同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 次につながる関西4位:アーチェリー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
後期全勝優勝で幕を閉じる
惜しくも決勝ラウンド初戦敗退
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
次につながる関西4位:アーチェリー部
2015/12/29 HEAD LINE NEWS

関西学生アーチェリーインドア選手権大会 (2015年12月20日)

1212日から20日にかけて大阪大学吹田キャンパス体育館で行われた関西学生アーチェリーインドア選手権大会。同志社からは山田(スポ3)が4位入賞、また和泉(商3)がベスト8を獲得した。

 

 

ベスト8の和泉は、1回戦を6-2と圧倒的なゲームを作り、2回戦に駒を進めたものの2回戦では0-6とストレート負けを喫してしまう。「緊張から力んでしまい、自分のテンポで打つことができなかった」、と弓を引き戻すことの多かった決勝を振り返り、次への課題点を見つける結果になった。



 慎重に的を狙う和泉


 

山田は1回戦から予選を2位という圧倒的な強さで通過した格上の杉林(近大)との対戦。「(それまでの予選で)相手の調子が上がっているのはわかっていたので、逆に気楽な気持ちで打つことができた」と当時の心境を語る山田だが、お互い譲らない試合展開を見せ、第5エンド終了時で同点の5-5となり、たった一発勝負のシュートオフで決着をつける展開に。そしてシュートオフで真ん中の10点を獲得しこの対決を制した。

 


普段以上のプレッシャーがかかる行射であるにも関わらず、山田は「楽しんで打てた」とハートの強さを見せた。

 

 

そして順調に勝ち上がり、準決勝で対決したのは今大会優勝の堀口(近大)。この対決でもお互いに点を取り合う展開を見せた。第4、5エンドと連続し相手にリードを許してしまい、この対決には敗れてしまう。



 

弓矢を構える山田



迎えた準決勝、相手は仲間の和泉をスコア0-6で下した一場(立命)だ。ここでも相手の勢いは止むことなく、0-6で対決に敗れ関西4位となった。

「今シーズンはあまり調子が良くなかったが、(今大会は)自分のリズムで打つことができた」とこの大会を締めた。


 

それぞれの課題点を見つけるきっかけとなった今大会。

寒い冬はもうすぐ終わり、春が来ればまた新たな戦いが始まる。さらなる同志社アーチャーたちの活躍に期待したい。(佐藤真衣子)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について