同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 予選3戦全勝で決勝トーナメントへ:ラグビー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
予選3戦全勝で決勝トーナメントへ:ラグビー部
2017/04/01 HEAD LINE NEWS

関西セブンズフェスティバル2017 (2017年4月1日)

4月1日、鶴見緑地球技場(大阪府)にて行われた、関西セブンズフェスティバル・第1日目予選プール。同志社は第Ⅱプールを3勝0敗で終え、明日行われる決勝トーナメントに1位通過で進出した。



試合前に円陣を組む同志社



第1試合 VS六甲クラブ ○47-7

前半開始早々、セブンズ日本代表経験を持つ鶴田(法4)がみせた。ディフェンスの間を華麗に突破し、鮮やかに先制トライを奪った。この開始1分のトライで勢いづいた同志社は着実にトライを重ねていく。中でも特に目立ったのが安田(商3)だ。前半終了間際、自陣でボールを受けた安田が1度、2度と相手を得意のステップでかわし、独走トライ。会場が沸いた。後半も安田の躍動が止まらなかった。「ステップは自分の持ち味。セブンズだともっと生かせる。」言葉通り、安田の3トライの活躍でチームは幸先の良いスタートを切った。



軽快なステップで相手を抜き去る安田


何度も独走トライを決めた



第2試合 VS大阪ガス ○54-12

勝てば決勝トーナメントに大きく近づく第2試合は、髙井(スポ4)が勝利に大きく貢献した。前半を26-0で折り返し、髙井は後半から出場。積極的に攻撃の姿勢を見せ続け、相手を翻弄する。後半4分、ギャップを突こうと試みた髙井は惜しくも相手につかまるが、サポートしていた江金(経2)にわたりトライ。髙井の積極性から生まれたトライだったが、「まだやってきたことは出せてない」。勝利に貪欲な男は満足していなかった。しかし試合終了間際には、自らの突破でトライを決めた。トーナメント進出をかけた戦いに終止符を打ったのは紛れもなく髙井だった。



積極的に攻撃を仕掛ける髙井


ディフェンスにも貢献した



第3試合 VS摂南大 ○38-33

手に冷や汗を握る試合だった。取られたら取り返す。突き放したら追いついてくる。会場全体が見守るシーソーゲーム。最後に制したのは紺グレだった。

ディフェンスに難があった。摂南大の外国人留学生に開始早々先制トライを許す。その後は逆転するも相手ボールの時間が続く。留学生のフィジカルに複数で対応し、サポートしていた相手選手に突破されるシーンも1度ではなかった。そんな中、貴重なトライをあげたのは江金だった。後半3分、対大阪ガス戦でもみせた髙井のゲインからの江金のサポートで勝ち越し。その後摂南大にトライを許すが、後半5分相手の外国人留学生がつまずき、体勢を崩したところに一気にプレッシャーをかけ、ターンオーバーに成功。ハーフラインから江金が一気に独走し、再び勝ち越しに成功した。「自分は得点を取ることが役目」。役割を全うした江金の2トライで接戦を制し、予選プールを1位で通過した。



トライへと駆ける江金



前回大会王者の使命は大きい。昨年のジャパンセブンズ、準決勝を延長戦の末、惜しくも帝京大に敗れた。借りを借りたなら、必ず返さなければならない。そのためにはまず関西セブンズを制覇することから。ディフェンスに課題を残した同志社は、生まれ変わった姿で明日の鶴見緑地球技場に向かう。聖地・秩父宮への挑戦権を「再び」手にするのは、紺グレ達だ。(只松 憲)


◇コメント


第1試合vs六甲クラブ戦 (安田卓平)

・試合を振り返ってー。

初戦で身体が多かったけれど、勝つことができて良かった。


・ステップでの抜き去りについてー。

ステップは自分の持ち味。セブンズだとより生かせるので意識した。


・次の試合に向けてー。

ディフェンス面でのタックルが高かったので低くいきたい。1トライ取られたことは反省。



第2試合vs大阪ガス戦 (髙井勇貴)

・試合を振り返ってー。

やりたいアタックができていない。今まで練習でやってきたことをまだ出せずにいる。


・ディフェンス面ー。

全員がバラバラで統一されていない。しっかり修正して全勝で1日目を終えたい。



第3試合vs摂南大戦 (江金 駿)

試合を振り返ってー。

競った試合だったけれど、練習でしんどいことをやってきて最後それを発揮できたので良かった。


勝ち越しトライについてー。

後半から入ってきて、自分の役目は得点を取りきる事なので、勢いづけるためにも役目を意識した。


課題についてー。

最初のタックルが外されていた。タックルの精度、インパクトの精度が足りない。


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について