き同志社49-75大院大で大敗した。「これが実力。」(加賀美コーチ)と悔しさを噛み締めた。


試合開始。


先日の試合で見事ベスト8進出を果たした同志社。さらなる高みを目指し挑んだこの試合、スターターは村井(スポ3)、野見(3)、柳原(文情3)、古村(2)、田邉(2)。同志社がジャンプボールを制し試合が始まると、すぐ村井にボールが渡る。そのままシュートし先制点を奪う。順調に点を重ね第1Q後半では10-46点差まで広げた。しかし後半に入ってからミスが続き、相手チームのフリースローやスリーに追い詰められ17-152点差で第1Qを終えた。第2Qが始まると、すぐに相手チームのシュートで17-17で追いつかれる。「チャンスはあったのに、なかなか攻めきることができなかった」(加賀美コーチ)。両者譲らない攻防戦が続いたが、相手のオフェンスに押し負け、ペースが乱れたまま前半終了。(24-31)


相手のディフェンスを抜け、ゴールを目指す村井(スポ3)


7点差で迎えた第3Q。なんとかペースを取り戻して逆転をしたい。しかし相手に先制点を奪われると、集中が切れたのかシュート率が悪くなり点差はどんどん広がっていく。第3Q終了時点で30-5020点差をつけられてしまう。第4Q、少しでも点差を縮めたい同志社。切り替えができたのか、開始後すぐに村井・中島(1)が続けてシュートを決めた。しかし一気に6点を奪われなかなか追いつくことができない。その後も相手のペースに流され49-75で試合終了。昨年のチャンピオンチーム、大院大に大敗した。(畠中美空)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について